2009.02.14 Saturday

キャサリン・ロリン

朝家事を済ませ練習をして母のところへ・・・そしてボランティアに向かい帰りにまた母のところへ寄り家についてレッスンが4名。昨日はぐったりでした。往復の車の運転がちょっと疲れます。なぜ続いているかって?
それは病気の方々の心を少しでも癒してあげたいからです。病室で聞いておられる方もいるしその時々の一期一会となるかもしれない音楽との出会い。
いつまで続くか分からないけれど、サロンでいすにぽつんとすわり考え事をしていらっしゃる方の背中に届いたかなと思うとそれだけで満足なのです。
今日はキャサリン・ロリンの「ピアノの叙情詩」を弾きました。
ロリンはギロックを大変尊敬していて彼のたいせつな友人でした。ロリンは自分の赤ちゃんをサマーと名づけそのこのためにたくさん曲をかいたのです。ギロックにも捧げています。メロディを歌う心とその間のとり方を勉強する教材に最適と安田裕子先生も書かれています。
弾いていてとても心地よい音楽です。自分も楽しまなければ人を楽しませることは出来ません。
生徒のNちゃんと連弾をしました。最近生徒使いまくり?お疲れ様。

| keiko | - | 22:33 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code