2017.03.03 Friday

犬と音楽

2月末日、義兄の手術が無事終えるまで家でデュランと待機していた。12時間近くかかった。
東京から来てくださった従妹のR子さんには義母を連れて病院に詰めていただいた。
兵庫医大は私の実母がお世話になっていたので違和感がなく送迎などはしやすい。心配な時間をデュランと過ごした。歌のレッスンで最近トスティの「アヴェマリア」を習い始めていたので少し練習した。祈りの歌なので無事終わりますようにとそんな気持ちを少しでも届けたいという気持ちもあった。
するとデュランの様子がおかしかった。私のピアノの前に座っている足の下を行ったり来たりで私が滑り落ちそうになる。何度もくりかえすのでこの子も落ち着かないのだと思った。ピアノの下をうろうろ。
音楽に反応してるとしか思えなかった。犬はしゃべれないが体の動きでわかる。
本当に心が洗われるような美しい歌だ。やっと私も歌の良さがわかり始めてきた。楽しくて仕方がない。
レッスンや音楽の仕事でそしてデュランのおかげで忙しい毎日を乗り切ることが出来る。
健康であることに感謝して毎日を一生懸命過ごそう。
そしてその祈りが届いたのだろうか。義兄の手術は無事終了した。
少し早いちらし寿司でお祝いをした。お疲れ様。周りのものより本人が一番お疲れだったことだろう。

| keiko | - | 00:36 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code