ニューイヤーガラコンサート

今年は元日からシンフォニーホールに義母と出かけた。
街は少し人出も少なくタクシーもすいすいと進む。
ギロックのお友達のSさんから「ニューイヤーガラコンサート」のプラチナチケット招待券をお送りいただき良き1年のスタートとなったのである。
ハンガリー国立ブタペストオペレッタ&ミュージカル劇場によるものだった。
プログラムは和太鼓がトップを飾った。初めて生の和太鼓を聴いた。
その響きはまさに命の響き・・・。奥深く伝わってくる躍動感。
聴くのではなく見るのだ・・・。打ち込む姿を・・・。

オペレッタとはオーケストラをバックに歌い踊る小さなミュージカル。
衣装が素敵でダンスがアグレッシブでパワフル。アクロバット的でわくわくさせる。
歌はオペラのアリアのようでもあり心の機微を表す歌謡曲のようでもあり・・・。ぐいぐい引っ張るその力に観客はついていかざる負えない。
言葉はわからないが美しいその歌声に魅せられてその世界に行くことができる。
ハンガリーの伝統できな芸術の世界に足を踏み込んだような・・・。
90歳の義母はまだまだコンサートなどに誘えることがわかり2時間半のこのようなコンサートをまた探していこうと思う。
素晴らしい2016年の元日のコンサートは一生忘れられないだろう!!

Comments

Post a Comment








Go to top of page