ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 豆腐ランチ | main | 花盛り >>

田村響ピアノリサイタル

定期的に行われている芦屋市民センターのライトさんがお世話している健康講座が6月音楽をテーマにされるということでミルフィーユの演奏で「14ひきのあさごはん」「白い森黒い森」をすることになりました。それで今日はパソコンとプロジェクターでの絵本の映像を写す試運転に行きました。
別の日芦屋福音教会でも同じプログラムをたのまれていましたが礼拝堂にはグランドピアノがあり十字架の傍らに映像を写しお話をします。
どちらにしても可愛い絵と演奏を大人も子供に帰ったような気持ちで楽しんでいただけたらと思います。
昼間は暑く車の運転は疲れます。打ち合わせをしてごあいさつをし帰ってから一人レッスンがありました。その後私も少しピアノを練習してから芸術文化センターへ向かいました。田村響さんピアノリサイタルに・・・。
生徒の堺君(私と同じ名前ですーー。先祖は親戚?)とお母さんとご一緒しました。物腰の柔らかい美しいママなのです。
彼は明日中間テスト・・。ちょっとタイミング悪かったですね。ごめんね。
でも素直についてくる君のそういうところがいいな。

さてこの職業に就くことを想定してつけた名前ですか?
響君のママ。その名のとおり美しい響きが今も心に残っています。
叙情豊かな音楽性を持ち若く誠実な演奏でした。
まだ22歳。大きな体にあのとろけるような繊細なおとは意外でした。
あのコンサートグランドピアノがとても可愛く見えましたよ。
ブラームスのソナタ第3番は大曲で5楽章からなり、渾身のブラームスの気持ちが伝わるようでした。
ピアニストは心に絵で言えば額縁 ピアノで言えば自分自身の鍵盤の底を持っていてそれを1枚の絵や1曲の音楽にし見えないけれど聴衆のそれぞれの
心に届けるというお仕事なのです。
何かが伝わった時人はまるで大きな励ましの手紙でももらったように感動するのです。
ありがとう。田村君 これからは癒しのピアノ王子と呼ばせていただきます。\(^o^)/

書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード