あまご村

高校の時にお世話になった担任の先生とまたお付き合いが始まり以前あたたかくなったらお魚を食べに行こうと誘われていた。
今日その約束の日で、ゴールデンウイークも後半に入るとっておきの日だった。
お天気が不順で着るものが困ってしまう。
関西スーパー荒巻の駐車場で待ち合わせ青垣のあまご村へ。
道が混んではいけないと少しだけ有料道路を使うことにして11時半ごろ無事到着。ドライブは快適で春の新緑や藤の花に道中見とれっぱなしだった。
里の景色も久々に都会の疲れた体にはいい。
川西に住んでおられるY先生はこのあたりに詳しく焼き物などを作るため通われているという。
大きなご病気をされても完治されお元気の秘訣はこのような自然にあふれた環境で農業などを勤しみ健康に良い食事をされているからだろう。
80歳になられる先生は話がおもしろい。落語家?生き字引?なんでも物知りだ。満天星つつじ(どうだんつつじ)の花の話。和紙になる原料でプチプチした花を咲かせる。
怖い先生のイメージがクラス中であり生徒には決して好かれててるとはいえなかったが、私にとっては父のような存在だ。
恩師というものを持つ人生とは豊かだと思う。
百合学院で小学校5・6年の時の担任は年配のベテランおじいさんだったと思う。カトリックの学校のその時の教えにも私はかなりの影響を受けているような気がする。
大切に守り育てられた子供時代が今の自分を支えているような・・・。
あまごは清流に住んでいる。臭みがなくお刺身はほのかに甘みがある優しい味だ。骨ごとから揚げにしたピンク色の身は本当においしかった。塩焼きと釜飯。
あまごの卵やタケノコのこの芽和え。
お腹いっぱいでも道の駅に似た観光用の木の香りがするお店の食堂の珈琲は格別に美味しかった。
雨にみまわれながらも近くのもみじの紅葉で有名な「高源寺」に寄って天目の楓の美しさに秋だけがシーズンではないよと言われた気がする。五感が潤う!!
義母へのお土産に木でできた湯飲み茶わんを買ってくださった。
かわいいと義母には好評でお土産話に花が咲いたゴールデンウイークのとある一日のことだった・・・。( ^^) _U~~

追伸。。。先生は昔から大の阪神ファン。授業の前の日勝った時と負けた時のきげんの差はあるときないときの551豚まんのコマーシャルみたい(*^^)v

Comments

私は毎日豚まんみたいな人生です。
でも軽やかに楽しんでます。音楽のある世界・・・。
先生はお魚が大好きです。
またよろしくお願いします。

  • keiko
  • 2013/05/08 10:52 PM

人生のこと・・・。
いい時悪いときいろいろありすぎて・・・。(*^^)v

  • keiko
  • 2013/05/09 10:32 PM

Post a Comment








Go to top of page