塩瀬公民館

今日は朝から塩瀬公民館の4階にある児童センターに「0歳から家族で楽しむコンサート」のポスターを張っていただくお願いに伺った。
なぜなら5月25日の申し込みが少なく開催するにはあまりにも寂しい状態だからだ。
お話をうかがえばポポ保育園や東山幼稚園にも行かれては・・・と勧められチラシとポスターをお届けした。
全く初めての場所ではオファーは少ないものだ。なかなか知名度も低くチラシを置いていただいてるだけでは目立たずすこしカラフルなポスターに変身させてみた。
お天気が暑いぐらいの高い気温の中少し都会とは雰囲気の違う住宅街ベッドタウン名塩に車を走らせその後軽いウオーキングタイムとなった。初めて斜行エレベーターなるものにも乗った。
次に名塩保育園には以前行ったことがあったがナビのちからを借りて記憶の果てをたどりうねうねと山間の道をとおりぬけた家の前で「名塩保育園」はどこですか・と聞いてしまった。実はそこだったのだ。(なかなか私の記憶力はすごい)
176は車が多く運転にも気を遣う。近くの名塩幼稚園にもお願いして帰ってきた。帰りに母の施設に寄る。
私の顔を見て無表情な母の様子が気になりながら帰ってレッスンをした。
いつもどやどやとはいってくるYちゃんがすごく可愛い笑顔で「こんにちは」とやってきた。ちょうど1年になる小学1年生。ママが言うには前回のレッスンのビデオを家族でテレビ画面でみたという。態度が悪いと怒られ今日のレッスンは本当にスムーズにいったのだった。私はそんなことは知らずずいぶん良い子になったのだなあやりやすくなったと思っていたら案の定。
家庭の基本的なしつけがなされていない子が来るとそのことでレッスンが進まない現状が時々ある。成長を待つことになるがその子にとってはとても得なことではない。習う姿勢や心はスタートラインに立つ前にしっかりと確立しておかないと簡単に時は解決してくれない。
気がついたママは良き応援団となるだろう。Yちゃんはあっという間にピアノランド3に進み私の期待の新人なのだ。ママもピアノへのあこがれは強く希望に満ちている。さてこれからが楽しみである。

Comments

Post a Comment








Go to top of page