フィギアスケートグランプリカナダ大会

羽生結弦の新しいプログラムの演技「陰陽師」を見た。ショート6位という結果を覆しフリーは4回転を3回も入れてフリー高得点を揚げ結果パトリックチャンに続き結果は2位。
安定感のある完璧なパトリックチャンはさすがだ。
今回のプログラムは日本の音楽をスケーティングに取り入れるという珍しいものだと思うが、羽生の容姿にもぴったりできりっとした彼の演技にはさらに華が添えられたようだった。
一生懸命の彼の作品にはいつも惹きこまれていく。
ミュージカルのようだしまるでストーリーがあるような気さえしてくる。
無事着氷するたび心の拍手は鳴りやまない。
今年のシーズンに向けどんな姿を見せてくれるのか。
応援しています!!

Comments

Post a Comment








Go to top of page