ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ピアノは王様 | main | 薬師丸ひろ子 >>

ピアノの本当のテクニックとは?

今日(正確には昨日)私が楽しみにしていた生徒の体験レッスンがあった。
関学の大学の文学部一回生でピアノを小さいころから高校2年まで習い再びレッスンを再開希望という生徒と出会ったのである。私は日頃から大人になってからのピアノの開花こそ素晴らしいと思っている人間だ。
弾いてくれたのはドビュッシーのアラベスク。そして他に持ってきた楽譜はショパンのエチュード。他にもたくさんの楽曲をこなしているようだった。でも残念なことにとても指が動き一生懸命弾いてくれたのだがベートーベンのようなアラベスクだったのだ。肝心の曲のイメージが伝わらず作曲家の時代背景や、強弱の差、音楽用語を理解していなかった。自分が演奏していて楽しそうでなく確固たる自信が湧いていない感じがした。まずCDを聴いてもらった。求められる音質の話し。そして流れのある演奏にするには・・・。そして楽譜の意味を話した。
ピアノは指で演奏するのではなく心で向き合うものだが、人を感動させ、それができるようになるためには相当なテクニックと耳が必要だ。
素直な彼女。私の助言が理解できたようで即座に音が変わっっていった。
たくさんの良い演奏のCDや生の演奏などを聴きすばらしい素養を持つピアニストになってほしいと思う。
私は今の自分にも言えるピアノのテクニックとはについてまたとても考えさせられた時間だった。
好きだけでは出来ないピアノ・・・でもここまで来たのだから一生の宝物だ。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード