ピアノにあこがれて

日本にあこがれてべトナムから留学した関学大学院卒業生が日本の会社で働きながら現在に至るという女性がピアノを習いたいというので会ってみた。
その目は一生懸命で日本語はペラペラ。言葉もきれいで丁寧だった。
熱心に大学院で学んできたという姿だった。
学生の時からピアノにあこがれていたという。
まずは音符のリズム説明から。五線とピアノの音の高さとその線の関係について。5指で動くバーナムのミニブックからスタート。
右手はなんとか動くが左手が動かない。まったく零からの大人のスタートである。長くこつこつ続けるということが大切なこと。
やる気がまんまんのそのメリットが手の神経をどのように成長させ練習によって指をしなやかに動かすことができるようになるか・・・。
やはりはじめてのギロックの登場かな。

Comments

Post a Comment








Go to top of page