ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 世界の果てまで行ってQ | main | 偏差値より >>

さくらFM

さくら色鉛筆という番組だったと思う。3時から出演だったので2時半ごろに現地へ・・・。2回目ではあるけれど私も一発のオンエアーに緊張しないわけがなく・・・パーソナリティの畠山さんはうまく15分間私の話を引き出してくれた。ミルフィーユはどういう経緯で作られたグループ?美味しいケーキの名前。それがなぜ・・・そしてもとはふつうのコンサートから始まりなぜそれがチャリティー形式になったのか。また今回あしなが育英会に寄付するきっかけとなった理由はなど・・・。
コンサートの見どころも話した。オーストリアのプサルターと言う楽器が演奏されるということ。幼稚園から85歳までが出演し車いすの方も歌ってくださる。
入場は無料で演奏者皆さんの参加費が寄付されるということとともに募金箱を設置して皆さんの東北への応援を募るということ。
我らが熟年バンド2組も参加すること。プロもアマも関係なくこのプロジェクトに賛同された方々で演奏をつないでゆくこと。多くの方々に来ていただきたいということなど。
ありがたかった。そして楽しかった。
まずはじめにピアノ教師としての私に畠山さんから最近のお子さんはどうですかという質問があった。まってました・・・だが「とっても可愛いです・・。」と私第1声。(これホント)
「忙しくってなかなか練習できないみたいです」と愚痴。「レッスン前にはスケジュールを入れないでーー」と悲鳴・・。「そうなんですね・・。」うまくかわされたれど本音を打ち明けられて嬉しかった。
魔の9月が終わり生徒たちも大分調子が戻ってきた。
クリスマス会に向けてプログラムはサウンドオブミュージックの連弾を計画している。ラブ
写真はプサルターと言う楽器です。
pusarruta-



書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード