ピンクのピアノ?

夕方コナミで汗を流し体をほぐして帰るときに体験レッスンに来てくれたママからメールがあった。
年中に今年なるKちゃんは今年5年生になるYちゃんのレッスンの見学をしてからママとのお話をしそのあとでリズムを少ししただけだったのに次の日の朝ピンクのピアノを買ってもらったという夢をみたと言っているのだそうだった。
その表現があんまり可愛くて私の心を熱くした。
電子ピアノならカシオのプレビオが良いと言ったのを聴いていたのかも知れない。かわいいドーナツの絵のついたピアノランドの楽譜は子供たちは大好きだ。
あとそういえばピンクの表紙の幼児のための楽譜を使った。Kちゃんのその時の真剣な眼差しが今も心に残っている。
子供たちの未知数の未来に音楽はピアノは何を与えられるだろう。親御さんの愛に支えられてその道は開かれていくのだ。私はお手伝いさせてもらうだけ。
Kちゃんのその時の真剣な眼差しが今も心に残っている。
白黒のピアノだけれど心にはいつかきっとピンクのお花が咲くように祈っているね。
外は今日も寒く毎年この時期の春の寒さに凍えている私はぶつぶついいながら庭に目をやると寒椿の花の中から可愛い鳥の声がピチクリパーと聴こえるではないか。暖かな春はこんなところに隠れていたんだと可愛いメジロの姿に一気に心は春爛漫となる!!この二つの出来事でようやく私のもとに春がやってきたような・・・。
もう一つあったビッグなマイトピックス。息子の幼稚園で知り合った東京のママ友から思いもよらぬLINEの通知がありつながってお互い孫の話ができたこと・・。
ちょうどブログを始めたころに逢ったきりだ。ひととき懐かしくて自分が重ねてきた年月に思いを馳せた。

Comments

Post a Comment








Go to top of page