2016.03.23 Wednesday

今日のレッスンから

今年1年生になるYちゃん。
ピアノが楽しくてしかたがないのだそうだ。今日はいっぱい練習をしてきてようだった。バイエル後半にはいっているが、楽譜は苦労なく読んでくる。家庭での練習がしっかりとしてきたことがわかる。ハノンの音階練習も自然に進んでゆく。今年ジュニアコンサートに出場予定だ。ブルグミュラーの「素直に」にも挑戦・・。
大学のスポーツ社会学の教授をされているK氏と大人の教本の「太陽がいっぱい」を練習している。8分の6の美しいメロディを奏でる指の左と右のバランス。途中盛り上がるところの伴奏を編曲した。そのメロディは重音に。
ハノンはコードのついた大人のハノン。飽きないように「魔法のハノン奏法」を取り入れている。
その後3月のステップに出演する兄妹の3年(新4年)T君年小(新年長)Aちゃん。やはり直前レッスンでは仕上げの段階でこれから当日までどこまで自分で演奏をキープしもっと良くしていけるかである。選曲したブルグミュラーは原典版がとても参考になった。
二人とも最後までかたてとゆっくり部分練習は欠かしてはならない。
その次の中1Aさんはショパンコンクール覇者チョソンジンの華麗なる大円舞曲を先日教育テレビで聴いていて影響を受けていた。私も偶然同じ番組を見ていて意見はばっちり合う。
最後の新入会生徒の小6(今年中1)Aさんは小さいとき以来の初心者で簡単な曲ではあるがチューリップで大人なレッスンを展開した。ト音記号のみの楽譜で途中の5指で弾けない右手のラを左が交差して弾く楽譜だ。左手のタイミング次第で流れが変わることに気付いていた。
日本の童謡は自然に歌う曲が多くピアノのタッチの仕方で美しくも子供っぽくもなってしまう。指の形をしっかりさせることがどれほど大切かなど話す。
大人になって始める人もいるのに比べてかなり10代前半と若いのだからコツコツを重ね地道に努力すれば十分期待できる。春休みはピアノ週間だ。がんばってね(*^^)v
教えることは教わることだとひしひし感じる。

| keiko | - | 00:31 | comments(2) | - |

 

Comment

初めてのコメントでお邪魔致します^^

中村で御座います_(._.)_

この度は孫がお世話になる事になり、
とっても良いご縁が出来たと嬉しく喜んでおります。

先生のこのblogでのお言葉
とても励みになった様で嬉しそうにピアノに向かいました♪
この気持ちがずっと続いててくれます様に^^

ありがとうございました<m(__)m>
あ〜ちゃま | 2016/03/26 10:19 AM
あーちゃまさん

初コメントありがとうございます
ピアノ習得には過程さらにご理解のある家庭がとても大事です
お孫さんは幸せですね
どうか今後ともよろしくお願いします
keiko | 2016/03/27 11:01 PM

Post a Comment










Page Top

Calender

<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

Recent Comment

Archives

QR Code