2017.10.16 Monday

NHKの番組から

今日NHKの番組で熊本の震災で被災した高校生3人の日常を描いていた番組があった。被害は震度7でかなり深刻だ。
その中で一人のピアノ専門の高校に通う女子高生がいた。
壊れた家の一角でピアノの練習をしていた。
当時大変な時だったがその音がうるさいと言わず癒されるという近所の人々。
彼女はその声を聴いてピアニストになる決心をする。
厳しい高校生活。でも一心不乱だ。
打ち込めるものがあるのは幸せ。何かしていないと震災の時に傷を負った心は治癒しないのだ。人に喜んでもらえるよう素敵なピアノを弾けるようにという思い。
不幸に出会うことは必ずしも不幸だけではなく何かを見つける原動力にもなる。
助けてもらった記憶が恩返しにつながるようにと思うこと。つらいことを乗り越えると本当に強くなるものだなあと彼女のピアノを弾く姿を見て思った。

| keiko | - | 00:07 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code