ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 心のケアの力 | main | 雨の日のふんすい >>

ジャパンオープン2012

フィギュアスケートのシーズンが始まった。
ジャパンオープン2012の顔ぶれに浅田真央がいた。少しふっくらして成長した表情だったような気がして安心した。チームで競うこの試合は3チームあり、北米・欧州・日本。
この中での優勝という結果はやはり高橋大輔の演技が群を抜いてすばらしかったせいだろう。安定感があり4回転も決まり、見ているものを飽きさせない美しい演技だった。シーズン初めにこの調子だと今シーズンもとても楽しみだ。
体の動きに無理な力が入っていず、余裕が感じられる。鳥肌が経つほどだった。
浅田真央は新しいプログラムを披露してくれたが、今一つスピード感がない。
後半リズム感が戻ってきたが、少し力強さに欠ける感じがした。
しかし高得点は幸先がよい。鈴木も不思議な曲をうまく演出している。
最後のアシュレーワグナーの演技には心を奪われた。
人を惹きつける魅力のあるものだった。彼女の中にある美魔女的なエッセンスは品の良さもうかがえフィギアスケートにはかなり不可欠なものだと思う。
目指せ真央ちゃん・・・美魔女・・・。ときめき恋多き女・・・。

書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード