2017.09.14 Thursday

津波にあった人の言葉忘れぬ

巨人阪神を見ながら新聞に目を通しながらUTAGE!という番組を見ていた。
毎日新聞のみんなの広場の「津波にあった人の言葉忘れぬ」という11歳の小学生山中君の投稿にジーンと目頭が熱くなる。
夏休みに陸前高田の「高田松原」を再生するプロジェクトに参加し一本だけ残った「奇跡の一本松」の松原の苗木を守る竹すだれを作ったという。50年後の再生を目指してのことである・・。
兵庫県川西から参加したのは家族と共にだろうか。
貴重な体験をさせることができたすばらしい両親のことを称えたい。

その後フォーエバーラブをxJapanのTOSHIが舞祭組の千賀のピアノで歌っていたのを聴く。また涙・・・。
千賀はピアノを習っていたわけだはない。でもその演奏はだれにも感動を与える魅力的なものだった。そしてTOSHIのバラードは格別である。
芸能人という人々の感性の高さと集中力には驚かされる。
良い歌は残る。人の心に深く・・・。
そしていろんなコラボなどでさらに洗練され残っていくのだと思う。
TOSHIが自分が選んだ彼へのアドバイスは一つ。ピアノの響きを聴いて演奏を楽しむことだった。クオリティの高い言葉。千賀はその通り弾き切った。ブラボー!!
あーあ広島M1.巨人には勝てない阪神。

| keiko | - | 23:00 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code