アニメのような・・・・

ハルカス病(私のレッスン室のピアノに座ったNちゃんの耳の穴を除くとつつぬけで窓の外に見えるハルカスが見えるということでつまり馬の耳に念仏)にかかっている相変わらず指示嫌いなNちゃん4年生。
オータムコンサートに向けてがんばっている。
ただ相変わらずハノンもバーナムも嫌いで好きな曲ならやる気満々。
マイペースで楽譜に書いてあることは気にしない。
ところがその楽しく弾くことこそが伝わる要素となる。指が思うように動かないことやテンポが一定にならないことなど気にしない。私は彼女が練習するというのなら100歩譲るしかないのだ。何度も空しい思いをしているのだが、やめてしまうよりよっぽどましだ。
私とのレッスンはそうだまるでディズニーのアニメみたいなのだ。
彼女は主役ではないがまるでその周りを引き立てる可愛い動物たちのよう。怒ったり笑ったり泣いたり忙しい。器用だしセンスもあるのだからもっとちゃんと練習すればとても素敵なピアノライフが過ごせるのに・・・。
いうこと聞かないならもう帰りなさいなどと喧嘩別れすることもあった。
私のところは何かのストレス解消なのかな。

Comments

Post a Comment








Go to top of page