2017.12.10 Sunday

ピティナステップ西宮

クリスマス会には出られないので12月の西宮ステップに参加した二人。
一人のYちゃん4年生は応用3バッハのインベンション13番、とワルツエチュードを弾いた。どちらも難しかった。一曲に絞りフリーで受けなさいといったが結局
は2曲で受けた。
最後の2週間は自分で考えて練習を進める策であまり細かいことは言わずバッハを好きでいてほしいという考えで接した。
ワルツエチュードは自分の心地よい速さにし急がないことを指示した。
私は彼女なりの努力の結果が出たと思う。
ピアノに寄り添い生活の中にその練習をする意味をみつけるには大人にならなければわからない部分がある。高飛車に言ってもよい結果はでない。
大人になるということは社会に出るということであって心の成長が欠かせない。
終わってから自分なりの演奏ができたことをホッとしているようだった。ほかの生徒たちの演奏も参考になりステップはとても良い機会だと思った。
もう一人のWちゃん中1はクラブを早引きしてきた。
いっぱいいっぱいの中で今回で最後となるが再開できる日を楽しみにしておこう。本当によくがんばったね。

| keiko | - | 20:57 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code