ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 石南花 | main | スーパー80 歳 >>

海津大崎の桜


湖西線は日本の原風景の景色がたくさんあるようなとても眺めのいい路線で最近小旅行に選んでは利用しています。
4月14日(火)直通新快速で大阪から朝10時15分初で11時34分近江今津到着しました。
乗換えがないことが母たちには都合がよく私は後半座ることが出来ました。
到着後港まで5分ほど歩きそこの待合室は風通しがよく待つこと1時間と少し・・・。最悪の雨で風が吹き荒れた天気で頬は真っ青にナリ「琵琶湖就航の記念館」で寒いので時間待ちをと言う係りの人からの連絡でやっと少しそこで暖をとることができました。随分たってからだったので・・・寒かったこと・・・。(モット早く言って・・)
午後1時前乗船。お琴の音色にのせ配られたお弁当を頂きながらついてきた「桜の宴」という小さなお酒を頂き私たちのご機嫌も少しよくなりました。しかしどんなに見事な桜もこの雨にはかなわないでしょう?と思いあきらめていましたが、とんでもない・・・。
この時期は空気がほこりっぽいせいかそれが雨に洗い流されてしっとりとした立たずまいで、桜の色も曇り空にマッチしてかえって美しいように思えました。雨のくやしさはどこへやら・・。散り際というのはもうこれ以上咲かないわよということですから最高のとき?
奥琵琶湖は少し遅れて咲く環境にあるようで今日が最後の見ごろのようでした。ラッキー!(^^ゞ
しかも貸切の自家発電今年の3月就航したばかりの最新式の船なのでゆれないし綺麗な作りです。「MEGUMI」という船で自然の恵みからきた名前だそうで、環境のことを考えて作られています。いまどきのピーアールも万全です。
湖上から見る桜は独特のものがありますよ。枝振りがよく垂れ下がった桜のことを、「万朶の桜」(ばんだのさくら)というそうです。学のある友達を持つ義母が横から教えてくれました。
まあ簡単にいう桜のイナバウワーですね。私はそれぐらいのことしか言えません。まあそれが数百本も岸辺に沿って咲いているのですから、見事と言うほかはありません。京の「都おどり」の千秋楽の舞台を見せていただいたような・・・。うー目が回る・・・。
晴れていたらかなり圧倒されて息苦しくなったんじゃないかと思うぐらいです。桜にあたる?ということもあるのではありませんか?
母たちは大喜び母たちとは再び来れるかどうか・・雨ということも含め実に良い思い出となりました。桜
このあとはスーパー80歳が登場です。楽しい

書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード