ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 両親の法要 | main | 出張レッスン >>

クリスマスコンサート2017

9月3日に夏休みの気だるさを乗り越えオータムコンサートをなでしこホールでして3カ月あまり、10月初めにクリスマスコンサートを12月23日するという企画をしてあっという間に日が過ぎていった。
目標を設定するとやはりピアノに向かう時間が増え出演しない子に比べ断トツの実力がつく。練習することにより自信がつきさらにやる気が出る。
普段のレッスン曲をピカピカに磨くことの大切さ。
私自身も曲の中で気づくことがたくさんある。
忙しい忙しいと心の中で叫びながら実は私のためなんだということがわかる。生徒のやる気スイッチははいるし普段さぼりがちでもやりたい曲しかしない子でもそれによって急にピアノに対しての想いが深くなる。
縁あって私に習いに来た子たちにはぜひ音楽が好きになってもらいたい。習い始めてこつこつ毎週レッスンを重ねようやく「エリーゼのために」が弾けた子。名曲だしやはりどんな曲でも一曲を仕上げるというのは本当に価値あることだ。
音楽を好きになるというとは芸術の場に自分の住処をつくることである。
そして連弾は楽しいしアンサンブルこそピアノの醍醐味。
普段からいざというときの連弾のレパートリーを持たせておくことが良いと気づく。男子の兄弟のレフレールの真似事のような連弾に将来発展することを期待する二組の生徒たちがいた。男の子こそ一生楽しめるものを持っておくと社会に出たときに役に立つ。音楽は自分を表すひとつの手段だから。
女子は将来自分の子供たちとママとして連弾してあげるチャンスがある。
「スターウォーズ」や「剣の舞」は難しく教師泣かせだったが一緒にできる生徒がいるというだけで嬉しい。
来年も多分私はクリスマス会を楽しむ会を勝手に企画し忙しい生徒たちを引っ張ることになるだろう。取りあえずは4月1日の神戸産業振興ハーバーホールでの発表会に向け頑張りたい。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード