2017.05.14 Sunday

暑い?寒い?毎日着るものに困ってしまう日々。今日はみつなかホールの文化サロンで行われるピティナ・コンペの課題曲公開レッスンを聴きに行った。
外は夏日に近いが部屋は冷房が効いているのでスカーフを一枚持って行ってよかった。
プロジェクターを使っているので一番後ろの席でもよく見えた。
ピティナのコンクールに出るならそのつもりでピアノを習わないといけない。
必ず毎日練習し手の筋肉を作り、良い耳を育てなければ・・・。
今日の講師は伊賀あゆみ先生。実際に課題曲を生徒が弾きそれにレッスンをしてゆく形式なので曲の仕上げ方が非常にわかりやすかった。
30曲ほどで、朝の10時から私はお昼休みを挟み4時まで聴いていた。
今からでも間に合うなら低学年の子は出せるかもしれない。
ただピティナは4曲仕上げなければならないので・・・。
最初に2曲で予選を通過させる。これが難しい。
良く弾ける子供たちの手の形がとてもよくしっかりしている。そして場慣れしている。今日注意さていたことは、左手が多かった。そして小節の区切り方や調性の変化を感じること。右左のバランス。長い音符の伸ばし方。テンポ感。
バロックのクレッセンドの仕方など、30曲についてレッスンされた。
pを上手に表現できなければならないことも。
ただ単に早かったり強いタッチだったり表現がおおげさだったりでは伝わらない音楽。答えは一つではないからピアノを美しく弾けたらそれだけでおしゃれだ。
見えないものに関してこれだけこだわれるのは楽譜があるから。
楽譜にはそのヒントが多く隠されていて勉強になり延々6時間弱があっという間に終わった。
課題曲は難しいものばかりではなく真面目に取り組めばだれでも参加できるようになっている。良い作品がたくさん選ばれているし今日のレッスンで即座に曲のまとまりが整う子達にレッスンというものの力のすごさに感服した。

| keiko | - | 22:30 | comments(0) | - |

COMMENT

POST A COMMENT










▲PAGE TOP

CALENDER

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

PROFILE

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES