ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 彩ちゃん小劇場 | main | 「みえない」ものを音にする >>

羽生結弦大劇場

昨晩ショートで2位に甘んじた羽生結弦は今日こそ逆転を狙っていたと思う。
昨日の失敗を挽回しなければならなかったが、大アクシデントが起こった。血を流し頭に包帯をしながらも出場。4回転は大成功とはいえないが点数は伸びた。
自分が出ることで観客が楽しみ、自分自身がそれを幸せなことだと感じているからこそ、半分笑みを浮かべながらそして苦しそうに滑りきった。
あの姿はどれだけ見る人に勇気を与えたことだろう。
演技よりも羽生の献身的な態度に感動を覚えたに違いない。痛かっただろうし少しふらついていたがそのなかですべりったメンタルな強さ、アスリート魂は称賛に値する。まだ19歳。これからだ・・・。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード