母の愛

「人生でこんなに頑張っていることは今までにありません!」
というくらい頑張って練習をさせてきているママがいる。
長い道のりなのだから息切れしないようにと言いながら4歳のYちゃんをレッスンした。確かにすごいスピードで上達している。
母のサポートがなければピアノのレッスンはやはり成り立たないのだ。
母の愛や想いが支えとなり音楽の道を開きすすむことができる。私はピアノを教えるというより子育てを見守っているような立場でもあった。
日本の家庭にはピアノの普及率が高いがそれがどの程度機能しているかは疑問点があり、大きくなってもそれを弾いてくれる生徒を私は目指さなければならないのだ。
好きと言うだけでは足りなくて子どもの頃に多くの失敗や成功の体験をさせなければ心には残らない。
泣きながら練習をしてくるぐらいに小さいうちはすることが望ましい。
多くの習い事をしながらのピアノの道は厳しい。しかし人間の最後まで機能している場所・・それは耳だという!!
年老いて体が動かなくなっても心は生きている・・心の叫びは熱き血潮は流れている。
小さいころからの人間形成に音楽教育はその子の人生の一生を司ると言っても大げさではない。

Comments

Post a Comment








Go to top of page