ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< サイクル安打 | main | 想い伝わる >>

感動する心

今日義母の部屋で相田みつをの「一生感動一生青春」という本が目に入ったので読んでみた。
感動とは感じて動くと書くんだなあというあの有名な書のあとにいかに子供の心や情緒を育てるには、まず親自身が豊かな心を持つことが大切であるかとあった。豊かな心とは単なる知識の量ではなく、人の悲しみがわかる、痛みがわかる、そして命の尊さとはかなさがわかる、そういう意味の心の豊かさを、親自身が身につけることが大切である・・・。と
ある高名な人間教育家のお話のなかから引用があり・・・母が突然茄子の花の美しさに「まあなんて きれいなの( ;∀;)」と大きな声をあげたそのことに感動した子供の頃のこと。美しいものを見たら素直に感動する子に育てるためには母の影響は大きい。

そんとく 勝ち負けでは知識の方が必要な場合があるけれどそれは部分。
その感動は全身で感じるものだから難しい理屈はいらない。
美しいものに感動する心は、醜悪なもの、不正なものを拒絶する心ともなるとあった。

先日4年生の受験の塾に行きながら好きなピアノを続けたいがという相談をお母さんから受けた。
私は彼は相当年齢の割に楽譜が進んでいて読む力は十分あるから受験が終わってからきても良いと思ったがその意志は心から尊重したい。美しいもの。好きなこと。楽しいこと。そして一生懸命真面目に取り組めることを持つことは人には絶対必要であると思うから。
泣きながら、練習をしなければならなくても美しい音楽の世界にたどりつけることを知っているから私は続けていける。
気が付いたら一日中でもピアノに向かっている。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード