2009.04.30 Thursday

ありがとうございました(^_^.)

happykai
昨日は東高のブログにお邪魔し報告し、こちらに来て書き始めたら睡魔に襲われてしまい報告が出来ませんでした。
遅くなりました。まずはお世話になった皆様に御礼申し上げます。
無事終了することが出来ました。
多々反省する点はありますが今後に向けてどうぞあたたかい目で見てください。
よろしくおねがいします。

問題点はたとえばまず気温が低く待っている間生徒たちが寒かったことです。異常だと思います。この時期この低音・・。公民館はこちらの思うとおりの調整ができません。
そして出入りや聴いている側のマナーがよくない生徒がいたということです。私は時々会場にいました。先生が3人いるのだからだれかが会場に回るかご父兄にもっとお願いしておかなければなりません。時間が長かったと言うものも少しあります。
生徒たちは環境はよいので息抜きが出来うまく時間を使っていただけたとは思うのですが・・。
ドアの出入りは大きくなった生徒自身に手伝わせると言う方法もあったようですがきちんと座って聴くと言うことも勉強ですので、また検討して行きたいと思います。

ゲストのインパーフェクトハーモニーの皆さん 山添さん リハーサルの時より数段すばらしかったです。マイクの調整も本当に大切な要素ですね。そして生徒たちのそれぞれの演奏も良かったのですが、最後の合奏と、合唱はやはリハーサルを飛び越して一番良かったです。今回それがうれしいことでした。アンサンブルの楽しさを味わえたと思います。

何よりその証拠に客席で聴いていた義母がハンカチで涙をぬぐっているではありませんか。こんなことははじめてです。
義母もいつもきている生徒たちが頑張っている様子に感慨無量だったようです。新しく入会された生徒さんのご家族が来られていてかわいい花束を下さったことを話したら義母は「良いコンサートだったから喜んでおられたでしょ?」と言われました。めったに褒めない人なのでうれしかったです。
終わってからの後片付けは異様な大変さでした。
それはうちの次男や松井先生のの息子さんたち インパーフェクトの皆さん
山添君 そしてmikomikoさんにお手伝いしていただき本当に助かりました。
皆さんありがとう!!そしてご父兄の皆様本当にお疲れ様でした。
私は今回お母様にお願いして家での練習を徹底して頂きました。
人前で演奏することの厳しさと楽しさをしっかりと植えつけたかったからです。
さてここは通過点・・・目標に向かって再び翼を広げましょう。
いよいよ連休も始まり本当の春、やっと鶯がホーホケキョと朝からなき続けています。\(~o~)/

| keiko | - | 15:52 | comments(3) | - |

2009.04.28 Tuesday

夙川公民館



今日発表会前の最後のレッスンでした。
一年半ごとに発表会をするため少し実力よりワンランク上の曲を選びます。
ですからぎりぎりまで目一杯弾き込まないとだめです。
今日はさすがによく練習してきているため一言声をかけただけでさらによくなります。3年生S君すごい成長です。ギロックの宮廷のコンサート素敵です。
次のY君は上手になっったのでさらに私があまりにも完璧を求めるため泣き出してしまいましたね。ごめんね。ほんとうに「蝶々」らしくなりました。生徒たちとのこのおいしい時間は本当は毎日日頃のレッスンで欲しいところです。
でも大きな絆が出来たのでまた次回に少しすづ向かってそれを生かしていきます。
発表会は到達点ではなく通過点なのですとやっと言えるようになりました。
さて明日はどういうことになりますのやら・・・。

これは夙川公民館の裏の池の写真です。
去年の写真ですがとても気に入っています。明日はいいお天気のようでうれしいです。
ではまた報告に来ますね。おやすみなさい。グッド

| keiko | - | 22:54 | - | - |

2009.04.27 Monday

トゥインクル・チェリーコンサートへの誘い

2009年4月29日
   PM1:00 場所:夙川公民館
   阪急 「夙川」駅南へ徒歩3分

http://hccweb1.bai.ne.jp/keiko-piano/sub13.html

今回はメロディ・リズム・ハーモニーの曲に分類してプログラムを作りました。音楽の3大要素です。いろいろなジャンルの曲がちりばめられていて楽しいプログラムになりました。
オープニングは生徒たちのミュージックベル。
賛助出演は関学グリークラブ高校OBのperfectin harmony が出演します。
河合楽器 山添君の弾き語りもあります。
「ピーターと狼」のお話とピアノもプロジェクターと共に行います。
長時間ですが公民館の前には夙川が流れ行楽日和にはいお散歩も出来ます。
駅前にはいろいろなお店があり休憩は充分出来ます。
連休の初日に少し覗いてみようと思う方・・・歓迎です。もちろん無料。
トゥインクル(輝く)かな? チェリー(さくらんぼ)は我が家の教室が桜自治会にあるからです。なんだか楽しそうな名前でしょ!!
では皆さんお待ちしています。\(^o^)/楽しい

| keiko | - | 22:19 | comments(0) | - |

2009.04.26 Sunday

薔薇



ガーデニングに凝った頃があり伊丹の荒巻バラ園で昔買った薔薇が春のこの季節になると優しく咲いてくれます。
義母が毎日暇な時間を費やすのに困っているようで今日はまた牡丹が見ごろだからと誘われました。はいはいーまた行くのねー!!でも家に帰ってからの薔薇のほうが綺麗だったので写しました。。。花弁の渦巻きの中心に吸い込まれるようなとろーりとろけるラインは神のなせる業・・。人間にはどんなにがんばっても自然という神様には勝てない何かがありますね。

あと発表会雑務ですが小さな賞状と写真つきのプロフィールを作りました・・一人ひとりのドラマが私と生徒の間にあり、印刷している間涙が出そうになりました。
ピアノだけに終始時間をとれず弾きこめない生徒たち・・・。
でも参加してくれてありがとうと言う気持ちで一杯です。
君達大いに人生の可能性を広げようね!!ときめき

さてはがきサイズの可愛い努力賞の賞状・・それは前回も作ったのですが中学1年生いや小学生だったかなsちゃんが弟にいたずらされて汚れてしまいもう一度作ってほしいとお母さんから頼まれました。そして再度作っり渡した記憶がありこちらも励みになりました。
そしてやはり今年も作りました。そういえば前回は連弾などで出ていただいたお母さん方にやはり小さな感謝状を贈りました。

賞状と言えば私が一番うれしかったのは息子の中学の読書感想文を書いて学内コンクールで表彰されたことです。それしか記憶はありません・・。そのときたまたまうまく書けて手ごたえがあったような・・。
何でも賞はもらえるとうれしいものですよね。
子供に教育するのも育てるのも最終的には「愛」これしかないのですね。
べたべたしたものではなく颯爽としたものです。
そのように愛された子供たちは自分の子供にも愛を注ぎ常に素敵な夢をおいかけるしっかりした大人になるような気がするのです。
愛は地球を救うのです。ときめきなんちゃって。

2009.04.26 Sunday

僕を忘れないで



雨戸を開けたとき2階でクンクンという声がするので、見上げるとベランダから覗く甘えん坊のデュランの鼻が見えました。「わーデカッ!!」最近有名になった女性の勝間さんの鼻といい勝負!!
しかたがない遊んであげようと2階へ・・。
普通は喜んで犬は尻尾を振るのに彼は大きな口と前足を振って喜びを表し飛びつきがすごくて危険です。こちらはおちつくまでじっとしていなければなりません。オスワリフセペケポーズが一気にやってきます。
やっとハグ充電が出来るとお得意のデュランフレグランスがジワーッと襲ってくる・・。
発表会終了後の大きな仕事のひとつに彼の大掛かりなお洗濯が待っています。
ハロードッグは会員になると割安でドッグシャンができるようです。
それとしつけ教室を再開しないとやんちゃ病は治りそうもありません。
33キロ近いのでこのままおちつかない犬になるとほんとやだーなのです。
言葉がしゃべれないデュラン君・・とっても不便だろうけどその大きな綺麗な目を見ていると君は天使のような心を持っているんじゃないかとつい思ってしまう親ばかな私なのでした。
今衣替えの季節・・・春という季節は動物にとっても忙しい!犬


2009.04.25 Saturday

リハーサル

今日は朝からうっとおしい雨です。
発表会当日は出来ないので今日リハーサル用に午後からホールを借りました。
ばかげた荷物なので息子に車に乗って貰い夙川公民館に行きました。
参加13名のうち初出場の生徒が4人います。最初はほとんどの子がとにかくピアノに座らせ形にするまでとっても大変です。まず言葉をなんとなく発した赤ちゃんをよちよちではなくしっかり歩きの状態に持っていくようなものです。そして音楽らしく演奏させるのにどれほど大変かとお察しください。それが仕事や!!なのですが・・・。
成長期にピアノのおけいこという栄養を与えると素晴らしい効果が現れ始めます。プロセスを大切にすることを覚えるからです。結果がそれについてくるということを体感できるからです。また成長過程でよい曲を与えることでシャワーを浴びるように心を浄化してゆくことが出来ます。音楽には本当に不思議な力があるのです。

さて今回から3人の先生で行いますが他の先生の生徒さんがまた上手なこと・・。毎回感じることです。指導力不足。悲しいですが現実と受け止めて
がんばります。なので複数の教室ですることは刺激を受けとてもいいことだと思います。このような晴れやかな場に参加することが出来可愛い生徒たちの晴れ姿を見ることが出来るだけで幸せを感じます。
そんなメロメロではあかん。目指せワンランクアップ!!と自分に言い聞かせている私。生徒のためではなく先生のために発表会はあるのかもしれませんね。
あと3日でもモットよくなると思うのでピシッと皆がんばってね。拍手
お・ね・が・い!!冷や汗

| keiko | - | 23:14 | comments(1) | - |

2009.04.24 Friday

真紅の牡丹


| keiko | - | 22:12 | comments(3) | - |

2009.04.24 Friday

ピンクの牡丹


| keiko | - | 22:04 | comments(0) | - |

2009.04.23 Thursday

合格体験記

今日は今年同志社女子大学音楽療法学科に見事合格した、Nちゃんのママがレッスンに来ました。彼女の新1回生の様子を聞いてつい大笑いしてしまいました。
ショパンのエチュードを(彼女にとってはレベルの高いピアノの曲)いきなり宿題に出されてあせっているとメールが来てちょっとびっくりしましたと話したら、クラスの中で選ばれて合格体験記を書かされたと言うのです。
彼女は推薦で不合格で本試験で合格しようと去年暮れに冬期講習に行き受験の傾向と対策を受講してきました。
そのときの問題集を1月の初レッスンで持ってきて私は目を見張りました。
もっと早く持ってこないと!!
あまりにも音大専門受験のそのもの(後から卒業した人に聞いてみると関西でも難しいと有名な大学だそうで)同じ聴音・ソルフェージュの難問題が出されていたからです。チンプンカンプンであったという彼女。そりゃあそうですよね。普通は2年ぐらいみっちり音大受験の場合はやります。

私は甘く見ていました。・ピアノがそれほど難しい課題ではなかったので・・・。
もう少しゆるやかな問題が出ると・・高校の先生に聴音とソルフェージュはレッスン受けていたと聞いていたので任せていました。本人ものんびりだったしなぁ。
でも高3になって受けると聞いていたのに新しくできた学科で調べもしなかったことは私の責任で今頃口が裂けても無理だとはいえませんでした。ごめんなさいね。
さあそれから集中ソルフェージュと聴音レッスンを1日おきに通わせること一ヶ月。寒さと戦いながら少し離れた私の家に通い続け必死でやりぐんぐん伸びてきました。そして当日が来て・・・。
結果は滑り止めの武庫川女子に合格し第一志望の同志社女子にも見事合格しました。音楽高校から受験した人もたくさんいたそうでそのなかでよくうかったと思いました。本当に驚きました。
塾にも行かず他の学科もまたピアノの練習もよくがんばりました。本人の目的意識の強さですね。

とても音楽が好きで西宮少年合唱団で長年鍛えた耳があったからこその結果でもあります。
何事もあきらめず挑戦すること。
私は教師として最近逆に生徒たちに教わることのほうが多いかもしれません。

というわけでNちゃんが選ばれて合格したわけを受験奮闘記として書かされるはめになったのではないかとママはいっていたのですが、それはたまたま偶然かなと私は思いますが・・。
朝からわははと大口を開けて笑ってしまったけれどついていけるかなーと本当は心配な私なのでした。冷や汗
アルバイトもほどほどにしっかり勉強して欲しいですー。楽しい


| keiko | - | 22:52 | comments(0) | - |

2009.04.23 Thursday

牡丹


下のピンボケの写真の口直しと言うことで見てください。
近所の公民館のお庭で咲いていたものです。
純白というのはやはり美しいですね!!

| keiko | - | 00:00 | comments(0) | - |

2009.04.22 Wednesday

竹の子ご飯



今日は朝からライトさんちにミュージックベルを1本借りに伺う予定でしたがその前にガソリンスタンドに桜の葉っぱまみれになった車の洗車に行きました。半額の水曜日なのですが撥水加工をしてもらい安いような高いような・・・。まあピカピカで芦屋に向けて出発・・・。
ところがどっこい・・・171号線の工事中の混み具合は相当なもので途中でルートを帰ることにしそれでも40分ぐらいはかかったでしょうか。
駐車場にいらいらとした気持ちをおいてはきたものの、それをわかっていたようにマンションのエレベーターの扉が自動ですっと開いてくれたのは念力かなあ・・・。やっとたどり着いたのを知ってくれたのかいつも優しい彼女は「竹の子ご飯」をお土産に持たせてくれました。
ちょっとした心遣いがとてもうれしい時期です。
なんせ後一週間で本番なんです。2時以降はずっとレッスンでつまっているので「竹の子ご飯」の写真を撮るのがあせってぶれてしまった。でもライトさんありがとうございます。おいしかったですよー!!
そだ
もう一匹生徒で歌のうまいS君・・・3年生だけれどソロ活動も出来そうなぐらいです。ちょっと報告しておきますね。K君と同じ学年。よっご両人次回は二人で歌ってもらいます。かなりイケメンと呼ばれる歳になるにはまだ時間がかかりそうね。
そういえば先日のブログに登場した山添君が「らいおんハート」最後に歌ってくれますよ。

| keiko | - | 23:00 | comments(4) | - |

2009.04.21 Tuesday

育てる楽しみ

発表会の準備の忙しい最中でも今の時期は新しい生徒の確保の大切な時期です。
先日転勤してこられた親御さんのお子さんが体験レッスンに来られました。
今年1年生のお嬢ちゃん。ヤマハなど色々な先生に習われて新しく習う先生への申し送り状を持参されました。
なかなかそこまでする先生はいないと私も反省しました。
それでレッスンさせていただきましたが、今までの生徒さんの中では上位に入るレベルと見受けました。家がすぐそばではないので、他に近くの先生に行かれてもいいと思い、お返事をお待ちしていましたら、今日お電話があり習いに行きたいとのこと。レッスンが楽しかったとお子さんが言われてこちらに決めていただいたようです。
ピアノがとても好きなようでコンクールなどにも参加可能であればおすすめしたいです。電子ピアノもいずれ買い換えていただけそうで、お母さんもご熱心でした。
新しい出会い・・。特に1年生ぐらいは根っこを生やさないといけないのでとても大事な時期です。そして芽が出て花が咲き・・・。
とにかくあせらずがんばりますね・・。嬉しい

| keiko | - | 23:04 | comments(1) | - |

2009.04.21 Tuesday

スーザン・ボイル

ちょっと朝風呂!朝ブロです。
NHK「つばさ」の前はテレ朝をつけているのでそのあとの鳥越さんの番組でスーザン・ボイルさんのことを報じていました。
彼女47歳独身女性!!
一般の歌番組でのオーディションで一躍有名になったシンデレラガールです。見た目は本当に普通のおばさん。職業はなく年老いたお母さんの介護をしながら教会でボランティアをしているということ。そのお母さんが亡くなり失意の中かねてよりおかあさんの勧めていた歌手のオーデイションを受けたのです。その歌声は一度聴くとだれもが驚き魅了されると思います。ラ・ミゼラブルの「夢やぶれて」を歌っていましたが、それは本当に素敵です。人をみかけで判断してはいけないということですねと言っていたテレビのキャスター達!!今可愛い女優・・あまりにも完璧な美しさを求められる時代・・。本当に何が大切なのか考える時代でもあります。
ユーチューブでしているので検索して聴いてみてくださいね。ときめきこちらにアクセスしてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

| keiko | - | 10:03 | comments(1) | - |

2009.04.19 Sunday

草刈民代引退公演

兵庫芸術文化センターには最高の出し物が来ます。
といっても高価なのでなかなかいけませんが・・・。
たまたま母の家の関係で賃貸住宅サービスとのおつきあいがあり抽選でチケットがあたったのが草刈民代さんの引退公演である「エスプリ」ローラン・プティの世界です。
¥12000が2枚です。
今日3時開演で後ろのほうの席でしたが新しく買ったオペラグラスを忘れずに持っていったので彼女の表情までよく見ることができました。
もう感動の渦で・・・。
なんであんなにきれいな人がこの世にいるのかと思えるほどの美しさでした。ディズニーランドの眠れる森の美女やシンデレラ 白雪姫 白鳥の湖のオデット 美女と野獣 ロミオとジュリエット クレオパトラ どの主人公と比べたとしてもそれは比べ物にならないほどの美貌です。
バレーを踊るために生まれてきた人。どうしてー引退?残念です。もったいないですー!でも最後の舞台を見ることが出来て幸せでした。
他の出演者も外国人のパフォーマンスはやはり繊細でダイナミック・・・。
感情表現が豊かでダンスという人間の究極の表現に魅せられてしまいました。
レッスンで先生踊ってるとかよく言われますー!!
高校のとき創作ダンスで友達とショパンの葬送行進曲に振り付けをして踊った記憶があり・・・暗い曲に心が引き込まれていく自分がいて・・。
本当はバレエも習いたかったなー。

| keiko | - | 23:03 | comments(0) | - |

2009.04.18 Saturday

浅田真央


やっぱりあなたはすごい。ありがとう。いつも元気をもらえます。
ショートプログラムに続き素晴らしい演技で総合200点を突破し1位に輝きましたね。華やかな衣装をまとい一見素敵な競技に見えますが過酷な戦いで自分の精神的な強さを極限まで保ち続けなければ、氷の上で舞えるわけがないですから・・・。氷上の格闘技ともいえますね。技術面が勝たなければ美しさは見えてこない。
キムヨナさんに負けた時はどうかなと思いましたが今回は彼女がいるいないに関らずすばらしい演技だったと思います。
必ずマイナス面を次に生かしてゆく強さはさすがですね。
姿かたちだけでも現在は日本が女子フィギア界は世界でトップだと私には思えるのですが・・・。スタイルのよさ、愛くるしい顔・・・。
明日のエキシビジョンが楽しみです!!拍手

| keiko | - | 22:52 | comments(0) | - |

2009.04.18 Saturday

僕のこと



僕のこと忘れて編?(デユラン)
はいはい 忘れておりません (ママ)
ニュースだよ(デ)
なに?どうしたん?(マ)
トイレができた。男の子だったみたい ボク!!(デ)
え?足上げれたん?やったー やっぱり君は男の子だったのねー!!おめでとう(^^ゞ!(マ)


| keiko | - | 18:07 | comments(4) | - |

2009.04.18 Saturday

桜の宴



大きなように思いますが小さな可愛い180L入りのお酒です。一人にお弁当に1本づつついていました。
日本酒が得意ではありませんが、口当たりがよくお花見といえばお酒。お弁当にもとてもよく合いました。義母はわりと強いほうなので私も結婚してから影響を受けて楽しむようになりました。製造元は藤居本家 藤居静子 滋賀県のお酒です。
ラベルも可愛いので瓶は持って帰り家でとっくり代わりに使うというのはどうでしょう。琵琶の舞「桜の宴」熱燗

| keiko | - | 15:00 | comments(0) | - |

2009.04.18 Saturday

花見弁当



琴を聴きながらのお弁当というのははじめてです。
なかなか乙なものですよ。ちょっと寒くて冷えたお弁当でも生の音楽の演奏付きとくれば心もあったまります。次はお酒のこと・・。ときめき

| keiko | - | 14:52 | comments(1) | - |

2009.04.18 Saturday

ジパング倶楽部



この倶楽部のことをご存知の方も多いと思いますが、60歳以上にならないと入れませんが、良い企画で義母はここにはいっているので今回そのおかげでこのツアーに参加しました。やはり私は年齢が足りず違っているけれど特別企画だったようです。年会費確か3000円。列車の割引料金やその他いろりと得典があり今回も船の中でのお弁当や琴演奏は格別なものがありました。
お琴の曲にはおかず(食べ物ではありません)と言うものやゴージャスな間奏がついていて聴きほれてしまいます。日本歌曲や童謡、わらべ歌、たぶん親子のアンサンブルで息もぴったり、有名な流派の奏者のトップの方たちで、最後には男性の方が歌を披露してくださいました。今日が最後のツアーだったようでサービスとのことです。義母たちとてもありがたがっておりました。
3人でいつも大正琴のおけいこをしているから楽しかったのではないでしょうか?
次はお弁当とお酒。ちょっと話が前後してしまいましたが・・・。

| keiko | - | 14:33 | comments(0) | - |

2009.04.18 Saturday

波と桜



綺麗だとお褒めを頂いたのでもう一枚見てくださいね。
トンネル工事で来た人たちが桜を植えて行ったそうで、少し入り江になっている浜辺なので湖上から眺めないとその空間が浮き彫りにされません。
公園に咲いている桜とは趣が違い満潮時(湖にもあるのかしら)水に漬かってしまい大丈夫かななんて思います。
雨のために人が少なかったのは幸いなことでした。
船着場にかえって見たらお花(花びら)のじゅうたんでした。
よく見ると桜の花びらって薄い色少し濃い色、ピンクにもほんとバリエーションがあって素敵なんですね。桜

| keiko | - | 14:20 | comments(0) | - |

2009.04.17 Friday

スーパー80 歳



お花見に行った義母のお友達の中に一人スーパー80歳と呼ぶべき人がいます。大崎神社の船着場を降りて階段を登っていき神社がありお参りをして向こうに竹生島を一望できるところがあり義母ともう一人をおいてそのスーパーIさんとさらに奥に行きました。熟年夫婦と私とIさんだけでしたがIさんはどんどん行ってしまいます。足元も悪いのになんのその・・。(Iさん待ってー)急な切り立った階段を今度は降りていかなくてはならず熟年奥さんは引き返そうとしますがその人に私が「彼女は80歳です 大丈夫ですよ」というとびっくりしてついていきました。その先は浜辺を歩いてくださいという立て札があり、岩の多い水際を歩いていくと・・。
なんと先ほど船から眺めた超スポットの美しい水辺の桜が目に入りました。
浜辺に桜と言うのは珍しく松と言うのはわかりますけど・・・。
帰りは時間が迫っているので焦りましたがちょうどトンネルがありそこを歩いて船着場へ・・。
スーパー80歳にはちょっと驚きです。
毎日のようにアウトドアーで昨日は海津大崎の桜どおりの道を歩かれていたそうで、お一人暮らしとはいえ自由に人生を満喫していらっしゃる。
歩くことがお得意で毎日の様子を聞いていると相当なアクティブ派です。
フォークダンスなどは20歳ぐらい年下の方々と・・・。旅行は山の会から行かれるので相当ハードなものですがOK。
同年齢で実母や突然桜突撃隊長を引退したおむかえの奥さんなどのように不調を訴える派との差はいったい何なのかしらと思います。
性格もとてもあっさりとして母の3人組の共通点はそれぞれ息子二人しかおらずB型とのこと。このことは嫁に迷惑かけず人生を楽しむ独立心旺盛の要因なのですね。
実は私はA型・・。そして息子しかいない。
まあそんなことより老後の味方は好奇心。どんなに時間とお金と体力があってもそれがなければ成り立たないのだから。
誰も行かないような奥地に旅をするほど私は元気ないかもしれませんけれど・・・。母からいつも彼女の話をきかされて目を丸くしている私なのですがびっくり現実に会って頼もしい人生の大先輩に脱帽です。

| keiko | - | 22:38 | comments(2) | - |

2009.04.17 Friday

海津大崎の桜


湖西線は日本の原風景の景色がたくさんあるようなとても眺めのいい路線で最近小旅行に選んでは利用しています。
4月14日(火)直通新快速で大阪から朝10時15分初で11時34分近江今津到着しました。
乗換えがないことが母たちには都合がよく私は後半座ることが出来ました。
到着後港まで5分ほど歩きそこの待合室は風通しがよく待つこと1時間と少し・・・。最悪の雨で風が吹き荒れた天気で頬は真っ青にナリ「琵琶湖就航の記念館」で寒いので時間待ちをと言う係りの人からの連絡でやっと少しそこで暖をとることができました。随分たってからだったので・・・寒かったこと・・・。(モット早く言って・・)
午後1時前乗船。お琴の音色にのせ配られたお弁当を頂きながらついてきた「桜の宴」という小さなお酒を頂き私たちのご機嫌も少しよくなりました。しかしどんなに見事な桜もこの雨にはかなわないでしょう?と思いあきらめていましたが、とんでもない・・・。
この時期は空気がほこりっぽいせいかそれが雨に洗い流されてしっとりとした立たずまいで、桜の色も曇り空にマッチしてかえって美しいように思えました。雨のくやしさはどこへやら・・。散り際というのはもうこれ以上咲かないわよということですから最高のとき?
奥琵琶湖は少し遅れて咲く環境にあるようで今日が最後の見ごろのようでした。ラッキー!(^^ゞ
しかも貸切の自家発電今年の3月就航したばかりの最新式の船なのでゆれないし綺麗な作りです。「MEGUMI」という船で自然の恵みからきた名前だそうで、環境のことを考えて作られています。いまどきのピーアールも万全です。
湖上から見る桜は独特のものがありますよ。枝振りがよく垂れ下がった桜のことを、「万朶の桜」(ばんだのさくら)というそうです。学のある友達を持つ義母が横から教えてくれました。
まあ簡単にいう桜のイナバウワーですね。私はそれぐらいのことしか言えません。まあそれが数百本も岸辺に沿って咲いているのですから、見事と言うほかはありません。京の「都おどり」の千秋楽の舞台を見せていただいたような・・・。うー目が回る・・・。
晴れていたらかなり圧倒されて息苦しくなったんじゃないかと思うぐらいです。桜にあたる?ということもあるのではありませんか?
母たちは大喜び母たちとは再び来れるかどうか・・雨ということも含め実に良い思い出となりました。桜
このあとはスーパー80歳が登場です。楽しい

| keiko | - | 14:32 | comments(0) | - |

2009.04.13 Monday

石南花



夏が来ーれば思い出すーと言う歌の「夏の思い出」の中に石楠花色というところがあって(しゃくなげ)この花がそうです。
母が万葉の会に参加して蕾のままもらってきたもので今日
見事に咲きました。
大きな鉢にきりかえればきっと立派になることでしょう。一見つつじのようでつつじではありません。植物
明日は義母とそのお友達を連れて琵琶湖にお花見のツアーに参加予定ですが、雨の予報が・・!ショック
今日いそがしくて照る照る坊主が作れなかったんです。ごめんなさいおかあさん。

2009.04.12 Sunday

お疲れ日和

毎年この季節には道の桜のお掃除というものがもれなくついてきます。
お向かいの奥さんがいつも突撃隊長で義母が副隊長 私がお手伝いをするのですが、今年から隊長は突然引退し私と義母が二人でやることになり今日も朝から竹箒とお友達になりました。掃いて行くそこから風が飛ばしてゆくのでけんか売ってるの?って感じ!!
遅い朝食の後今度は庭の草抜きです。
最近目が合うたびに義母から庭の草抜き 草抜きー とせがまれていたので・・・。
雑草協奏曲にすっぽりと体を委ねながら1時間・・「ギャー」見れば草が苔のように土にこびりついている。
雑草と言えども必至に生きている姿にひそかに競争心すら覚えます。
ペール袋に2つ満タンの草の収穫。

午後からはミュージックベルのグループのお手伝いに出かけ、帰りは夙川の
お花やさんに発表会のお花の段取りをし夙川公民館に寄り、最終地点は母の施設にお見舞い・・・。
母は心臓に水がたまっているようで少し安静状態です。お医者さんに見てもらって少し気分もおちつきました。
寝てばかりではうつになるといってぼやいていましたがそれだけわかっているのなら大丈夫だわと一安心!!明日はレントゲンをとりに行きます。

忙しい1日でした。春って忙しい?皆さんはどうですか?桜
あといよいよ2週間あまりで発表会です。準備も大詰め。4月29日はハッピー会になるよう心から祈っています!!楽しい

| keiko | - | 21:51 | comments(0) | - |

2009.04.11 Saturday

男の子のピアノ

先日河合楽器の中村獅童似の長身の山添君という23歳の新しいスタッフの訪問がありました。話しているうちにある先生の発表会で弾き語りで出演するということを知り今日はそれを聴きに行ってきました。
なんとなく音楽をピアノレッスンを大きくなるまで受けていたんじゃないか?そういう雰囲気を彼は持ち合わせていたので尋ねてみたらやはりピアノをツェルニー50番までやったというのす。

うちは男の子が多いので男子中学生を二人誘いました。
よその発表会に行くととても参考になります。

彼は森山直太郎の「さくら」を弾き語りしましたが歌より伴奏がとても素敵でピアノでこれからも色々な場所で趣味として弾いてゆけばいいのにと思うほでどでした。コメントには自分が楽しんで弾いている姿を見て皆さんにもがんばってほしいとありました。
ピアノが好きで野球との両立が大変だったようですが、頑張って続けていれば大人になって忙しさの中に少しの趣味の時間を持つことが出来るしピアノは一人でも出来る。
そして一生それを続けて人生を楽しむことが出来ると思います。
心の栄養に必ずなるし、自分を表現することが生きていくことだと思うから。
伊丹のアイフォニックホールは重厚な響きがすばらしく是非今度はバッハなども聴かせて欲しいです。ベートーベンなどもいいですね。

受験期にやめずに頑張り合格したと言うお子さんがたくさんこの時期にちゃんと演奏していらっしゃってそれがとても楽しそうだからすばらしい。
オルガンのためのプレリュドとフーガイ短調(バッハ=リスト)
を弾かれた方は演奏会に出られるためのご出演で感動しました。ありがとうございました。
また明日から勉強の毎日です。拍手

| keiko | - | 23:51 | comments(1) | - |

2009.04.11 Saturday

愛のままに・・・♪

今日はボランティアで弾く曲を物色していたら「愛のままに」という楽譜があったことを思い出しました。秋元順子さんの名曲です。
もう一人のメンバーであるKさんは数ヶ月前からこのお仕事をとても気に入ってがんばってくれています。主にクラシックを弾いてくれるので、私は日本の季節の歌や童謡、耳慣れた外国の曲にしています。
道中は桜が本当に綺麗でした。甲東園から甲山、鷲林寺に抜ける道は西宮では1・2を争う名所だと思います。北鈴蘭台までの山道にもたくさん咲いていました。いつも見る道の絵なのに日本画の風景のような感じがしました。義母は桜が咲くと毎年なんだかうれしいわね・・とつぶやきます。確かに毎年同じ場所に咲く美しい桜の開花は心に平安をもたらしまた晴れやかな気分になるのですね。「どうだす?・・・今年も無事咲きましてん・・・見ておくれやす」桜と日本人にとって桜は分身のようなものかもしれません。
ピアノサロンは7階で一番日差しが強く窓を開けたくなるぐらいでした。
あたたかな春の一日音楽のお届け便はどうだったのかしら?
小学生の女の子がかいがいしく病気のお婆さんのお世話をしている姿がとてもほほえましく、孫は何もしなくてもそこにいるだけで充分可愛いのですよね。女

ところで金本様が昨日も今日もまたここんとこ通算7本もホームラン打っているのに勝てないってどういうことでしょう。ぷんぷん。野球

| keiko | - | 00:13 | comments(11) | - |

2009.04.08 Wednesday

金本様

ご健在ですね
阪神タイガースの守護神。
昨日も打っては打たれ打たれては打ってと随分シ−ソーゲームの末あなたのおかげで逆転勝利しましたね。
私はほとんどあきらめていたのでニュースで聞いたときは小躍りしましたー!!そして今日の3ラン2ランソロ 2打点のヒットは歴史に残る成績だですね。おかげで今日も勝ちました。うふふ!!金本様お疲れ様です。拍手

| keiko | - | 23:54 | comments(2) | - |

2009.04.08 Wednesday

谷川俊太郎

朗読とピアノのコンサートが兵庫芸術文化センターであり、中ホールへ向かいました。去年も今ごろ行きましたが私にとってはまた新たな発見がありました。詩人の谷川さんはおもしろくとてもよくわかる詩の内容をたんたんと伝えていきます。それに歌や曲をつけた息子さん。綺麗な澄み切った音の素敵なジャズピアニストです。
そこへ歌姫やベイシストが加わってとてもおしゃれなステージに仕上がっていました。
どこをとってもバランスがいいのです。
空を舞う雲のように自由なリラックスした空間が心地よい時間を作り出していました。
人に対する思いやりを詩に託し音楽を愛する谷川さんの心が届きます。おしゃれなパッケージに入れられたプレゼント・・それを何げなくそっとどうぞと渡されたような不思議な満足感はいったいなんなのでしょう!!嬉しいプレゼント

| keiko | - | 00:03 | comments(0) | - |

2009.04.07 Tuesday

桜そば



今日は発表会の打ち合わせで集まりお昼に湯布院の「桜そば」(この時期にはいつもコープさんの共同購入で買います.)を食べました。
2人前だったので細うどんも足して4人前にしました。
2色の楽しいざるそばです。麺には桜の葉が練りこんであり、つけ汁には金粉が入っています。春の気分のふさわしいランチとなりました。

その後レッスンがあり子供たちの発表会に向けての奮闘振りに感動が沸きました。今日から小学校3年生のK君、ピアノも上達しましたが、「旅立ちの歌」の上手なこと。2時半に出かけなればならずバイバイしましたが、その声はレッスン室の外から自宅にもどるまで聴こえていたのではというほど気に入ってうたってくれていました。実は後ろからそっと追いかけていたかった私なのです。生徒たちの音楽を楽しんでいる姿にここのところ心打たれる日々です。拍手

| keiko | - | 23:20 | comments(0) | - |

2009.04.06 Monday



朝一で桜を愛でようと車を走らせました。少し霞がかっていて関学の桜もまだ満開ではありません。この写真はうちのガレージの前の桜を撮ったものですが、桜が額ごとポトリぽとりと落ちています。
こんなことははじめてで綺麗なお花の形の桜が花びらと違って妙に存在感があります。虫が付いたのではと母が心配していました。なんせ姥桜なので・・・。
お昼ごろ夙川沿いに車を走らせ夙川のお花屋さんへ行こうと思ったら車を置くところが見つからず結局は帰ってきました。花見客の多さは昨日は12万人だったそうです。今日は満開に近くこの週末ぐらいまでもつのでしょうか。桜

| keiko | - | 22:59 | comments(2) | - |

2009.04.05 Sunday

お待たせしました(^^ ゞ


お待たーー!!
えっ?誰も待ってないって?
ぼくですよ!僕ーー!デュラン  仁川の☆
今日は久しぶりにママとお散歩に行きました。桜もようやく咲き乱れ僕もやっと冬子ちゃんに別れを告げれそうです。早くこいこい春子ちゃん。
え?もう来てるって?そうだよね冬用のコートはもう僕はクリーニングに出しました。夏用のコートは注文中なので今はちょっと古着で我慢してますワン。
ママは僕がちっとも外で言うことをきかないといってはぶつぶつ!だって外に出ていると気持ちよくてつい走り回りたくなるんだもの。
元気が一番だワン(こらデュラ子になるな)ショック

帰ってから阪神タイガースが試合をしていました。
新外人メンチ選手が出ていました!おい打て打たないとミンチにしてハンバーグにして食べちゃうぞー!!とファンの誰かの叫び声(私)
それもいうならメンチカツ(勝つ)やろーと誰かの声。
はいまた危なっかしい阪神タイガースのシーズンの始まり始まりーーなのです!!野球

2009.04.04 Saturday

義母のこと

義母は主人を早くなくしました。まだ30代?アラフォー世代です。
二人の息子を一生懸命に育てました。綺麗で賢い私の尊敬する理想の人です。趣味はダンス・大正琴でしたが最近は俳句を中心にしています。
よく天と地・・・(評価最高とその次)の成績をもらっているようです。
84歳の今も元気で体の管理もしっかりと自分でし、家事を満遍なくこなします。教わることの多い毎日です。
先日「女の気持ち」という毎日新聞の投稿欄にあるお嫁さんのお姑さんに対する愛ある文章が載せられていて、じーんと感じました。
お嫁さんと合わないお姑さんの話を聴く昨今、この方は同居し舅さんがなくなった後お姑さんをそれが原因のうつ病から立ち直らせシニアカレッジにかようお姑さんを応援し続けました。
戦争のため学ぶ機会を奪われた世代だからと・・。
その優しさにほのぼのとした心の豊かさが感じられます。
「老いは、装いこそ違え、青春に勝るとも劣らぬ好機ナリ」と第二の青春として詩人ロックフェラーの言葉が添えられていました。

幸せなお姑さん。私も少しでも後悔のないようにがんばりたいです。

| keiko | - | 23:34 | comments(1) | - |

2009.04.03 Friday

グレンツェンピアノコンクール

朝レッスンを終え、グレンツェンコンクールの本選があるシンフォーニーホールへ向かいました。 今日も気温は上がらず桜の花が寒そうに咲いていました。出場するAちゃんは3年生。4月生まれで体もその学年のなかでは大きくピアノもセンスがあり私は期待していました。
でもここのところ反抗期なのか練習が足りません。
押してみたり引いてみたり・・・。お母さんの協力の下今日の日を迎え無事準優秀賞を獲得しました。おめでとう。次はグレードテストに違う曲で挑戦します。
そして発表会も控えて・・・。

コンクールの嫌いな先生もいるとか・・・。
でも今日行った感想はやはりレベルの高い演奏に向けて努力している姿を見るだけでどんなに勉強になることかいうものです。それほど難しくない曲にあんなにいろいろな表現がある事が驚きなのです。
やはり私は続けることにしました。
自分のためにも生徒のためにも最高のレベルのレッスンを目指してがんばります。Aちゃん本当にありがとう。お疲れ様。拍手

| keiko | - | 00:58 | comments(0) | - |

2009.04.02 Thursday

手紙

昨日は夕方母にプリンを届けにいきました。ちょうど夕食の時間でお部屋にいなかったので母のベッドでテポドンのニュースを人事のように聞きながら・・ついうとうとしてしまいました。
ってことは食堂にいく元気が出てきたのでよかった。(主語は母)

先日ミルの集まりでいつも遅れることのないH先生が待ち合わせの場所に来ないので心配して待っていたらお義母さんの面倒をみていらっしゃりこのことで遅れてこられたとのこと。ご自分のご両親ともご一緒に住まれて彼女にはいつもほんとうに頭が下がる思いです
教会でそのことで教えていただいたお話(お手紙ー親愛なる子供たちへー)を皆にコピーしてくださったので(ミルグループは同じ年代でとても共感できるものが多いです)またここに書かせていただきます。
(私も今の自分の状況が似ているので共感するものがありすぎました。)
しみじみと心に感じるあたたかいものがありました。
以下は引用です。

手紙ー親愛なる子供たちへー

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのまま私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなこと教えたように見守って欲しい
あなたと話すとき 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい
楽しいひと時に私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 色々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい
いずれ歯も弱りのみ込む事さえ出来くなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私にどうか私の手を握らせて欲しい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい
私の子供たちへ
愛する子供たちへ


| keiko | - | 12:06 | comments(0) | - |

2009.04.01 Wednesday

冬子様

きらきらした光が差し込む4月だというのになぜか手足が冷えカーディガンが手放せないでいます。
ある詩を紹介しましょう。

美しいのに愛されていないものを愛そうと
ひとり心動かされた私は
四季のなかで
冬をいちばん愛する

そしてその病的な青白さを追い求める
それは死ではなく、大いなる静けさ
世界を覆いこむ薄暗い雲には
暗さ、寒さよりも
まだ眠っている光と暖かさを感じる
その寝息に耳を傾けると
雪の薄掛けの下で息づきはじめた
収穫の小さな命の鼓動が聞こえる

コベントリー・パトモア
未知のエロス

ターシャテューダーさんの追悼コンサートでこの詩を読んでいただきその後にメラルティンの「バルカローレ」と言う曲を弾きます。
北欧の曲を紹介された舘野泉さんのCDの中で一番好きな曲です。
暗くて悲しくてどうしようもないメロディの流れの中に一筋の光を見出せます。
音楽の究極の美しさはそこにあるのではないでしょうか?

朝から春休みの午前中レッスンで午後すぐに母のところに以降と思ったのですが、あまり時間の余裕がないと母にも悪いので夕方行くことに。
ちょっと缶詰状態の私。昼ブロ中!!
せっかくの行楽シーズン早く春色の汽車に乗ってどこかへ出かけて行きたいなあ!でも小2Y君は相当力をつけてきましたし小5Sちゃんは「旅立ちの日に」の練習の最後にふと見た彼女の顔がにこにこ笑っていて・・・私があまり気持ちよさそうに大口で歌っているのを聞かれてしまったかも・・・。
二人の表情に春を見た感じがして「ごちそうさま」。(イチロー風に)野球

| keiko | - | 14:25 | comments(4) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< April 2009 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Recent Comment

Archives

QR Code