日曜レッスン

昨日の疲れもそこそこに朝からレッスン3人。
大人二人と子供一人のレッスンだった。声がでにくいがどうしても休むわけにはいかなかった。
初心者の大人の生徒はバーナムの導入書をやっていて、これが意外にきちんと教えることがたくさんあった。初心者の楽譜ほど空間がありその部分で脳がどのように人間の機能を動かしているかが読み取れる。働きながらの練習は大変だ。
バスティンの大人用の楽譜を使っているがなかなか進まない。次に小1R君。
ちょっと風邪でお休みが続いていたので練習はどうなっているかと思ったらバイエルがとても上手に弾けていた。ブルグミュラーも2月から登場。「すなおな心」いったいどんな心だろう。と言って私が弾いてみた。するとそのあともう一度音色に注意して優しい音で弾こうとしてしくれているのがわかる。
そういう心がすなおというのだよと話した。
ギロックでバロックもやりはじめた。
最後のSさん社会人は彼氏よりピアノかな?
「テンペスト」3楽章を弾きこんでんでようやく理解しソナタ形式の話をした。
好きなピアノで日ごろのストレスを解消している。
1年を通して室内で旅をしているような気になれたり、物語の主人公になれるピアノ世界は自分に対するご褒美である。結果努力したり苦労したりは平気になりいつも明るく生きていける人間になるってことかな。
3人目のレッスンで声が回復し復活の兆しが見えうれしくなった。

Comments

Post a Comment








Go to top of page