ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 先生ついに・・ | main | 塾通い >>

教える楽しさ

教師が同じなのに生徒の上達度の差が激しいのはママ達のやる気の温度差である。
学年の垣根もなくやる気のあるママの子が上達する。
家庭からの応援は何よりも力になるので、上手に接してくださるママたちに感謝している。それだけこのお稽古事は大変なのだ。
今日は2年生S君はとても楽しそうにピアノを弾いていた。
私はそれがうれしくていろいろな方法を考えてレッスンする。
5本の指のタッチの仕方などそれぞれ違うことを説明する。4.5など弱い指で弾くときは付け根を使い1.2など強い指で弾くときは力を入れ過ぎずに指先を使うなど工夫をしなければ音がメロディの流れが凸凹するのだ。ディアパソンはそのような時には粒のそろっているかなどよくわかる。
ハノンの練習を怠らずにバイエルもして、現在3曲仕上げなればならない状況でも余裕なのである。ブルグミュラーは「無邪気」の最初の16分音符の難関を潜り抜けようと一緒にがんばった。小さな手で柔らかいけれど音楽の素質がある。譜読みは苦労しない。他の成長株たちも・・・がんばれー!
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード