ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 浅田真央 | main | まいどおおきに食堂 >>

祈りの心



えーーっ!!びっくり
オープニングでいきなりピアノ伴奏のなぎさちゃん!!
今日は彼女の最後の西宮少年合唱団の舞台で第46回定期演奏会でした。
きいてないよー!!1番にピアノのところにあなたの名前が書いてある。あわてて写真を録りました。義母と一緒に行ったのでなんでもよく気がつく義母がプログラムを見て教えてくれました。
西宮は文教地区で合唱団が昭和36年に出来て伝統があります。
小学校から入団しているいまは高校生のなぎさちゃんはベテランです。
ピアノは中1ぐらいの時「渚のアデリーヌ」を一生懸命練習していて突然お休みとなりました。一番つらくなる時期です。いろんなことが重なって・・・。
ふつうそれっきりとなる場合もあるのですが彼女は高校生になると同時に2年前から再開したのです。なかなか練習するひまがない。でもそれなりに離れていた時間を挽回するように音楽に引き込まれていきました。それは根っからの音楽好きに変身でした。クラブではビオラを担当しています。
その変身の原因がなぜか私は今日この演奏会を聴いて納得しました。

2つ目のプログラムに「祈りの心」というタイトルの中にメンデルスゾーンのラウダテプエリという曲があり胸が熱くなりました。
そのほかにも「未来に向かって」という中に「プログレス」(NHK仕事への流儀テーマ曲)すがしかお作がありすばらしい曲でこのコンサート定期演奏会が最後になるなぎさちゃんが感無量の泣き顔で歌っているのを見て「もー泣き過ぎだよー」と思いながら・・・私までも感動でもらい泣きをしてしまいました。悲しい多くのお客さんがハンカチをぬらしていたと思います。音楽の力はすごい。

厳しい練習を乗り越えドイツに演奏旅行に行ったりとても良い経験をしていることは聞いているけれどそれほど知りもしないのに想像しか出来ないけれどなぜか走馬灯のように彼女の思い出が音楽にのってほとばしり出てきます。心の居場所がじんわりあたたかい感じなのです。幸せな気分・・・。本当にありがとうと言いたい。いつもレッスンでは音楽の楽しみ方・・みたいな感じで音楽談義に花が咲きその曲にどうアプローチするべきかなど勉強し大人になったと感心します。自分からこう弾きたいというものが出てきましたね。驚くべき成長!!
すばらしい指導者に音楽を習ってきた証拠で合唱団の皆様に感謝です。
受験も大切だけれど人生の受験には音楽を入れるべきだと思います。テストのない受験!!
生きていく上での人生の楽しみ方を学ぶことは成長過程の最大の根っこの部分かもしれません。
ぽきっと折れずしなやかな柳のように生きていけると思う。

大人になって本当に楽しくなったピアノはもう永遠にあなたのものですよーー。
\(~o~)/



書いた人 keiko | comments(2) | - |




コメント

始めまして♪

西宮少年合唱団の指導員の喜多あゆみと申します。
”西宮少年合唱団”の検索からやって参りました。

定演に、お越しくださり有難うございました(^^♪

なぎさちゃんはサブ・リーダーとして自分の事だけでなく他の団員達の事も大切に思い、合唱団が、いかに頑張れるかを常に考えて引っ張っていってくれました。
定演での涙は、その証です☆
私達、指導員にとっても宝物の素敵な涙です。

これからも、なぎさちゃんのピアノのご指導の方、宜しくお願い致します。
アユミニー | 2008/03/25 1:49 AM

はじめまして!!
アユミニーさんこと喜多先生書き込みありがとうございます。本当にすばらしい演奏会でした。お疲れ様でした。
彼女は本当に人生のよき出会いをし幸せです。
私もそんな彼女に元気をもらってこれからもがんばります。
音楽によって私はいろんなことに気づかされまだまだ未熟な私ですがよろしくおねがいします。


keiko | 2008/03/25 11:24 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード