小学生でやめないで!!

小学4年生になる前に習い始め家にはキーボードのような鍵盤しかないようだったし、下に妹が生まれお母さんにも練習状況を頼れずなかなかレッスンが進まない今は6年のK君に私はずっと悩んでいた。丸3年は経っている。
とにかくこちらのピアノでしっかり練習させようと頑張ってきた。良いことに必ず休まず時間をきっちりと来るのだった。その時によっては反抗的な態度もとってもっと練習なさいとけんか腰になったこともある。
3月初めのレッスン時に突然お母さんが来られ中学に入ったら続けられないと言われた。
私はとても残念な気がした。最近はよくわかるようになりスムーズにレッスンが進んできていたからだ。心も少し開いてくれるようになった。ソルフェージュはレベルの高い才能を育てるためのソルフェージュという本を使い始めた。おどろきである。そんな矢先だったから。
個人レッスンの強みはその子の心と対話しながら接するレッスンができるということ。お母さんに聴かせてあげてほしい。ブラームスのワルツを・・・。
簡単バージョンではあるがギロックの曲なども含めずいぶん弾けるようになった。本当は今からだということに気付いてほしかったが野球のクラブやチームに入るというからとても忙しくなる。
いつか道であったらにこにこ私に話しかけてくれたらうれしい。
彼と共有した私達だけの時間は有意義なものであったから・・・。
私の話をしっかり聞いて素直な一面を見せてくれて理論などはとてもよく理解していた。
精一杯接したことがこれからの大人への成長の彼の生活の空間に役立つ時がくることを信じている。
ドレミを覚えることがピアノの目的ではない。たった3年でもそこに生まれる先生との心の交流が人生の土台の一角にあるというのはあながち大げさではないと思う。「ありがとうございました」と元気な声で帰っていくいつもの姿がなくなるのはとてもさみしい!!
昨日のコンサートが終わりほっとしてもいるが次への気替えができないままいて・・・でもまた新しい生徒の入会が続いたので楽しみに春を迎えたい。
別れと出会いの季節。

Comments

別れと思わず卒業ですね。
同じ6年生で彼より大分あとから習っている子がいるのですが中学生になっても続けるの?と聞くとはいと答えてました・・・。

  • keiko
  • 2014/03/23 12:15 AM

Post a Comment








Go to top of page