神戸バスティン研究会

ベーシックスという教材のレベル3の講義で柿沼先生が教えてくれたのは五度圏のことと音程のこと。短調の音階の3つの特徴と子供たちに教える方法。
私が楽典を正式に勉強したのは大学受験を決めた高校の時。時代は変わった。さて全調を小さいうちに弾けるようにし、理解をしておくにはこちらがセオリーの教え方をどうアプローチしていくかを考えなければ、理論ばかりではいやになってしまうし、親御さんにも説明をししっかり家でやってこなければレッスンで演奏に関する時間が取れなくなってしまう。バスティンは扱い方がとても難しい。
習うのではなく教えるというのはなんと難しいことだろう。
移調奏ができるようになるには感覚だけではなくしっかりと楽譜のイロハがわかっていなければならない。私が小さいときにそれを理解しろと言われても無理だったであろう。だからつい遠慮がちになってしまう。
総合的に内容がわかり演奏する楽しさにつなげることができれば鍵盤が面白くなり大きくなるまで続けることができる。
ただ詰め込み教育になると逆効果になるので注意!そのことばかりでは楽しい曲に出会う機会を失ってしまうからだ。どのような方法でも楽譜を読める子は読める。練習しても読めない子は読めない。いったいどういうことだろう。
でも、とにかくシャープやフラットの苦手な子にしてはいけないと思う。
私の生徒で余裕のない子以外はすべてセオリーの教材を与えることにした。
パーティAからD、ベーシックス1から4これを与えてピアノランド、ギロック、でハノンを加えバイエルやバーナムで補う。コードも読める現代っ子にする。
プレインベンション、ギロックでバロックを加えてそこへソルフェージュをすれば完璧である。あとはステップやクリスマス会など発表会にも出演する機会を与えその音楽生活を充実させていく。

Comments

Post a Comment








Go to top of page