2017.04.20 Thursday

春はいったいどこに行ったのかしらというほど季節があれて毎日の出かけるファッションにも戸惑い体調を崩す人もいるようで・・・。
でも桜はたくましくお構いなしにちゃんと綺麗に咲き私たちの心を潤してくれた。
今はようやく新しい環境にも慣れて生徒達も孫たちも落ち着いた頃だろう。
実は私はこの一週間「地球をまもろう!リレーコンサート」のプログラム作りに時間をさいていた。自分の連弾練習。ピアニカのレッスン。歌のレッスン。ミルフィーユの打ち合わせなどもあり先週の日曜日にはピティナステップに出た生徒を聴きに大阪に出向いた。
あっという間に10日ほどが過ぎようやく今日プログラム印刷の注文が完了。
こちらに来ることがようやく可能に・・。

先日の5名の生徒のピティナステップに関して言えることはメンタル的な弱さだったが、いつもの場所ではないところで弾くのは良いことなのだ。場慣れすること。春休みの緩みがちな空気のこの時期に徹底的に練習させることが難しかったこともある。ご父兄も大変だっただろう。
しかしやはり思ったことはまず先生の勉強できることは生徒のステージに山のようにあるということ。これからも一緒にステップを踏んでもっと成長していきたいものである。
ある初出場の生徒(2年T君)のご家族の祖父の方からにこにこと声をかけていただいた。
先生にはピアノというより音楽を教えていただいているので感謝ですというものだった。コーラスをなさっているようで孫のレッスンに興味がありピアノレッスンのビデオを見ていただいてのご感想だった。うれしかった。
とてもまじめなママと素直な僕なので教えやすいし気持ちが入ってしまう。
イケメンピアニストコーナーという大阪のステーションは工夫して男の子向けにまとめた演奏コーナーを作ってゲストの男のピアニストからまじかで聴く演奏をプレゼントしてくれた。味な計らいだ。男の子はほんとうに繊細な音を出す。
骨格がしっかりしている分、音の色をたくさん持っているのだろう。
アイデア満載の大阪なにわ地区ステーション。鍵盤ハーモニカのマサさん勉強チームが演奏を披露してくれた。
私の仕事はある意味広い意味での対話で生徒のお母さんやお父さん、おじいちゃんおばあちゃんにも通じるものだと思ってやりがいのあることである。
音楽を友とする人が一人でも増えたら平和な世の中がやってくる。
子どもの未来は明るい。
今日はバスティンの神戸研究会に参加してきた。
目に見えない音楽の実力を強化するバスティンは基本的な楽典メソッドを充実させるレッスンで手を動かす派手な曲にたどり着くことが一見時間がかかる。
しかし大きな太い幹を学んで作っておけば忙しい中休んでも大人になって再開してくれると確信する。美味しいところを教える・・・それは教育とは言えない。苦労して音楽の美しさを知り楽しさを知った時ようやく心を溶かすすばらしい趣味に到達する。決して順風満帆にいかない人生の帆を進めるためにはとても必要なことである。

| keiko | - | 15:34 | comments(0) | - |

コメント一覧

コメントする





Pagetop

Calendar

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code