ギロックの世界にようこそ

新入会した6歳のこの春1年生になるT君のママはとても優しい眼差しの方だ。
新しい教材として「はじめてのギロック」を紹介した。
少し弾きながらご存知ですかと尋ねると大好きですという答え。
それならば抒情小曲集はこんな感じです。と数曲弾いてきいてもらった。
ホームページでギロックのことを書いていたことが決め手になったという。それを早く言ってくださいな・・・。
とても嬉しいことだった。
是非これからもご家庭でギロックを楽しむことかできるようT君に頑張ってもらいたい。
子どもの手に優しい大人の心に優しいギロックの曲は感性を豊かにするためにはなくてはならない教材だと思っていることも伝えた。少ない音符でもその音楽からは可愛い子どもたちの心でその風景が思い浮かべられるということだった。
ぐりとぐらの作者は子どもに想像する力を育んであげるために絵本を書いているとおっしゃっていた。
家族で楽しむ0歳からのコンサートの絵本読み聞かせの音楽にギロックを取り上げていることはまたの機会にお話ししよう。
3月のコンサートはおかげさまで満員御礼となっている。
先日新響楽器の0歳から参加できるコンサートを聴きに行った。クラシックの超有名で楽しい曲が取り上げられていてかぶっているところもあった。
でも私達が他と違うところはほのぼのとしたギロックの曲と絵本がコラボしているところだ。0歳の子にはなかなか言葉では伝わらないと思うが音で伝える絵本の楽しさをきっとわかってもらえると思う。

Comments

Post a Comment








Go to top of page