ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< パパが来た(*^^)v | main | ララバイ >>

今野万実ギロック講座

千里ヤマハホールにて今日今野先生の「こどものためのアルバム」の講座を聴きに行った。
ギロックの曲はどれも素敵なのだが、それをさらに美しく弾くための講座とでもいおうか。休符をどのように感じるかやフェルマータなどの記号の音楽的な意味。アクセントやスタッカートのその曲に合った響きなどうっとりするような曲に仕上げていく。究極のタッチの作り方。体の重心のかけ方。イメージの仕方。
生徒への具体的な説明の方法。左右のバランス。円状に描くように弾く方法。
ギロックはフレーズの作り方がしやすいので小さな子どもから大きな子供まで熱心に集中して勉強せさるには曲の大きさがちょうどよい。ギロックの深さにまたまた感動してしまった。
つまりコンクールの曲にも要所要所の勉強が出来ているかを確かめるのにちょうどよいのである。どんな曲にもつながるレッスン法のカギが隠されている。
私はこの講座を受けることで普段のレッスンがより深くレベルが上がると思った。今日は6人の生徒たちのレッスンにとても役に立ったと思う。
今日から始めたばかりの(転勤前にすでに習っていた)小学1年生I君はとてもピアノが好きで楽しみな生徒だ。ピアノの基礎的なタッチを教えてもらっていないためそのことさえ直せばずいぶんと上達するだろう。
曲の中には作った人の想いがふんだんに盛り込まれている。
それを理解し自分の中に溶け込ませれば必ず良い演奏になる。
しっかりと集中して練習に向かいたくなるレッスンを心がけなければならないがそれにはお母さんの助けが要となっていく。私は魔法使い。お母さんは助手かな・・・。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード