ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 冷蔵庫のうえの人生 | main | 今日から7月 >>

ピティナステップ西宮

まだ1年余りのレッスン生小学1年のYちゃんは楽譜がよく読めるしピアノが好きで泣きながらでも練習をしてくる。
ブルグミュラー「素直」をきれいな音で弾いてくれた。
歌うようになめらかに・・。でもそれがどのような評価を受けるかは拍子感が足らないとか指摘されそうだ。まだ指の力が足りず表現力にはほど遠いのだが、音楽の山は知っているし子供らしく優しい音色で伝わってきたのだった。
ギロックの「ワルツを踊ろう」でも発揮されていた。
次のグループのI君は小3・・少し落ち着いて弾くことを注意しておいたがそのことは忘れていた。テンポが早くなる。
アクティブ体質の男の子に活発な曲を与えるばかりではいけない。ステージでの堂々とした演奏には慣れてきているようだ。
姉のYちゃんは小学5年生で変わってきてから1年半ぐらいでどれだけ伸びたことだろう。ブルグミュラー18番とギロックの「雨の日のふんすい」を弾き上げた。
私は子供たちの情操教育にどれだけピアノが役立つかを知っている。
練習は努力しなければならないしそれによって集中力ができる。
また曲を仕上げるとき、きめ細かい神経や感情の使い方を知るコントロール力ができ、その結果リズムの正確な刻みや拍子感やきれいなメロディや和声を奏でることで自分の心を落ち着かせることができたり楽しませたり.
習い事の最高峰・・。
できるだけ小さいころから習わせるとよい。しかし中学生ぐらいでバッハのあの有名なメヌエットを堂々と弾いていたのにはおどろいた。いくつからでもOKかな。難しいことを知らないうちからよい音を聞かせること。
とにかくよいレッスンを受けてほしい。
今日も一つ勉強になった。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード