「阪急電車」

やっと見に行きました。
自分の普段使っている沿線の電車の駅が舞台でこんなに全国ロードショーにメジャーデビューする映画ができることに驚いていました。
あまりにも身近すぎて逆に見に行くのを戸惑うぐらいでした。
原作も読んでいないので・・・どうかと思いきや・・・。
物語が進むうちなんとおしゃれで素敵なお話ばかりかと思いました。
出演者がいい。特に中谷美紀。花嫁衣装のドレスが本当の花嫁より遥かに似合っていてあの背筋のピーンとした美しさはしなやかで女優の極みです。
どこにでもあるような男女の物語。ひきこもごもいろんな人生を抱えて生きているんですね。でもその中から何かに気がつき希望を捨てず次へ進もうとする姿・・そしてだれかにその想いを分けてあげようとするそこにこの映画のよさがある。
出会いや 人とのつながり・・・何が本当に大切なことかを教えてくれる・・・。
電車の中の大阪の下品なおばちゃんたちは悪役になりきってすごいことになってました。ちょっとあれはやりすぎ。全国のみなさんあんなおばちゃんたちは阪急電車には乗っていませんのであしからず・・・。
宮本信子が浮いてると批判されているレビューがありましたが彼女がいなければこの話の値打ちはありませんよね。わからんやっちゃ。
孫役の芦田愛菜ちゃんはとっても可愛いかったですよー。
阪急電車がこんな素敵なお話に恵まれてにこにこと走っている姿が毎日みられて幸せ。明日からほのぼのとした気持ちで乗車してみますね。電車

におい袋



可愛いでしょう?
これは義母が俳句の会でそのお仲間のお友達から頂いてきたものです。
組みひものお師匠さんだそうで、夏らしくなんておしゃれなものかしらと思い写真を撮りました。小さなポプリの袋がはいっています。
車のミラーにつって飾らせていただこうかな・・・?

今日は朝から母から心臓の具合が悪いからお医者さんに行きたいと相変わらずのラブコールで様子を見に行きました。
ホールで皆さんとゲームに興じているではありませんか。ぼーっと見学しているといきなりそのペットボトルゲームに飛び入り参加させられ緊張で点数はいまいち・・・。いやーん!クヤシイ。
母は先ほどいまにも死にそうな声でしたが、気がまぎれると回復するようです。
お昼御飯の食堂につきあい、お部屋で夏服の整理をしました。
私の顔を見ると安心し、父が亡くなって気丈に一人暮らしを謳歌していたころの母とはえらい違いの弱り方です。私などは心臓がどこにあるの?というぐらいそのことをこの年まで気に留めた経験がありません。私には甘える娘がいない。私の心臓君しっかりね。大丈夫?
甘えられる母は幸せだなあと思うとその意味では逆によかったなって思えます。
夕方から義母と「阪急電車」を見に行く約束をしました。
西宮OSは18:30からなので早い夕飯をガーデンズで食べて行きます。
この夏はやはり高齢者にはきついですね・・・。涼しい映画館はもってこいの避難場所ですね。!(^^)!映画

なでしこジャパン圧勝

まるで音楽を奏でるようなリズミカルなボールさばきと試合運びだったとドイツのある有名誌で語られているとか・・・。
もうこれは絶対に優勝しかありませんね!!
被災地にも大きな勇気を与え私達に希望を投げかけてくれたなでしこジャパンがんばれー!

Go to top of page