ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< W杯コロンビア戦 | main | ギロックフェスティバル >>

加藤英雄とスイング西宮

音楽には目がない!!っちゅうやつですわ・・。
この一週間はもうどうしようもない忙しさでしょうしょう悲鳴を上げていて微熱もあったかもしれないけれど今日のフレンテでの加藤英雄主催ミュージカルに行って心は元気を取り戻した。
西宮市の市民合唱団も関連しているらしいが多くの紳士淑女たちがバックコーラスを担当していた。
生の演奏による楽団のミュージカルの伴奏は小規模であることを忘れるほど本格的。加藤君のオーケストラピアノのいきな演奏は相変わらずだ。お父さんも演奏を披露。親子ですばらしかった。
ウエストサイド物語のヒロインのマリア役の高嶋優羽さんがすばらしく風貌の美しさに輪をかけた声のすばらしさに感動し、一気にファンになってしまった。
ウエストサイドストーリーは歌によってささえられオペラに負けないクラシカルミュージカルだったのだと感心した。それぞれの役柄の人々は歌がうまく吉本のようなおもしろさに会場がにぎわっていた。柔らかさの中に真面目に音楽大学でクラシックの基本を学びきっちりと歌いこんでいるステージ。
単に歌を歌っていただけでは人をあそこまで呼び込めないだろう。一般の人々に音楽を魅力的に伝える方法とは・・・。私は加藤君のエネルギッシュな活動にいつも感心させられてしまう。
多くのお客さんに支えられるゆえんは彼の素晴らしい人柄によるものだ。
音楽は人々を楽しませるもの。しかしそれには練習という過酷で厳しい試練と時間が必要だ。心から好きで楽しんでいることが周りに伝わったらそこに音楽という名のまた新しい空間が生まれる。
彼も結婚して落ち着いたらしい。これからの活躍がさらに楽しみだ。
来年も若さあふれるステージにこうご期待。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード