関本昌平課題曲セミナー

今日は新響楽器に関本昌平ピティナコンクール課題曲セミナーを聴きに行った。
実際に受ける生徒がいなくても普段のレッスンに取り込める情報が満載で選曲が幅広いので聴いていてとても勉強になる。
発表会の選曲にも参考になった。
曲をまとめるための音楽力が必要でそのためには指のタッチが強化されていて速く弾けることが条件となる。すなわちピアノにかける時間が相当長くなければならない。切れのある洗練された音色と安定したテンポとリズム感。和声の変化にイメージをわかせて音に反映させる。
豊かな音楽の持つ良さを理解するには普段からクラシック音楽に精通していなければいけないのでそこは先生のレッスン以外に家庭の役割だ。
ピアノという楽器に心を傾けることができるよう努力する家庭はすばらしいというよりほかない。
私はそのおかげで深く音楽とかかわることができる。
感謝の気持ちで毎日を過ごしたい。

Comments

Post a Comment








Go to top of page