ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< グランプリファイナル | main | シーモアさんの大人のための人生入門 >>

伊藤仁美先生講座

発表会の準備たけなわ・・・そんななか今日はカワイ梅田の伊藤仁美先生のバッハインベンションの講座に出かけて行った。
私がピアノを習っていて唯一楽しかった曲集がバッハインベンションだった。
生徒達にもその楽しさをわかってもらいたくてさらにその深さを学ぶことにした。先生の優しく語りかけるような数々の言葉は未知なる音楽教育の世界に導いてくださって惹きこまれる。バロックは音楽すべてに通じる音楽である。基礎と言ってもよい。
15曲の教える順番レベルは番号順ではない。
そんなことよりカンタービレはショパンの時代の歌い方ではなく自然な歌い方であり、しゃべるようなイントネーションを使い音価について表現の仕方などわかりやすくお話してくださる。
トリルは上からとか下からとかは書いてある通りにしなくてもよいそうで美しければいいのである。
ツェルニーを練習するよりインベンションを15曲暗譜したほうが効果的だとおしゃっていた。熱心に取り組まなければならないレベルだがそこに行くまでにはギロックのバロック曲を使うことを勧めてくださった。先生はギロック研究会を設立されていて多くの楽譜を出されている。
私は改めてギロックの良さを知り、プレインベンションの代わりに幼稚園を来年卒業の生徒たちや小学校低学年から使ってみようと思った。小さいうちからバロックに触れさせる。
発表会の曲から次の課題に移行する冬休みの時期の宿題としたい。
着実に力をつけてくる生徒たちに来週は次なる目標を見つけてあげなければならない。

書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード