ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


アンネのバラの教会



義母がお友達から美しいバラの教会があることを新聞で見ていって来たのでよかったからと教えてもらいちょっと道に迷いましたが行って来れました。
それは甲陽園駅からしばらく山に上がっていた小高い丘の上にありました。
長く西宮に住んでいますがはじめてでした。
アンネの日記は皆さんもご存知のようにユダヤ人大虐殺の隠れ家の生活記録であると共に、苦しみの中で精神的な成長を遂げたアンネの心の記録です。
アンネがバラが好きだったため父であるオットーさんがこの教会の合唱団ががヨーロッパで公演を行った際に贈ったバラだそうです。
なんて美しいのでしょう。
展示もすべて隅々読んで胸がつぶされそうになりましたが、人間の性の恐ろしさを憎み命を大切にしなけらばならないことへの責任に心を震わせずにはいられませんでした。
平和への祈りのため関学の学生達も活動に参加しています。
後世に語り継がれなければならないことです。

「富は失うことがあります。しかし、心の幸福は、たとえベールに包んでおいても生きている限りいつかまたよみがえってきます。」
と言う言葉が陳列されていました。
「輝く岩」はホロコースト(大虐殺)と泣き壁という二つのテーマをロクレールグラスの作品で美しく仕上げた壁が2回にすえつけられていました。
光によるシンフォニーとなりその想いは後世に語りかけているようでした。

バラの世話をされている牧師さんの奥さんは義母と私が他の団体が通り過ぎても丁寧に見ている様子を追いかけ来て「ありとうございました」とおっしゃいました。「祈り」という名前の薄ピンクの白い新種のバラのこと・・猪の被害に随分あって苦労したことなどお話してくださり見送ってくださいました。
小さなこじんまりとしたバラ園ですがあまりにも綺麗なので是非多くの方に展示と共に見ていただきたいと思います。是非丘の上なので車で行かれたほうがいいですね。車

書いた人 keiko | comments(1) | - |




生きるということ

悲しいことが多い昨今です。自殺者も増え日々生きることに疲れている人々がいる・・・。でもお願いだから命だけは大切にしてと言いたいです。
昨日新聞記事を切り抜いていく中に、〜失明し「心探し」で志願〜
という記事がありました。
その人有川光男さんは24歳の時に病気がもとで失明しました。
光を失い気持ちの整理が付かない時、「草刈り」に志願しました。
当時は短い杖で足元だけ探れる状態。周囲の反対をよそに、富山入りした有川さんはできる仕事を精力的にしました。
宿舎のそうじや かま研ぎ 風呂焚き トマトの収穫・・・。
今にして思うのは受け入れてくれた方への感謝です。と語られていました。

条件は人さまざまで、健常者も身障者も皆生きている立場として常に命と向き合わなければならず本当に大変です。
でも光を失いながらもこのように希望を捨てないで精いっぱい自分の命を輝かせている人もいるのです。心が熱くなりました。
がんばれば幸せが必ずその人の下に訪れるのです。
その日その日をつつがなく元気に送れたら充分幸せだということなのですね。

書いた人 keiko | comments(1) | - |




不順な5月

さわやかに風薫る5月とはいえない先日の木曜日 外に出ると焼け付くような日差しでした。私は実母のベッドの布団のシーツを取り代えるため母のところへいきました。すると母がベッドにはいなくて珍しく部屋にいませんでした。調子の悪い時が多いのでこんなことは私にとってはうれしいことでした。さっそく取り替えて部屋の掃除をすませ、私が会いに行くとせっかくのこちらの行事に参加しているのを中断させてしまうので、帰ることにしました。
実はその帰りにビールの量販店から買出しして出庫するとき自転車と接触事故を起こしてしまったのです。少し考え事をしていましたし相手の女性40代かな・・も急いでいたようでした。
私のほうは何もなく彼女は腕の絣傷でしたがお互いの連絡も出来るようにし警察を呼び保険会社にも連絡をし手続きを取りました。すぐにお店の人に頼み冷やしました。
たいした傷ではなくて本当に良かったと思います。必ずひどくならないよう病院で手当をしていただくようにしました。

毎日の生活の中で疲れているとちょっとした不注意が相手をきづつけることがあります。本当に反省しました。ちょっと車の運転が怖くかなり慎重になっています。
報告が後れて済みませんでした。
何があってもおちついて対処しなければなりませんね。
記事がちょっと前後しました。
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2009 >>

Link

Profile

QRコード