ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< もくもくと | main | 年賀状 >>

すごい響き

今日加藤英雄さんのアブない仲間たちのコンサート(マジで素敵なオペレッタ)
はとても楽しく構成され噺家のような加藤さんピアノも相変わらず上等なライブというしかなかった。
クラシック音楽をだれにとっても身近なものにしようとするプロデュースの敏腕さには驚かされる。
笑いが絶えないコンサート。兵庫芸術文化センターの小ホールの雰囲気とピアノの響きにいつかそこで子供たちができるなら弾かせてあげたいと思えた。
目標は大きい方が・・・。
帰ってからベガホールの響きもさすがの感があった。ようやくビデオをチェックした時の感想は高音の美しい響きに対するものだった。まるで宝石のよう・・・。観客のママ達からも絶賛の声が。プロの音楽会が開かれる場所だから当然のこと。
昔発表会の経験があるがその時よりいっそう良くなっている。
弾いている本人たちにはあまりわからないかもしれない。
ベガで弾けたことは一生の思い出となるだろう。今後の人生において大切な出来事の一つとして心に刻んでおいてほしい。
発表会で学んだこと。ある程度は背伸びする選曲で良い。ビデオを見て羽生がスケートを終え指であともうちょっとという仕草をするが私もそれと同じ気持ち。
100パーセント目指すのではなく120パーセント目指さなければ子供たちは当日パーフェクトな演奏はできないだろうということ。
出来ている子もいればまだまだやっとの子もいる。
来年も日々音楽の持つ魅力を共に探る旅は終わらない。
昔は発表会が終わるごとに単純にホッとしているだけだったが、次はもっとという欲が出てくる。生徒たちに感謝だなあ。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード