ジュビレデュプリンスドゥモナコ

昨日アイアイパークでコンサートの後ジュビレデュプリンスドゥモナコというつるバラを買ってきた。
昨年バラの特別フェアー開催で我が家のピンクのつるバラが残念なことに枯れてしまったようでさみしくなったアーチにまた咲かせてみようとおもったからだ。
白に縁取りの赤い可愛いバラに魅せられてしまった。
モナコの50周年記念の時のバラだそうである。
そして庭の方のプリンセスミチコというバラは健在で多くのつぼみをつけていた。
今日は友達のミチコさんが草抜きのお手伝いをしてくれるので義母もつれてまず一緒に百合野の芝桜を見に行きランチをスリジエドゥランジで食べてそのあと北山緑化植物園へ。花や緑を愛でることの楽しさは義母に教えてもらったことの一つである。
彼女は2時ごろから3時間ほどの草抜きを一緒に手伝ってくれて3つペール袋ができた。
庭は忙しい私のたまの息抜きの場所だ。
夏の花を植えてまた家の片づけバージョンモードに入ろう。
大暴れの気候は反省したのか連休の始まりに雲一つないさわやかな空気。
お母さんをなくしその後不安定だったミチコさんの様子もとても安定してきたのが私にはうれしいことの一つでもあった。明日は美容院とコナミに行こう!!

庭の花

以前フェンスに飾ったパンジーとビオラが虫にやられてしまい花を食べられ株も小さくなっていたので薬をかけ少し様子を見ていた。それが今朝復活して誇らしげに咲いていた。
その傍らには椿も・・・。
ベニシアさんの庭には比べようもないが我が家にはガーデニングらしきことができる小さな庭がある。土いじりに専念したころが懐かしい。
ガレージの横のフラワーバスケットにはなぜか黒いビオラが存在感を表している。新種で買ってみた。
ようやく春がやってきた実感がある。
午後からはコナミでバリバリに凝った肩のマッサージを受け、スタジオでエクストリームというレッスンを受けた。スクワットを音楽のリズムに合わせてするものだ。
私は生徒たちのレッスン前には脳活のために運動は良いと思っている。
自分が活性していると生徒達にも良い影響を与えると思うからだ。
1年生・2年生のレッスンがとても楽しい。そして重要性が高い。
基本をそのピュアな心にたたきこんでいく。4月のピティナステップに向けて今はようやく皆やる気が出てきた。

紫陽花

先日夙川公園の道路沿いと川べりに紫陽花が数多く植わっていて咲き誇っているのをみつけ義母を連れてこようと車を運転しながら考えていた。
今日は曇っていて暑くもなく絶好のお散歩日和。午後義母と出掛けた。
なぜ今まで気づかなかったのだろう。こんなに美しい紫陽花に・・・。去年はどうだっただろうか・・。
なるほどこれは認証25周年記念国際ソロプチミスト西宮の寄贈で昨年の2月に植えられたものだった。粋な計らい・・。
紫陽花は大好きで我が家の庭にもある。
しかしこんな近くに紫陽花園ができてとてもうれしい。うっとしい梅雨にくれた神様のプレゼント。是非近くの方がおられたら足を運んでみてね。
         ajisai

髭の渡しの花咲き会

今年もこの時期コスモスが武庫川沿いに咲いてる筈なので義母とともに行ってみた。
18日から車の駐車場が設置されるらしい。
動物愛護の施設の駐車場に車を置かせてもらい足を延ばしてみた。
どこまでも抜けるような青空と白い雲はコスモスを一段と綺麗に見せる。
今年はエンジ色のコスモスが主流だ。
母のいたシンアイ甲東園がまじかにその場所から見渡せる。
帰りに甲武橋から見える武庫川は亡き母と病院に4年間通った時みた川面がきらきらと輝き鳥たちが水辺で遊ぶ姿と変わりがなかった。
母は西宮に移り住み私との想い出をこの地に十分に残し旅立っていった。
義母と帰りにサザエ食品の「和雅屋」でランチ。
なかなかこんな時間もとれていなかったので少しほっとした。
明日は西宮中央公民館で0歳コンサートで文化祭に参加する。
kosumosu

ゆき姫

ゆき姫という朝顔を今年は植えて逢えるのを楽しみにしていた。
すると今朝梅雨明けの猛暑にも負けず咲いているではないか・・・。
純白のゆきのように真っ白な朝顔・・。
ホッとする気分だった。義母が珍しいと喜んでいる。
ゆき姫

アスチルベ

昨日、久しぶりに清荒神のH先生宅に七夕コンサートの練習のために伺った。
部屋に飾られている星野富弘さんのカレンダーに眼が行った。
「あなたの胸の火がわたしに飛び火して全焼です」
あらゆる花を題材にし絵と言葉で作品を発表していらっしゃる。
この花にピンと来たが名前が出てこない。
その昔花の名前を覚えることと庭仕事でレッスン以外のほとんどの時間を過ごしていた時期があり自分でも名前なら私に聞いてとばかり自信があったのに・・・。
チの着く名前とだけは覚えていた。
インターネットで調べたらみつけた。アスチルベ・・・。花言葉は恋の訪れ・繊細・控えめ・優雅・消極的なアプローチ・自由・気まま・心のまま・。
花言葉の意味は知らなかったが好きな花だった。
人に伝えようとする作品はそれを見て感動した人との間に秘密の通路が一瞬できる。だれにも気づかれまいとする反面私はこのブログには書かずにおれなくなる。体操の先生から急転直下。首の頸椎骨折・・・神様は彼に大きな使命を与えられたのだと思う。
やはり私とH先生との間にはギロックでつながれた不思議な縁があるのだ。
anatanomunenohi

ローリーポップ

薔薇も多いけれど百合もなかなか品種が多く艶やかなので好きだ。
我が家に咲いたドヤガオの百合の写真を撮った。名前はローリーポップ。
最近は花より団子で園芸をさぼり気味だが、元気に咲いてくれてとてもうれしいなあ。
sukasiyuri

今日やっとガズストーブをしまった。分解掃除屋さんになりきりがない。埃にもきりがつかない。荒れ模様のやんちゃな春は去って今度は今度は頑固そうな夏がやってくる。ノーサンキューだが私は今意外に元気だ。(^_-)-☆
久しぶりに近所のカリスマ主婦ママ友のIさんちでお茶しおしゃべり・・・。プリンセスミチコの写真を見せたらそれうちから挿し木したやつでしょ。綺麗に咲いてるね・・と言われたが記憶にない。確か私は園芸店で買ってきたのだから・・・でもどっちもどっち。自分が正しいと思っている。

プリンセス・ミチコ

今日はギロックの研究会の集まりの日で来月6月28日に会長の安田先生をお招きして行う内輪のイベントの練習があった。ギロックベストという曲集からい鯀完選んで演奏する。
知っている曲ばかりだが、何度聴いても好きな曲ばかりだ。
初めて全曲を続けて聴いてみるとなかなか聴きごたえがある。ギロックの仲間が作った曲も選ばれていて楽しい。
ガーデンズで食事をし甲東園から家までの間日差しはかんかんでり!
少しぐったりとしたが帰ると庭の待望の薔薇のつぼみが開いていた。水やりを忘れていたようでたっぶりとかけてあげた。
オレンジが可愛くて虜になてしまう。
今書かなきゃいつ書くの?と薔薇が言っているようで大急ぎ写真を撮りブログに来ました(^_-)-☆
muchiko

プリンセスミチコ

昨日時習堂の帰り箕面駅から梅田へ向かう途中の空は電車の中からも驚くほどのゲリラ豪雨だった。よーたんと別れた矢先のことだ。梅田では一歩も外に面した道は歩けないほどの様子だった。日傘しかない。
地下道をとおって毎日新聞ビルのピアニカ教室に向かった。
モグラのようだが不思議なくらい一度もぬれずに済んだ。
帰ってみると悲しいかなゴーヤが2階のベランダからネットが外れて落っこちてきていた。メッチャショック・・・。しかしあきらめず今日は100均でネットを購入し修理し復活。あーよかった。
その横でふと見るとこの数日つぼみをたくさんつけていた薔薇が満開状態となっている。
以前購入して植えこんだプリンセスミチコだ。新しい葉っぱとつぼみがこの暑い夏を乗り越えて咲いてくれていたのだ。
義母と毎日水やりをして育てた甲斐があった。
素敵な色でしょ?
bara

ハクサンイチゲ

高山植物というものは目だたなくて地味である!
でも高貴なイメージ!
はくさんいちげ

komakusa

これはコマクサ。下界ではお目にかかれない可憐さでしょ!

ヘブンリーブルー

朝起きたらびっくり!!
ヘブンリーブルーがもう咲いていたからだ。通常は暑い時期は咲かず11月ごろに咲く。この花がたくさん咲くと本当に涼しげで感動したことがきっかけとなり園芸に力を入れた時期がある。この中心にある光のような部分を見ていると天国にいるような気がする。
今年の気候は少し変なんだなあ。
朝から実母の兵庫医大通院に車を走らせた。
目が充血しているというので耳鼻科の岡先生が眼科に掛け合ってくださった。
鼻のほうはすこぶる調子がいいのだが皮肉なもの。家に帰ったのは2時前だった。ピアニカ教室の先生が特別に見てくださるので西北の教室にお昼を食べる間もなく飛び込んだ。3時過ぎからレッスンでその後外はひどい雨が降ったようだだった。
息つく間もない金曜日だがウォーキングはさぼれない。
明後日はトレッキングに出かける予定だから・・・。
ヘブンリーブルー

六甲の薔薇

花の中ではやはり薔薇が好き!!
もう盛りは過ぎているが六甲山カンツリーハウスの薔薇園に足を運んだ。
さすがに涼しい風が都会の雑念を忘れさせる。連休明けの人の少なさも心を落ち着かせてくれた。
我が家から30分ほどで着き知らないうちに新しい施設も生まれていた。
その中に入ると天然のクーラーだ。檜でできていてちょっとした異空間。紫陽花は最盛期を迎えている。「英国のバラフェアー」をやっていて薔薇のアロマオイルを買い求めた。
akaibara

神戸市立森林植物園

6月は花の一番美しい季節だという人もいる。梅雨の合間に汗ばむほどの暑さはなく時折見せる晴れ間。紫外線も一番多い時期。
施設の母を見舞うと変に着込んで横になっていた。父の日なので部屋の仏壇を綺麗に掃除しお線香をたむけた。数日前に父の誕生日であったことを思い出し、いい季節に生まれたのですねと話しかける。
窓を開け空気を入れ替え扇風機の使い方の説明をした。ハルの記録ビデオをを見せる。
生徒のレッスン風景も少し聴き入っていた。
帰り道ガソリンを満タンにし家で退屈がっている義母を乗せて神戸市立森林植物園へ・・・。
人をどこかに連れ出すには新緑の季節が一番よいと思う。
紫陽花は満開ではなかったが森林のマイナスイオンは最高に元気になれる。なぜって?それは鳥になった気分になれるから?
木の香り。植物の呼吸の中に身を置くだけで心配ごとや悩みも軽くなるというものだ。
老人性のものは本当にどうしようもないのだが・・・。
10数年前に来た時はもっと満開だった。義母も元気でどんどん歩いたが今日は少しだけ・・・。
車に1時間ほど乗ることは十分できる。往復2時間・・・。さて来年はもう少し6月後半に来ることにしよう。ありがとうと言ってくれた義母にこちらこそと言いたい。カメラマンのおつきあいをさせてしまい・・・。後で場所はボランティアに通っていた北鈴蘭台の中央病院の近くだということがわかり行きしなは山道のドライブウエイでくねくねと行ったので疲れさせてごめんね。・・車
ajisai

睡蓮

suirenn今日はピアソビの10月に行うコンサートの打ち合わせでAKKOさん宅に行った。逆瀬川の近くに聖天というお寺があるのを思い出し帰りに撮影班は寄ってみたら睡蓮が咲いていた。
鏡のように水面に映る睡蓮・・・。
睡蓮は水蓮ではなく睡蓮とかくのだと思い調べてみたら・・・。

この「睡蓮」にもちゃんと名前の由来があって、開いて閉じてを3回繰り返します。これを人間のサイクルに例えて 日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というところから、「睡眠する蓮」→「睡蓮」なんですって
とあった。

睡蓮と蓮の違いもわかりにくいけれど、まああまりこだわらずに綺麗なら良いとしてとてもありがたげなお地蔵さんに二人目の孫の安産祈願をした。
ちょっとわかりにくい場所にあるけれど宝塚南口の駅を山側にどんどん上ったところにある。美しい山寺?墓地がありそこにグライダーの飛行機のかなり大きな模型があったりしてなんだか面白いところだ。

ペチュニアクラブ

今年はコープの注文で何種類かの苗を買って植えてみた。その中でも杉井明美「私がつくりました」とかかれてあるさくらさくらというこの花が勢いがよくベランダの中央に陣取っている。
でもなぜか何度も何度も義母はこの花よりもエンジェルスイヤリングのつぼみがたくさんついて咲いてることに感歎している・・。
少し元気になった義母に少しでも喜んでもらえてちょっとした庭いじりは成功だったと思う。
safinia

アリウム

アリウム

いつも何気なく見ていたネギ坊主のような華。え?でもだれがどうしてこんなに丸く・・・。神様の仕業。

「私たちが目にする全てのものは、神様が人が一生飽きずに​探究心を掻き立て、楽しめるように作ってくださったんだ​と聞いたことがあります。お花だって、昆虫だって、動物​だって、なんでこんな形でこんな模様でこんな色なんだろ​うって思うよね」
フェースブックに載せたらこんなコメントが同窓会のYさんからあった。
1日に一度いや数日に一度でもハッときづくことがあるといいなあと思える毎日がそこにある。感謝!!

グレビア

gurebia

いまパソコンのデスクトップの背景にしているこの写真!
さわやかな明るい黄色のお花グレビアを紹介しますね。ガーデンズの隅にひっそりと咲いていた。
赤い色もある魅力的な花。
今日の毎日新聞に「私、笑えるんだ」という見出しの記事が乗っていた。
さわやかな笑顔。右足を3年前電車事故で切断し絶望のどん底から障害者の陸上競技200メートルで日本新記録を更新した28歳村上清加選手の写真が素敵なこの花のように見えた。
いつ何が起こるかわからないという人生。
義母からマンガ「祖母様のお手手はだるまのお手手」という漫画を紹介してもらったことがある。
それは明治生まれの大石順教尼という両腕を17歳で切り落とされ障害をもちながらすばらしい絵を描きづつけたその生涯をつづったものであった。
衝撃的な実話であるが、これも本当に華にたとえてみたい人生だ。
拍手
花も美しさには秘密がありそうだ。
人間も花も同じ・・・。



宝塚ガーデンフィールズ

ガーデンフィールズ
今日は中山寺に安産祈願に行くことにもう一人のハルのおばあちゃんと約束していた。
もうすでに1週間ぐらい前に5ケ月になっているというので6月6日の犬の日に間に合うように腹帯をもらいに・・・。
二人で話すことは次が男か女かである。どちらにしても今年11月にはとにかく元気な子が生まれますようにと祈る気持ちに変わりはない。
中山寺の梅の木がある方向に歩いて行ったら工事で遮られていてもう一つの道を歩くと帰り道につながっていたがつかの間の森林浴ができた。
ワシントンホテルでランチの後宝塚ガーデンフィールズに一緒に行くことなった。
花のみちを行くと人混みの列が・・・。宝塚のトップスターが楽屋にはいるのを見ようと立っているらしかった。
そこを抜けてガーデンフィールズへ・・・。
お花が好きだというハルのおばあちゃん(私より若い・・)。おうちでは真っ赤なアマリリスが咲いているという。
このガーデンズを作ったガーデナーのファンだというのは妹さん。
DVDも買うほど。今日もセミナーが行われていた。
寄せ植えのコンテストも行われていた。一般の入場者によって投票する。
見るだけではなくそういうのは初めてなので楽しい体験だった。
水辺が緑を鏡に映すような役目をして不思議な空間を醸し出しているところが好きだ。呼吸をしている・・。
そういえば「呼吸をするチョコ」が宝塚阪急の下のお店に売っていた。
何種類も。
子供たちにとって動物園がなくなったことはとても残念。でもここには呼吸するグリーンガーデンができそれはそれで素敵なことだ。OK

紫蘭

sirann
花ことばは「あなたを忘れない」「お互い忘れないように」「変わらぬ愛」「薄れゆく愛」だそうで、私はこの色と姿の凛とした可憐さにいつもカメラを向けたくなる。それほど面倒見の良くない私なのに庭に毎年必ず咲いてくれる。この花ことばが身にしみる。
ソニーのサイバーショットで撮ってみた。
自動でマクロ撮影ができるしやはりモデルの花も美人に限るなあと思った。ときめき。シンプルで美しい。人間としてこんな感じになれたらなあと思ってみたり・・・。カメラのレベルや扱い方で花の写真がぐんと引き立つことは知っていたが、携帯などはそれができないためそんな写真が撮りたい時にはこのカメラを活用してゆきたい。
一眼レフのカメラにも触ってみたい気がした。

ゴテチャ

お茶の名前じゃないよ。少々ごたついた名前だけれど・・。お花の前です。
昨日ピーコックのお花屋さんに発表会のお花のリーガルベコニアがとても綺麗で長持ちしたのでお礼を言いに行った。そして玄関にとゴテチャを買った。
始めて聞く名前だったがそういえば遠い記憶の中で花の凝っていたころに一度聴いたことがあるような・・・。
待宵草ともいわれている。宵待ち草?の題名の歌があるが関係があるのかしら。私はこの歌が大好きでともかく調べてみて多くの種類があることにびっくりした。とてもかわいいお花。
初夏の花のようで玄関に少し新しい季節の風が吹いている。
今日はピアノの練習と雑用を済ませ。母の施設に行った。
元気そうにデーサービスに参加していてホッとする。
kannkitu

なんて美しい(*^^)v

我が家の薔薇・・・。
ひつこいとお怒りめさるな・・。
pinkunbara
これがとてもいいセレブな香りなのです。2本のうち枯れてしまった方の分まで咲こうとしているかのように健気で。玄関に飾っているビオラも庭から大抜擢した選りすぐりだという自覚からか美しい。
人の目にさらされて可愛いね 美しいねといってあげたら花も生き物らしく本当に綺麗に咲こうとする。不思議なものです。
生徒たちの都合で月曜日に私は手が空くようになった。前から物置の整理をせよとの命がくだっていたので昔の古い資料を整理する。
勉強会の資料や古い楽譜が捨てられずにあった。よし・・・という決断のもと整理をして少しすっきり。
昔楽器店から定期的に送ってきたピアノの本という冊子に黒田亜樹さんの素敵な言葉が載っていた。
なぜ音楽家でありピアノを演奏するのか?という質問に・・・
いつか自分の命がつきて弾けなくなることがあるから今この瞬間を大切にしたい。限りある時間の中で、”永遠”を体験したいという思いから、すべての芸術は生み出されるんじゃないかと思います。
なるほど・・・人間にとって永遠に音楽はあり続ける偉大なものなのね。(^_-)-☆

露草と薔薇

マグアンプやハイポネックスを少し気配りしてやると庭の花達が答えてくれるのがうれしい。「姉さん、(あつかましい?)今年はがんばってるねえ」とでもいうように・・・。
昨日新しく来た生徒が前の先生のもとで習っていたバイエルを持ってきた。私は使っていないが補うことを多く必要としながらも挟末のほうはとても重要な気がする。
ソナチネやブルグミュラーに難なく入ってゆけるからだ。
まずハノンからレッスンをはじめた。二人の兄妹はとても反応が良くピアノの音を鳴らすことではなく聴くことに専念できる力があった。バイエル後半ができていればいろいろな教材を盛り込めるから重要な時期に入ってくる。
指づくりとともに・・・。
あの有名な天才ピアニスト牛田智大君のテレビでの演奏を聴いたばかりで彼は特別だろうか・・・いや・・・子供がこちらの育て方であれほどになる子もいるのだと思うとあなどれないぞとどうしても真剣になる。
育てるとはとても楽しみなことだ。
花達も同じ。咲いてくれてありがとう・・・。(*^^)v
tuyukusa    薔薇

絵画みたいなチューリップ

chu-ruopuu    ennjeru

お庭の植木鉢にひとつの球根からいくつも茎が枝分かれして絵画の様な宙リップが咲いた。
色がまるで渋いブドウ色のような紫色。とにかく珍しいので見てね。ぜんぜん?ふつうって?
それからエンジェルスイヤリングはバレリーナのように衣装を着て可愛く踊ってる姿のようでしょ?
西宮がサントリーと開発した品種です。

今日は冷蔵庫そうじと自分の部屋の整理をしました。ペ−ル袋にいっぱいのごみ・・・。捨て癖をつけようと思う。そうするとまた新しいものが入ってくること間違いなし!(*^^)v

いちはつ

ichihatu

桜のお掃除もたけなわで最後の額の部分にうつっている。
うちの前の道路の桜はどこの桜よりも美しい。本当につくづく1番だなあと思う。だからせっせとお礼のつもりで身体を動かす。
あのメルトダウンした例の桜も半分の姿で充分咲いてくれた。ふと見るとその根元に義母が昔植えたといういちはつがおどろくほど増えてたくさん咲いていた。
真っ白ですっくと立ついちはつを写真に撮った・・・。
桜の次には次々と華達が乱舞する春という季節は心がうきうきする。庭や玄関には私の自分で植えた華達が遅い春に拍車をかけて咲いているのもうれしい。あーそうだ…今度はお庭の草抜き・・・。ゴールデンウイークも忙しい日々となりそうだ。ショック

心臓騒ぎのあと続けて様子を見に行ったままで少し間が空いたままになっていたので母のところに行こうとしていたらちょうど母から電話があった。
針と糸を持って来てといわれたのだが、ヘルパーさんにあぶないから持って帰ってほしいとこちらに保管している。
しかたなく私の目の前で繕いものをしてもらうことにしもっていった。
行ってみると、その電話のことはすっかり忘れてハルのビデオを夢中になって見てくれた。
りっぱな認知症だが心臓は鼓動をすることを忘れず動き続けてと祈るばかりだ。( ^^) _旦~~
その後音楽療法をしている下のホールに車いすで送っていった。

狂い咲き


今日はIPHONで写真を撮ったので見てね。庭の椿が狂い咲きと言うほどの大賑わい。これほどつぼみがついたのははじめてのこと。
寒い春に素敵なプレゼントをくれたのはだれ?
ちょっと嬉しい。
義母は惜しげもなく今日集まった「0歳時から家族で楽しむコンサート」のメンバーG4に惜しげもなく10本づつ切ってあげてしまった。
私は5本づつと思ってたのんだのに・・。うちの分は?
でもそういう優しいところが私は義母の好きなところ。
さてがんばってまた「0歳時から家族で楽しむコンサート」を企画しなければ・・・。リトミック担当のM先生がお引っ越しで3人でのプロデュースである。寂しいけれど続けなければと絵本のぺージをめくりながらギロックの曲を挿入する。もう一人の朗読のM先生はとてもこだわりがありなかなか難しい。
「きょだいなきょだいな」という次回の絵本は言葉が少なく音楽が挟みやすいのでいいものになるかと・・・。
夏の日程に向けてまたがんばってゆくのでどうぞ皆さんお楽しみにね。

世界に一つだけの花



今日は久しぶりに朝から雨・・・。
ゆっくりと秋が深まる中気温の変化に体調を崩す生徒も多く私も風邪に注意しなければと思います。インフルエンザの注射を予約しました・・・。今年はワクチンが足りないそうですね。
そして一昨日美容院の帰り甲東園東側のお花屋さんでシクラメンとビオラの苗を安く売っていたので買いました。
昨日久々のガーデニング・・土のにおいに癒されました。
春を楽しみにこれから水やりを頑張りますね。
来年の春に向けては生徒たちの発表会の曲をそろそろ決めて行かなければなりません。次のシーズンを見込んで花を咲かせる園芸店を営んでいるよなものですね。土の選び方 水やり 日当たり  心配り 生き物たちはどれも注意が必要です。
世界に一つだけの花を咲かせることのできる生徒たちをお店に並べる準備をしなくては・・。
今日はこれから私達同窓会ライブのグループは(男女2名づつ4名)はセコンドブルーム(意味は返り咲き)(笑)という名前で第二の耀き・青春ともいえるらしいです。その練習があり中津まで行きます。楽しい
さっき練習してて気がついたのですがバンド練習ってかなりのボケ防止にはなると思います。お勧めです。(*^_^*)

透かし百合


コンサートが一つ終わると少しほっとしたものの放心状態でこの2・3日はあっという間に過ぎました。良い季節がやってきましたね。
黄色い透かし百合を買ってきて生けました。さわやかな透き通るようなレモンイエロー・・・むせかえるほどの香り・・・嫌いではないけれど強烈な香り・・・玄関にしています。
ようやくクリスマス会の出演メンバーも決まり、曲もおおかた振り分けずいぶんおおがかりになってきました。
そしてやはり外せないのがミュージックベル。
「ジングルベル」「きよしこの夜」今回はハモリに挑戦です。ベルのハーモニーは可愛く子供たちの笑顔が目に浮かぶようです。
生徒たちが最近ソロで歌を歌いたいと言ってる生徒もいてなんだかとても楽しくなってきました。
小さいけれど素敵なスタインウエイホールで今年のクリスマス会ができるというのは初めてのことですがわくわくします。

朝「ロシェロール」というアメリカの女性の作曲家の曲集の中でセンチメンタルなワルツを弾いてみました。秋の日差しの中ロマンティックでシンプルだけれどギロックとはまた違った女性の観点からの感性の響き・・。
クリスマス会で演奏をしてみようかなと考えていました。ラブ

曼珠沙華



我が家の庭のフェンス越しにかたまって咲いた彼岸花。別名曼珠沙華。
葉っぱがなくすっくと立ちはだかる妖艶な姿が美しい。
今年は特に綺麗に咲きました。いったいどうしたのかしらと義母と二人で感心しました。この花について調べると呼び名がたくさんあったり毒があるのに食用に使われたりといろんな話題満載です。
白や黄色やピンクもあり赤はとても情熱的・・・。
秋めいてきたらちゃんと咲くのだから不思議・・・。
山口百恵の「曼珠沙華」もなかなかいい歌です。綺麗なものにはとげがあるのですね。
私は今日ついに花粉症撃退の薬をもらいに耳鼻科のいつもの病院へ。
昼間ちょっぴり眠くなりました。体調を整えて10月に突入します。息子の誕生日だというのに彼はここんとこ親の心子知らずです。忙しくて帰れない?・・もー!
怒り

メルトダウン

今朝は土曜日で週末の疲れが朝の寝起きの悪い身体をよけいだらだらとさせていました。そこへぽつぽつとした外の雨音にいきなり義母の高音の声が混じります。
なにやら様子がおかしい。
「大変よ、桜の木が倒れてる」通りがかった中学生の男の子がインターフォンで知らせてくれたそうです。私はあわてて玄関を開けて外を見ました。
な・な・なんということでしょう。びっくり
家のすぐ前の街路樹の桜が太い枝の付け根からごっそり大きな葉っぱたちの塊の重みに耐えかねて折れどーんと家の入り口をふさいでしまっているではありませんか。道路は人が一人通れるぐらいしか隙間がなく車はまったくとおれません。古い木でもう50年ぐらいはたっているでしょうか。
うちの自慢の桜でした。可愛そうに・・・。悲しい

偶然今日は地震からちょうど3カ月、ふと思うことは人とはいつなんどき災害が起こるかわからない危険と隣り合わせの日々を送っているかということです。もし倒れた瞬間人がそこをとおってたり車が通行中ならえらいことになっていました。
緊急災害対策室が電話を調べるとあったのですぐに連絡し撤去してもらいましたが、クレーン車がゴーっと音を立てて処理をした後、傷跡の割れ目がぱっくり開いて痛々しいです。

そういえばメルトダウンという言葉が報道されていました。意味はまったく違うとはいうものの何かが壊れ落ちたような感じが私の中でこの言葉とオーバーラップしました。(T_T)

前の家の御主人が近所のもめごとから10数年前この桜の大切な枝を無理やり役所の人に切らせたのが私は発端と見ています。そこの傷跡から病が生じました。人災です。毛虫や葉っぱの処理で長いお付き合いの桜達・・・。年だから・・病気だからと・・・やはりあなたたち木は生きているのですね。一つの歴史的人物が消えていったような淋しさです。汗

薔薇の花



毎年我が家にも薔薇が咲きます。残念ながら1本がかれてしまい薔薇のアーチができなくなりましたが、あの豊かなピンクの色は健在です。見た目もフリルのスカートような花弁はかわいらしさとともに特に香りが強く深く愛着があります。お花のある生活がこれからも続けられますように・・・と思い撮りました。(^_-)-☆

藤の花


桜の次は藤の花の季節がやってきます。
母の熱も下がり少しこちらの気分も落ち着きました。
母の身近な場所にいて世話ができることは姉とは違って幸せです。義母の東京に住む親せきの禮子さんから母に(母のように慕ってくださっている)母の日のプレゼントとお菓子が届きました。ハルにまで赤ちゃん用においしいお菓子が入っていてあたたかい心使いに感動します。さっそくハルに食べさせました。とても気に入って食べていました。ありがとうございます。義母からはいつも禮子さんの器用さを話に聞かされています。
写真はメールに添付されていた亀戸天神の藤です。綺麗ですね。
この月の半ば過ぎにこちらにおいでの節はお会いすること楽しみにしています。ワンちゃんもご一緒だとか。(*^^)v

チューリップ

休日の朝きらきら光る黄色いチューリップがお庭に咲いていました〜
ただそれだけのことなのに心が元気になりましたo(^-^)o
よく見ると空からお庭に星がいっぱい落ちてきた〜

椿


いったいどうしたのよ・・。
と言いたいぐらい春が来るのが遅いような気がします。
冬子さんがどてっとい座っていて動けないぐらい大変な何かが起こっているの?食べ過ぎて太っちゃったとか〜?最近コナミに行ってますか?と聞かれたら私も困る口なのでやめておきますが去年もそうだった。
季節が春が遅れ気味・・・。天気予報がなければ体調を崩す人が相当いると思います。庭の椿に一輪すこぶる綺麗な椿がみつかり携帯写真に撮りました。桜が待ち遠しい。桜

甲東梅林

koubai

昨日リトミックの勉強会で知り合った友達との昼食会を終え甲東園には関西でも有名な梅林がありハル親子と義母と行きサイバーショットで写真を撮りました。梅の写真を撮るのはかなり難しい・・。
気温の変化に御注意を・・・。
お水取りのこの時期は寒さが身にしみますね。昨日はポカポカだったのに今日は雪が降りました。
東日本大震災の原発の状況が早く良くなりますように。
神様どうかお願いします。

春支度

昨日あいあいパークでビオラの苗を買ってきてしまいました。
一箱買いで24株入って1260円。一株約50円?色とりどりの種類がありしっかりした苗です。おすすめ!
つい安いのには眼がなくお買い上げ!
そして買ったからには植えなければなりません。
義母と久しぶりに今日は朝から庭仕事です。ほったらかしにしていたお庭に息吹きを!・・・。あたたかい春の日差しが降り注ぎ体にいつのまにか汗をかいているではありませんか。義母はとても楽しそうです。忙しさにかまけて本当にお庭をほったらかしにしていました。義母とガーデニングに凝ったころが懐かしいです。また再開したいな。
24株って結構たくさんでしたよ。植えても植えても!まだある・・・。
新しい土と古い土を再生させて混ぜ肥料も入れました。
さてこれで一週間後にはさらに夙川の会場で音楽のブーケをお客さまとともに楽しむ準備ができました。
いろいろなところでこれからも花を咲かせていきたいです。(*^^)v

薔薇


ちょうどパソコンを始めた頃の10年前からこの季節に私の家の庭には薔薇の花のアーチができます。ピンクのウェーブという種類で花びらがフリルのようで重く花が大きすぎてどうしてもうなだれてしまう。
香りもすごく良い品種で今年は特に大きく誇らしげに咲いているように思います。なぜかなー。
世話は母に任せきりですが場所は朝陽がふんだんに当たるところなのでそれがいいのかまた少し気温が低めなのがいいのかとても長く咲いています。
薔薇とはいばらという名称から来ているのだそうですよ。
母を目医者に連れて行ったときの待合室のテレビ情報です。
あと真っ赤な薔薇の写真も見てくださいね。

侘助


義母が俳句で行った先で頂いた鉢植えの白い椿でなかなか値打ちがあるそうです。花
ワビスケと呼びます
わびさびの侘びだと思います。

髭の渡し花咲き会


cosumocudog
昨日の雨でコスモスが随分傷んでいるのではと思いながら武庫川沿いの「髭の渡し花咲き会」のコスモス畑に行きました。
昨年はデュランを連れて行きましたが今日は義母と行きました。
暑くもなく寒くもなくちょうど良い気侯で義母も大喜び。
武庫川をそよぐ風の心地よいこと。ワンちゃんがそろって記念撮影していて可愛かったので撮らせてもらいました。
コントロールが利かなくなったデュランとは今少し距離を置いています。
でも来年はデュランやお孫ちゃんも一緒にこれたらいいなあと思いました。
武庫川の近辺でまだいかれたことのない方は是非行ってみてくださいね。
西宮からだと甲武橋をわたって左折。すぐの川沿いです。今が見ごろで今週中がお勧めです。

ユリオプスデージー



駐車場のフラワーボックスに今年も綺麗な黄色いユリオプスデージが咲いています。花ってどれも日当たりが大好き。この子達も東の朝陽に向かって思いっきり首を伸ばし私の目線の高さにあざやかな黄色い色の花びらを自慢げに咲かせています。
「写真とってよーー!」「はいわかったわよユリオちゃん(ユリコかな)」
忙しさの中で世話が足りなくてもこれだけ一生懸命咲いていることに今まで気づいてあげない自分がいたんだと今朝はっとしたんです。
これは切花にしてもきれいです。花

コスモス


昨日の話しですが今の時期衣服の入れ替えや季節の道具つまり扇風機を片付けたりなど色々と用事が重なりますね。ちょうど母のところへ向かった時間が昼食時でした。
車椅子を押して食堂に向かいました。やはり流動食が並べてありみるからにおいしくなさそうにこちらには見えますが本人は気にもしていない様子。
それも困ったものです。
園長先生がそれを見て献立を立てた看護婦さんに注意してくれました。
臨機応変に調子のよいときは食べる形のあるものもそのときに応じて・・だすようにと・・・。栄養のことを考えると食べやすいようにと気を配ってくださっているのですが、そのままだと固形食が食べれなくなります。
向かい側に座って食事をされていた老婦人はなんと96歳。
リューマチの関節が曲がる病気でもスプーンで固形食を一生懸命食べていらしてにこにこお話していらっしゃいました。
さわやかな印象を見るにつけ歳をとるってこうでなければなあーと思ってしまいます。
部屋に帰って息子たちの話をしました。母はとても喜んでくれている様子。
表情がおだやかに変わりまた来るからとコナミに向かいました。
途中のセブンイレブンで100円おにぎりを買いコナミでエステにて乾燥肌をお手入れ・・・。アロマの香りは不思議にリラックスできますね。
婚姻届けは無事受理されたのかしら。後ほど通知が来るようです。
待ちどうしいことですね。
その後家に帰るなり玄関と駐車場の前の葉っぱのお掃除が待ち構えていました。とほほ。今は栴檀の木。桜はまだでいよいよシーズンは始まる寸前です。植物


さて昨日のレッスンでバッハインベンションシンフォニアを一冊全曲終了した高校3年生のYさん。おめでとう!なかなか出来ないことです。ここに記させてください。
受験を控えよく頑張りましたね。私も共に勉強になりました。ありがとう。感無量です。これからさらに楽しいピアノライフなのですがあとはあなた次第。さらに上を目指してくれるならうれしいのですが。

27日の今日はミルフィーユの例会の日で、まず阪急池田駅が最寄のコスモスが咲いている猪名川沿いに出かけてゆきました。
だれが植えたのか目立たない場所に群生しいているのですが、背丈は私ほどあるところもあり人が花壇の中を歩いた後で細い茎が折れそうになりながらも咲いていて実はとても強い花なのだと感心しました。花
秋風に吹かれるほどに美しく・・・。
10月も終わりだと言うのに昼間は暑くてやはり私にとっては心も体も汗汗な日々が続いています。グッド

かわいい観葉植物


皆さんこの可愛い観葉植物の名前を知っていらっしゃる方はいませんか?
初めて見ました!!ときめき植物
葉っぱに縁取りがついているではありませんか?
今日リハーサルで訪れた清荒神の恵みの教会でエントランスに飾られていた植物です。
あまりの可愛さにパチリ!!
ところでお天気の良い美しい秋の一日でしたね。
でも時々私の体も地球と同じように温暖化現象が襲ってきます。
10月なのに暑くてしかたがないんですけどぉ・・汗。私だけかなあ〜しょんぼりおかげさまで花粉症は治まりました・・。グッド

友達から・・



たった今久しぶりにメールを頂いたのですが、私が4年前にあげたお花が肥料もあげないのにただあたたかく見守っていただけで綺麗に咲いたというのです。何かよいことがあるんじゃないですか?・・と。
身に覚えがない・・・。でも本当に綺麗なんですけどなんていうお花かなあ・・・。あっそういえばお父様のご葬儀のときでしたか・・・。
久しぶりのメールでこういう内容うれしいですよね。枯れたと言うのなら超ショックなのですが・・・。楽しい

ペルビアナ



お庭の片隅に近所の奥さんから10年ぐらい前に分けて頂いたペルビアナというお花が咲いていました。最近お花の名前がすっと出てこず、苦労するのですがこの名前はすぐに出てきました。たくさんの小さなお花が集まって大きなお花を作る太陽系のようなお花でしょ。華やかなところが好きです。

薔薇



ガーデニングに凝った頃があり伊丹の荒巻バラ園で昔買った薔薇が春のこの季節になると優しく咲いてくれます。
義母が毎日暇な時間を費やすのに困っているようで今日はまた牡丹が見ごろだからと誘われました。はいはいーまた行くのねー!!でも家に帰ってからの薔薇のほうが綺麗だったので写しました。。。花弁の渦巻きの中心に吸い込まれるようなとろーりとろけるラインは神のなせる業・・。人間にはどんなにがんばっても自然という神様には勝てない何かがありますね。

あと発表会雑務ですが小さな賞状と写真つきのプロフィールを作りました・・一人ひとりのドラマが私と生徒の間にあり、印刷している間涙が出そうになりました。
ピアノだけに終始時間をとれず弾きこめない生徒たち・・・。
でも参加してくれてありがとうと言う気持ちで一杯です。
君達大いに人生の可能性を広げようね!!ときめき

さてはがきサイズの可愛い努力賞の賞状・・それは前回も作ったのですが中学1年生いや小学生だったかなsちゃんが弟にいたずらされて汚れてしまいもう一度作ってほしいとお母さんから頼まれました。そして再度作っり渡した記憶がありこちらも励みになりました。
そしてやはり今年も作りました。そういえば前回は連弾などで出ていただいたお母さん方にやはり小さな感謝状を贈りました。

賞状と言えば私が一番うれしかったのは息子の中学の読書感想文を書いて学内コンクールで表彰されたことです。それしか記憶はありません・・。そのときたまたまうまく書けて手ごたえがあったような・・。
何でも賞はもらえるとうれしいものですよね。
子供に教育するのも育てるのも最終的には「愛」これしかないのですね。
べたべたしたものではなく颯爽としたものです。
そのように愛された子供たちは自分の子供にも愛を注ぎ常に素敵な夢をおいかけるしっかりした大人になるような気がするのです。
愛は地球を救うのです。ときめきなんちゃって。

石南花



夏が来ーれば思い出すーと言う歌の「夏の思い出」の中に石楠花色というところがあって(しゃくなげ)この花がそうです。
母が万葉の会に参加して蕾のままもらってきたもので今日
見事に咲きました。
大きな鉢にきりかえればきっと立派になることでしょう。一見つつじのようでつつじではありません。植物
明日は義母とそのお友達を連れて琵琶湖にお花見のツアーに参加予定ですが、雨の予報が・・!ショック
今日いそがしくて照る照る坊主が作れなかったんです。ごめんなさいおかあさん。

ムスカリ



去年植えたムスカリの花が咲きました。
ところが同じ植木鉢に一緒に植えたチューリップが咲かないのです。悲しい
なぜでしょう!!植物

シクラメン


暮れに頂いて彩を添えてくれたシクラメンがお辞儀をし始めたので全部切り取ってガラスの器に飾ってみました。
とても綺麗なので写真に撮りました.

切り替えの悪いのは年のせいでしょうか?エンジンがかからずやっと発表会の準備が進み始めました。
やはり毎日なんだかんだと忙しい。
この調子では去年と一緒になってしまう。ギロックのグループのお手紙を出したり(パソコンー印刷ー郵便)の順の単純作業でもしばらくぶりだと少し手間取ります。忙しいのは脳のトレーニングだとあきらめましょう。

明日は免許証の更新手続きに行きます。姉が助手席でシートベルトを賭け忘れていたところをみつかり運転していた私が講習を受けなければならないのです。もーショック

明日時間がどれぐらいかかるかセンターに電話して聞いてみたら対応の態度の悪さに辟易しました。公務員って!!ひどい。
受付して3時間かかるそうですが時間もったいないなあ。
水泳はいけません。悲しい

チューリップ



この忙しいのにガーデニング?
ところが土を触ってみるととても楽しいのです。チューリップとムスカリをあらかじめ並べてセットになっているものを購入しました。白い紙の容器は自然に土に返るそうです。春がとっても楽しみ・・・。
かたくりの花の球根も植えました。秋なのに夏みたいに大汗かいて・・でも
気持ちよかったです。
今日のみつをさんの日めくり「渦巻いてにごらない滝つぼの水ように」
午後からずっとピアノ練習・・・。
昨日は結構刺激でした。グッド

姫ひおうぎ



お玄関に飾っている花ですが桔梗・擬宝珠そしてオレンジの小さな花は姫ひおうぎだとおっしゃる方が多いのですが調べてみるとちょっと違うような気がします。のかんぞうと思っていたのですがそれも大きさが違うみたいです。庭先の谷の草原にのかんぞうは生えていてサイズはもう少し大きいです。
なにかご存知の方はいらっしゃいますか?

今お庭はしその葉っぱが大きく育っています。
ミントも大きくなってきたのでライトさんのおうちで「ミルトモワールド」の練習後のハーブティーとして飲んでみました。うっすら黄緑のティー・・・さわやかな香りが漂い好評でした。体が少しぽかぽかとしこれってダイエットになるかもとちょっと期待しましたけど無理?。

そしてミュージックベルとトーンチャイムの練習をしましたが、これって結構楽しいです。アンサンブルって本当に楽しいです。ときめき

額紫陽花



普通の紫陽花より私は額紫陽花が好きです。
小さな小宇宙が描かれているようで中の小さな花たちが時間差で咲いてゆく姿はなんだか楽しい。お庭の片隅で毎年雨の季節にそっと楽しませてくれる。
何も言わずにそっと・・・。花

ほおづき



ほおづきの花が咲き実がなりました。びっくりとっても可愛いでしょ!!
夏になると紅くなるのだそうです。子供の時に遊んだ経験があるでしょうと義母に言われるのだけど記憶がありません。
どんな風になるのかとっても楽しみです。\(^o^)/
今日の阪神は昨日に続けて負けるわけに行かず、横綱相撲のようになってきましたねと解説者が言っていたのですが、たまたま負けても調子がよく勝ち試合が続いていると負けた時の要因が浮き彫りになり全員そのことを解消するよう努力してゆけばまた勝つことが出来るのです。これが相乗効果。今年の流れは阪神に来ていますね。本当に選手層があつい。
夏の疲れがでることを考えても余裕です。でもパリーグのぴちぴち選手に結構やられそうだけど大丈夫かなあ?野球

ストレプトカーパス



ストレプトカーパスという花が妙に元気がよく玄関を華やかに演出してくれています。この画像ではそれがあまりよく分からなくて残念です。
100輪とまではいかないけれどそれに近いぐらい咲いてます。拍手ときめき花

花盛り



ビオラとパンジーは春のお花の主役です。久しぶりに玄関先が華やかになりとてもうれしくなったので写真を撮りました。ナスタチュームが綺麗でしょ。
阪神大震災の後心がすさんで花を咲かせることで心が癒され夢中になり時間がなかなかとれなくなった今では手のかからないものが主流です。
でも最近ダイエーで安く良い苗が買えるときがあり丈夫な苗を見る力も出来て花盛りを再現してみたくなりました。明日はヘブンリーブルーを今年も植えます。植物

英国風ナチュラル庭園シーズンズ







ウイークデイ忙しいサボテン息子(次男)の年金の手続きをしなければならず朝から義母と社会保険事務所に行きました。すごい人でごったがえしていて駐車場もすぐに入れませんでした。しかたなく車から降りられず義母にたのみしばらく待っていると案外速く終わったのでほっ・・・。

そのあと最近足や腰が痛いと嘆く義母の希望で宝塚のシーズンズというイングリッシュガーデンに行きました。
去年も行ってよかったので今年は夏の苗を買いました。
雨が降る直前に帰ることが出来たのでぬれることもなくちょうど良い春のお出かけとなりました。いつまでこのようにして出かけられるか分からないけれど元気でいるためにはできるだけ付き合ってあげたいと思っています。

結構な距離を歩いたらしく少し疲れましたがあの緑を見て花たちの奏でる気を浴びたからかなぜかさわやかな調子なのです。
レッスンにも身が入りました。
母も同じ気持ちでいたようで元気になっていました。
何か体や心に元気がほしい時など是非良い空気のところに行きましょう。
植物たちは優しく活力を与えてくれますよ。

イングリッシュガーデン




人里離れているのですが中は自分達でつくった手作りの家具や調度品 手作りの庭。家族が力を合わせてそこに住み積み上げてきた世界。
時間をかけてじっくりと楽しみながらその夢をかなえていく過程がありました。やはりピアノがおいてありました。滝もあり夏には子供連れで楽しめるということです。オーナーの奥さんのお人柄にほだされおしゃべりしているうちにあーーレッスン時間のことを忘れていました。
ちょい走りで20分後帰宅・・・。

K君 自動伴奏が壊れているのでボンゴを出してきました。
アフリカのレゲエのリズムの様にたたいてあげるとのっちゃった!!
指の練習のところなのに体中でダンスです。ヒップホップみたいにかっこいい。私が大笑いしたら顔までもがのりのりでつい吹き出してしまい見せたくて義母を呼びに。
結局私にしか見せてくれなかったけれど君は本当に小学3年生なの?
今思い出してもなみだ目になるほど笑いました。
レッスンあと二人が終わったころにはどっと疲れていましたーー。

ボインセチア

(☆_☆)

久しぶりの朝寝坊をし家事を片付けいざコナミに・・・。しかしそういえば半年後とに市役所に手続きしなければならないことがあってそれに必要なメモ帳を探し出すのを忘れていたことに気づきお昼をはさんで3時ぐらいまでかかった。うれしかったのはそのメモがあったバッグに商品券や音楽関係のものが買える金券が入っていた。大事に使わないとなー・・。でもそう思うがあまり使えないで残しているのだ。

さて下の息子がサッカーの練習に車を使っていたので外出するとなると久々に母のところへ寄るため自転車ということになった。久しぶりーの自転車に空気がパンパンでないといやなので空気入れを使ってさあー・・というところに息子が帰ってきた。会社から仕事で呼び出されたらしい。
坂を上り下りする自転車よりやはり車がらくちん。早速母の元へ。
写真は相変わらず所長さんのセンスで素敵なポインセチアが玄関にあったのでパチリ。これは背の高い一本仕立てでとってもボリュームがあるでしょ!!名づけてボインセチアー楽しい

母は他の入所者の人たちと機嫌よくかわいいクリスマスツリーを廃材を駆使して作っていた。ファックスのしんのようなものに絵の具で緑色に塗りつなげてツリーの形にする。そして箸で固定し赤や色とりどりのリボンで飾り最後に良い音の鈴をつけなかなか凝っていた。楽しそうだったのでついお手伝いをしていたら母の部屋に行ったのが4時過ぎ。時計の電池を変えたりベルトを変えるのに駅前につきあわされコナミに行くのはまたお預けとなった。
まいっか。母の笑顔を見ているとこちらもほっとするもの。嬉しい


コスモス畑



今日こそは運動をしなくてはと、家事を終えコナミに行く準備をし先に母の老人ホームに寄った。カラオケ大会ということで少し聞かせてもらった。
母の「大阪しぐれ」老紳士の「浪速恋しぐれ」はなかなか年季がはいってると感心した。母の昼食を待って結局コナミには行けず昨日入手した情報のコスモス畑に花見に行くことに・・・。
写真の花の向こうに見える建物が母のホームで川向こうにあるこんな近くに素敵なスポットがあるなんてほっとく手はない。武庫川沿いの尼崎市の川べり。

種がとれました。\(~o~)/


ヘブンリーブルーの種が取れました。あきらめていたのですがとってもうれしい。来年も暑い夏かもしれない。でもそれだけに涼しいこの色は欠かせないアイテムだ。

今日お母さんがたからの発表会の感想が何通か届いた。ありがとうございます。
あるお母さんから「14ひきのあさごはん」は大人も楽しめたようで音楽が入ることによってネズミ達が生き生きと歩いたり動いたりしている感じが出てとても楽しかったという感想だった。レッスン室で絵本だけを見ている子達にもまたホールで見る音楽付絵本は新鮮だったようだ。また他のも見たいと言う声もあり機会があれば実現させたい。ラブ
そういえば来年はねずみ年・・。楽しいグッド

彼岸花



そう言えば今年は彼岸花が咲いている姿を見かけないなあと思っていたら、やはり季節がずれていてようやく秋の到来を告げるように庭先に群れて咲いているのを見つけた。
にょきにょきといつの間にか大きくなっていた。
はじめは何の花だろうと思っていたがやはり彼岸花独特の姿はカメラを向けたくなる。
オレンジや白。ピンクもあるようで今年の暑さに正直に反応して遅咲きになっているようだ。
「彼岸花」という歌を学生時代に聴いたことがありとてもヒステリックな歌だという印象を思い出した。
プライドの高い女王様の歌うような日本歌曲だった。高い音がいっぱい出てくる。ピアノ伴奏が又難しくあまり好きにはなれなかった。
最近聴いた日本歌曲で好きなのは「落葉松・・・」泪を誘う美しい曲である。
発表会まであと一ヶ月、うちの遅咲きの生徒達もやはり夏の季節の長さに押されて心配な子達ばかりだ。
でもきっと咲くときは咲くのだと信じて精いっぱい頑張ってゆきたい。

朝のヘブンリーブルー

朝晩涼しくなりもうすぐ9月も半ば。ヘブンリーブルーが元気に咲き始めた。今年の夏の暑さにどれほど痛手を受けたことだろう。
しかし肥料と水やりは欠かさず虫よけもかけ心をこめて世話をすればなんとかなるもの。このアーチの場所は朝日が当たるだけなので一番成績がいい。

ヘブンリー

あつー(>_<)


日傘をさしてあげたい・・。
プールや海にも連れて行ってあげたい。
でも朝晩お水をあげるしかないのです・・・。ごめんね。

ヘブンリーブルー


やっとヘブンリーブルーが咲きました。
夏の空のように美しいさわやかなブルー。しかし西洋朝顔のために日本の酷暑には耐え切れずこの2.3年咲かせることができなかった・・・。あきらめムードでした。
でも今年はなんとか昔私が差し上げたある方からの逆輸入の種で復活しました。蕾がついた時のうれしさで心が躍りました。
この数年の日本のいや世界の暑さはもうどうしようもないことなのでしょうか。
先日タクシーに乗ったとき年配の運転手さんが我々が少しぐらい気にしたって地球の温暖化がストップするとは思えない・・。というようなことを言っていたことがとても気になっています。

蓮の花


睡蓮と蓮の花の区別がつかなくて調べたらこれは蓮の花だった。
茎が上まで伸びて凛とした大きな花を咲かせる。
睡蓮は睡眠の蓮?これで覚えた。母のホームの玄関に美しく咲いていたので撮らせてもらった。常に押し付けではない心配りがされている。
生物の中でも植物は人間をじっと静かに見つめ続けていて人間の心の鏡のように自分の姿を投影してくる。
花や動物たちを大切にしている人は人とのコミュニケーションも大切に出来る人だと思う。

鴨がいたらいいかも



真ん中に池があって可愛い!!箱庭のような感じです。ちょっと下手な写真です。
でも水辺があるとほっとします。鴨が泳いでたらよかったかも!(^^ゞ

メルディラマグフィニカ



市役所に行って息子の代わりにいろいろな手続きをしてあげなければならず、駐車場からの道を歩いているとその道すがら緑の祭典のようなイベントの準備をしている様子・・。ちょっと珍しい花に出会いました。
メル友のメルから始まる名札も撮影。覚える気がまったくない!
カメラがなくても携帯があるのでこういうときとっても便利ですね。

Go to top of page