虹が見えるよ

と教えてくれたのは91歳の義母。
レッスン室から展望できる大阪方面がすっぽりと虹の中にはまっていた。
母は庭先のことなどあまり興味がなくなってきていたがキッチンから見える虹があまり美しかったので大急ぎで知らせてくれたのだった。
私がうれしかったのは義母が元気だというしるしだ。
感情が失せていく年齢の重ね方ではない。少し家事も手伝い最近では少量のお肉も食べる。新聞を隅々まで読みテレビの話題にはことかかない。
明日は春の女子旅1泊で伊勢に行くので私は留守をするが帰ってきたら桜のお花見に連れ出そう!!
孫たちにも声をかけてみたいと思っている。
アクティブな1年生の男の子の入会があった。
何をさせても元気いっぱいで理解力がある。ピアノはある意味スポーツ的な感覚が必要なところがありその部分を担う脳を発達させるので良いかも。
お母さんも習ったことが今までの人生の役に立ってきたことを感じていると言っおられた。
一筋縄ではいかないピアノ。午前中のレッスンでは大学4回生の就活をしている最高に忙しい時期に女子生徒がやってきてショパンバラード3番を弾いてくれた。猛練習が必要だが勉強も就活もピアノもがんばるという。はばたいてゆこうとするその時何か大切なものを自分の中に持っておきたいのだろう。
決意は固いようだった。私は当時サボリーヌという姫だったので彼女の行為はびっくりポンに等しい。
音楽というものは人を元気にする。人ではなく自分に打ち勝つ力を植え付けることができるようになる。さあもう一歩前へ・・・。

Comments

Post a Comment








Go to top of page