クリスマス会



子供のときカトリックの学校に通っていたせいもありクリスマスが来ることを心待ちにしていました。朝起きて枕元に希望していたプレゼントがあったときのうれしかったこと。昔のこと・・。今とても懐かしい気がします。
この時期の心からあふれ出そうな期待感と幸福感。大人になってつらいことがあっても愛情を受けて育ったならどんな子も夢を捨てずしっかり生きていける子になるでしょう。
クリスマス会はそんな教師や保護者の想いがつまったクリスマス会という名を借りた子供たちへの素敵な時間のプレゼントでした。
皆緊張はするものの活き活きと演奏している姿がありました。
リハの大コケは何だったのという感じです。小さなミスは私もしていますから気にしないでね。
初めてのステージだった子もとても楽しんでいたようです。
ピアノを人前で演奏することは実はとても大変なことなのです。
精神の鍛錬となり、全神経を集中させる基盤というものを体にいれてゆかなければなりません。それは日頃のこつこつとした積み重ねが必要なだけに、好きでなければならないし、時間も必要。

昨日、茶話会で明日は何を話そうかと思い考えていたことは・・・。
体や心の呼吸のこと、音楽はすべて緩急のバランスと言うこと。
そしてピアノが上手になるということは生きることに必要な脳に影響するすばらしい栄養素がたくさん含まれているということ・・・。
そして心が豊かで人への思いやりを持てる子に育ち人とのコミュニケーションがしっかり出来てゆく子供に育つ・・。
物事に対する枠組みが出来周到な準備を怠らずそれはしいては自分を大切にすることにつながることなど・・。
子供だけでなく効用は大人のレッスン生でも同じです。
現実に雰囲気のなかでその場で話したこと・かたいことはぬきで。。
・・それはたったふたつでした。
お母さん達にまずはお母さん自身が音楽を楽しむ余裕を持って欲しいということです。ご自分を磨いて欲しい。
そしてさらにこの場に集えたことを感謝して欲しい。
皆それぞれ健康で笑顔で皆に音楽を介して出会えて自分の曲をおおくのひとに聴いてもらったことを感謝しましょう。
そのことが次へのステップになる鍵であると私は思います。そうしてまた頑張ろうという前向きな気持ち。
私もM先生の生徒さんたちの演奏に刺激を受けました。
すごい曲のオンパレードでしたから。
きっと生徒たちも励みになったことだと思います。来てくださったご家族の皆様本当にありがとうございました。
また次の機会の子供たちの可愛い演奏をお楽しみに。さて何を計画いたしましょう。拍手








Comments

昨日は長時間お疲れ様でした。
子供は本当に親の背中を見て育ちます。
私は良い背中であったかどうか・・・。
答えはこれからわかりますね。

  • keiko
  • 2009/12/21 11:21 PM

自分の前に道を作ること。それに従ってひたむきに生きること。
それが子供たちに伝えたいことです。
今年もたくさんの書き込みありがとうございました。
( ^^) _U~~

  • keiko
  • 2009/12/26 11:27 PM

Post a Comment








Go to top of page