中学生のピアノ

金曜日は後半レッスンは中学生が二人来ています。
私は朝から体の調子がちょっとだるくて寝そべってばかり。なんとか姉を空港まで、迎えにいき母のところに送り届け家の中を片付けました。
衣類の入れ替えもやっと大方終了。
姉を向かえにいきレッスン開始。
後半の中学生達は本当に音楽が好きに育ってくれたのですが、考えてみるとなかなか進まない時期がありました。
でも今は目覚めて本当に楽しそうに弾いています。自分の意思でないとここまで進みませんし中学生は多感で忙しくこちらもやりがいがありますが練習の仕方を教えたり曲の選び方をかなり工夫が必要です。
最後のT君はラフマニノフのCDを持って帰りました。
ギロックの「飛翔」を弾いているからです。
「世界の約束」を録音して生徒の皆さんが聴けるようHPで公開していますが男の子がこれほど楽しそうに弾いてる姿も珍しいと思います。
おとなしくて言葉少なかった彼のレッスンは今とても充実しています。
小学校高学年から中学高校ぐらいまでのこのような心の通ったレッスン時間は教師冥利につきます。私の言葉に音で答えてくれる・・・。
一生ピアノとお友達でいてね。
小学生はその時期に至るまでの少し退屈な練習を我慢する時期なのでおうちの理解が必要ですね。

また男の子は父親になって子供と共に音楽を介して人生を楽しめるので将来とても明るいことですね。男

Go to top of page