ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< プール日和 | main | コンサート御礼 >>

バッハインベンション&シンフォニア

今日は田中先生のこのシリーズの最後の講座だった。
田中先生の美しく優しいピアノの音色に酔いしれながらまとめのお話に聴き入った。私は中学生の頃この曲集を本当に楽しんで弾いていたように思う。早いスピードで弾きあっという間に終わったことを記憶している。バッハの美しさがわかればピアノとの付き合い方がわかり奥深さに引き込まれ一生ピアノは続くと思う。教師として生徒をそこまで連れていくのは至難の業だが、めげずにがんばるしかない。
むずかしいインベンションを勉強して考えて体で何かを得ることは工夫が必要である。でもそれが伸びる力を育てるということだ。心が豊かになることにより苦しいことに対するエネルギーを自己の中でともす自家発電ができるようになる。
生徒一人一人に作るレッスンの過程に何があるか。ともすれば疑問を感じることもある昨今のレッスン状況に私は強い使命感を感じた。
まさに私の使命を先生がものがたってくれている。
生徒たちが大きくなるにしたがって心に豊かさを与えてやるこの仕事に対して私はさらに感動して感謝しなければならない。
倫理や道徳に答えがないのと同じようにやんわりとバッハの音楽には人間の生きていくうえで大切なことは何かということを教えてくれる気がする。
それは自分で考えなさいということなのだ。息長く続けなさいということなのである。このところ2000ぐらいのアクセスがあり私がここへ来てかくしておけないその日の出来事を聞いてもらっている。書くことでより良きボキャブラリーの世界が広がる。皆さん ありがとう!!
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード