2017.08.21 Monday

国境なきミュージシャン

大人の生徒で近所の大学の先生をしているKさんのお子さんのTちゃん2年生はピアノを習って1年余りで今回オータムコンサートに参加すると決めていたがここのところスランプで出ないと言い出していた。
先日のレッスンではデイズニーの「美女と野獣」からひとりぼっちの晩餐会はとてもよく弾けていた。ギロックのガボットも・・・。
無理強いすることはないと思いレッスンの中で音楽の話をした。
今日のSさんのレッスンではにこにこと「ありがとうございました」とある雑誌を持ってきてくださった。「どうしたのですか」と聞くと「先生のお話で娘が出る気になったようです」というのだった。
私は何を話したのかあまりよく覚えていなかったがどうも音楽は世界共通のすばらしいものであるという話だったらしい。
言葉のようなもので人とのコミニュケーションの方法でピアノを弾けることは素敵なことだというものだったかと思う。
戦争や災害にあった人々の心を救うこともできるなどなど・・・。
今考えてみると何のために大きなことを言ってしまったかはわからない。
子供たちの未来のために・・常日頃から考えていることである。
雑誌には「国境なきミュージシャン」という記事が書かれてあった。
音楽には恐れを払拭し、共感を生み出す力があると書かれている。
芸術組織が連合する「Art・27」のことも。
広がる恐怖や排外主義に対抗していくという。本当に素晴らしい。
ビッグイシュー日本版という「特集ここに平和」という雑誌。社会学部の講師をしておられてピアノ大好きママはピアソビコンサートにもTちゃんと来てくださる。
それにしてもTちゃん私の何気ないお話を真剣に聞いてくれてありがとう。
雑誌のぺージには紛争地の地域で太鼓をたたいたりロックのグループでみんな笑顔となっている写真がのっている。
彼女の気が変わらないうちにコンサートの日になってね。9月3日です・・。
夏休みの練習はなかなかでこちらはひやひやです。

| keiko | - | 22:35 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code