お墓参りと上棟式

父が存命中に立てたアパートが築37年と古くなり去年の今頃から店子さんの回転率が悪くなっていた。このままでは母から管理を任されて続行するに相続の問題や消費税のことでリスクが多く清水の舞台から飛び降りるとはこのことで思い切って立て替えをすることにしこの1年間忙しく動いていた・・・。
その棟上げ式がようやく本日無事執り行われたのだった。
昨日は父のお墓参りでそのことを報告。・・・そして今日は施主である高齢の母を連れて出席した。有効な土地を残してくれたことには両親には心から感謝をしなければならないと思う。
その家の名前はミルフィーユSONODAと命名。園田は阪急神戸線沿線で梅田から各停で10分。その土地は駅から徒歩6分という最高の地の利である。
戸建3軒で有効な土地の配置の仕方を施している。
2階建80平米それぞれ旬な家つくりをした。崎山組の工程では6月半ばには竣工予定。とても楽しみ。エイブルさんに管理を頼むことになっている。
ここで少し早めに宣伝させてくださいね。(ちょっと早すぎるかな)
昨日父のお墓にはたんぽぽが咲き乱れ残り桜も綺麗で今日のお天気の良さは父が天から見守ってくれているようだった。母とのツーショットもなかなかのもの・・・。
実はこの服装・・・昨日のうちに母と相談してハンガーにかけ用意していたのだけれど、朝行くとどこにもない・・別の服装で準備していたのを着換えさせたもの。
それほどおしゃれも必要ないが病院に行く時とはわけが違う。
まるで赤ちゃんに着替えさせるようにしてようやく準備完了。素直に私の言うことを聴いてくれることは良いがときどきちんぷんかんぷんなことをする。
無事昔住んでいた家の変化を見せることができた。
しかし後ほどの電話ではあまり分かっていないようだった。今日はどこに行ったんの?という具合。
昔住んでいた家のことをすっかり忘れてしまっているかのよう。寒い時期で工事のこれまでの過程にいちいち連れてこれなかったことで無理もなかった。
暑くなる前に出来上がるからその時は十分説明をしてあげたいと思う。
たんぽぽじょうとうしき

Comments

Post a Comment








Go to top of page