ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< フィガロの結婚 | main | 阪神後半好スタート >>

ジュニアピアノコンサート2017

とにもかくにも暑い中今日もジュニアコンサートがあり、今日は新響楽器を訪れた。C部門は131人もの子供たちが参加していた。
3年生のS君は初めてのコンクール出場でステップとは雰囲気がちがうようだと感じていたのだろうか。2組目のグループで12番目だった。
前の二人が完璧な演奏だったのでその流れでうまく弾いてくれたらと思っていた。
でもやはり緊張してミスはないものの演奏に硬さがあった。普段を知っているから余計それはわかった。お父さんやお母さんんが二人がかりで椅子の調整などをし一度演奏を膝の上でしてから弾き始めるという前代未聞の女の子がいてそれはさすがに説得力のある大人の演奏だった。でもあれはどうなのかなあ・・・。

S君は体も小さいから手も力が弱い。でも彼は努力家でママも熱心。ノートに細かく注意点を書き練習してくる。相当頑張ったように思う。コンクールにデビューしたことがまずは私の中で進歩だったが。
私は先に帰りお昼からレッスンをして、コナミに行った。
体を動かした後メールに結果報告があった。
なんと意外にも奨励賞をいただいたというのだ。
審査員の先生はやはり一度の演奏で彼の努力を見抜いてくださった。
私は感謝の念でいっぱいになった。
彼はブルグミュラーの「優しく美しく」を弾いたが、選曲を次回注意したい。
次回は新鮮味のあるブルグ以外の曲でも挑戦したいと思った。
先生のために勉強になるコンクール。おうちの方々が協力のもとやはり感謝の念である。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード