ピティナコンペに挑戦

姉妹二人でピティナのコンペに挑戦する。
コンペに挑戦できるのはレッスンで言われたことをしっかり把握してその場で あるいは次の週で素直に確実に調整してくるという性格の持ち主たち。MM姉妹はそれができる子たちだった。今日はCDを聴いて勉強した。
テンポ設定がされてあるがCDはそれより早い。 曲の流れをつかむことが優先のようだった。一曲に複数の模範演奏が入っている。ピティナはいろんな曲に出会えるのがすばらしいことだ。レベルも上から下まで選べる範囲が広い。
今日もレッスンしていて子どもたちがどんどん演奏の力がついて行くことに幸せを感じた。とにかく自分の音を聴いてしっかりそれを額縁に入れ飾っておけるぐらいにしなければならない。
本当に大変な作業だがやりがいを感じる。ピアノをとおしてコミニュケーションをとれるこの仕事ってなんてすばらしいのだろう。
私はみなぎる充実感に打ち震えていた。先週から始めた4歳のYちゃん。
先ずはこちらに通うことを慣れいろんな歌を歌いリズムに合わせて歩き体で表現する。先生や音符とお友達になろうね。コンペ挑戦の先輩達もここから始めたのだから・・・。(^_-)-☆

Comments

Post a Comment








Go to top of page