2016.12.02 Friday

宝塚観劇

久しぶりに宝塚歌劇を見に行って感激して帰ってきた。
コープで申し込んだチケットが当たったからだ。「雪華抄」「金色の砂漠」
子供の時叔母に連れられてよく行ったものだったし、近いから朝早くからチケットに並んだものだ。
そして大人になってから姉のところの姪も憧れてバレイを習っていたので一緒に見に行ったこともある。天海祐希や真矢ミキのファンだった。5つの組になってからあまり行かなくなっていたが今日は久しぶりに見てその洗練された演出に魅了されてしまった。
できればオペラグラスを使わなくてもよい席がとれないものかと考えてしまう。
最近はトップの座の就任年数がどんどん短くなり新しいトップが台頭して観客を飽きさせないようだ。PR作戦もあらゆる方法で積極的で普段の日なのにほとんど満席だった。
美しい主役たちと音楽の生演奏。衣装も凝っていて変身術もすばらしい。舞台装置がまた見どころ満載だった。
またたくまに私達を夢の国に連れて行ってくれ、中高年の女性や普段忙しくしている若い人たちにとってパワーの源になる。
私の仕事は元気でなければいけないし、未来を担う子供たちを教えることには感性が豊かになることを追いかけてゆくことが常に必要だ。私が魔法をかけたように子供たちが反応することがある。やらせているわけだが、私には日常の何らかの経験を積んでゆくしか方法はないのである。
今年もあっという間に12月がやってきた。

| keiko | - | 00:01 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code