ウォーキング開始



紫陽花は葉っぱがとても立派だということが特徴ですね。
額紫陽花も一緒に庭から切ってきてノカンゾウというオレンジの花と一緒に生けてみました。
義母が暑さに参っているので少しでも見た目家の中を涼しくという気持ちからです。
額紫陽花が可愛いね!!綺麗だわと何度も言ってました。嬉しい

ライトさんと「14ひきのおつきみ」の練習の後個人練習して清和幼稚園に0歳コンサートのチラシを置かせていただきに行きました。快くお引き受けいただきにこにこ顔の優しい先生のお顔が忘れられません。暑い時期なので近隣の方々がお誘いで来てくださることが一番なのでね。ありがとうございます。

今日はそのピアノの練習とお買い物に車で出かけただけなので夜10時ごろ家の中はむっとしていますが外はかなり涼しく感じたのでウォーキングをしてきました。これから朝と晩お天気の日は毎日実行したいと思います。これで少し運動不足解消。無理なく痩せられるかな。(>_<)

LUCUA



長男が高校時代のPTA仲間でコスモス会というのがありおよそ2カ月に1度集まり今日は新しくなった梅田のLUCUAで食事をということになりましたが、これほど変わってしまったらどこがどこかわかりません。
時計台もいくつもあって待ち合わせでまず迷子になってしまいました。
JRで来る人と私とは反対方向で待ち合わせ時計台がいくつもあって梅田側のそれとは違いました。店の店員にきいてあちらにいって見るとまあなんとJR大阪駅の線路の頭上にすごい広いブリッジがありました。そこは風がとおり待ち合わせには最適。携帯があって助かりました。
ルクアのレストランは人がいっぱいで結局大丸の14階の「燦」と言うお店へ。
孫がいたり息子が結婚にして同じ世代のママ友なので話題は尽きません。
音の絵本のコンサートの趣旨を話して絵本好きなUさんが来ていただけたらっと思いました。なんだか楽しい5人組です。

帰り新響楽器でVIPルームでレッスンしました。ブルグミュラーコンサートに出演の人は無料で借りられました。あと一カ月・・・。成長が期待されます。

夜は耐えられないほどの暑さとなりエアコンにたよってしまいます。
自分の身体を保つこと・・・。ピアノ教師は体が資本なのでごめんなさい。
しかし体中に冷えピタを張りたくなるような暑さですね・・どうなってるんだろう(>_<)・。汗

90歳の現役ピアニスト

たけしのテレビ番組で室井摩耶子さんという90歳現役のピアニストがなぜ筋肉量が38歳なのかを検証していました。
それは内臓が丈夫であるから。
そして週に4日はたっぷりお肉を食べる。好きなことをしストレスをためない。規則正しい生活。
顔の表情がとても楽しそうで毎日5時間の練習を欠かさないそうです。お腹が減るそうですよ。
かつて肺がんの手術をし今や肺は健康そのもの。
ピアノというもので体を鍛え音楽で呼吸を整えていることが効をそうしているとか。私はピアノは脳も鍛えると思うのです。
音楽・・その効果は恐るべし。びっくり
たまに練習した日は次の日起きると朝腕が痛いなどどぼやいている私。腕の重みに耐えられず体中にきしむような痛みが走ります。筋肉が弱っている証拠。つまり運動不足ってことですね。情けない。(>_<)これほどのよい健康法はないというのに・・・。

今日母を見舞う前、仁川の絵本図書館に0歳コンサートのチラシを置いてくださるようにお願いしくるみ幼稚園では100枚配っていただけることになり喜び勇んで母のところに向かいました。
ハルのビデオを見せ母の機嫌もよく、帰りは義母ようにコープでイサキのお刺身を買いました。
車とはいえこの暑い中元気に動けるのはありがたいなと思う今日1日でしたジョギング汗

14ひきのおつきみ

やっと全容があきらかになりました。
前回のアートフェスティバルでの連弾演奏は抜粋だったので、芦屋の七夕コンサートでは全員参加で分担し7曲全曲演奏します。7月3日芦屋の潮見集会所でミルフィーユメンバーのW先生の発表会も兼ねての七夕コンサートに参加します。
今日練習があり緑豊かな潮見地区のその集会所でクラビノーバで練習させていただきました。チームワークも上々。
月や星など天体は音楽と深いつながりがあり最後の渾身の力が込められているこの連弾作品「14ひきのおつきみ」はとても不思議な魅力のある作品です。
絵本の世界に引き込まれていきました。
いつか発表会で生のピアノで大きな画像を見ながらやってみたい。
自然の中にネズミたちの動きやお話が生き生きと描かれていて心が洗われます。
みごとに絵と音楽がマッチしてお月さまが出る瞬間 背景は赤い夕やけの色が落ちて闇への変化。その時間芸術を私達は体験することができます。なんか贅沢ーー!
2階の押し入れに椅子に使った御座布団を片付けに行くと、広い講堂の一室で音楽が聴こえました。一人カセットプレーヤーが体操かダンスの音楽を流していて誰もいない。
え?私に踊れって?その後私はどんな行動に移ったかわかります?(^_-)-☆

朗報です!

去年の9月に母はおでこを打撲し慢性副鼻腔炎の影響ではれ上がり10月に手術を受けました。
そしてそのことが眼にも悪い影響を及ぼし兵庫医大の眼科と耳鼻科にお世話になりいまに及びます。朗報は眼のほうが完治したということ。
同じ階とはいえ一度に両方かかるのは時間もかかり大変でした。
原発は副鼻腔炎。いきなり津波と地震が起きた母のおでこは破損し中に汚染水がたまり鼻のなかから逃げ道を作り流れ出るようにしたのですがなかなか思うようになりません。
しかしかさぶたがなくなり鼻の内部が綺麗になってきました。
あとはおでこの内部が綺麗に完治すればよいのです。
あきらめず通い続けたことがよい方向に行っているようです。今日病院で主治医の先生にホッとした様子でその話をうかがいここに報告しますね。(*^^)v

しかし福島原発・・・。汚染水の色がオレンジ色に変色し異様な形相になっているのをテレビで見ました。
今後日本であらゆるところで地震が起きる可能性を思うと脱原発に限ると思います。それこそ朗報を!!

余呉湖

台風が来て梅雨時のじめじめした暑さが急に真夏の暑さに変わりその不安定なお天気をかいくぐって琵琶湖の北にある小さな余呉湖を一泊二日で訪ねました。
蛍と紫陽花のシーズンでもあり、その小さいながらの湖の佇まいは穏やかで夏の観光客の訪れを静かに待っているようでした。
隣の長浜は今や「江」で有名です。
あまり観光地化されていないところがよく湖畔の国民宿舎余呉湖荘の支配人のおかげで近距離ながらお寺も多くあり戦国時代の歴史にそっと心をワープさせながら楽しい旅ができました。羽衣伝説と言うのがあり、その天女が菅原道真の母であるというロマンの里でもあるのです。花と緑の美しさと夜は若いころに子供たちを連れていった信州の蛍の光以来の自然の折り成す光のショーにこのところの忙しい心身の疲れをすっかり忘れることができたような気がします。
何といっても空気がおいしいところが最高。
是非皆さんも訪れてみてください。(^_-)-☆
yogoko6yogoko5togoko4yogoko3yogoko2

やったぜ兄貴!

お互い交流戦で疲れた体をぶつけ合った試合!
今日の阪神タイガースは復調の兆しあり。
空周りの巨人に勝ちました。(*^^)v

みたらしだんご

mitarasi

姪たちが働く一画の視線の向こうにいつも人だかりの和菓子屋さんがあり行列を作ります。「みたらしだんご」でどうも有名なお店のようでした。
姉夫婦と視察に行ったその日姪たちの要望で姉はそれを買い私はそのお店で生クリームどらやきを買いました。
帰って食べてみるとどちらもおいしい。「みたらし」は確かに行列の味。
そのお店の名前は「浪芳庵」。
写真を撮らせれば抜群の姪の携帯から写メをゲット。どう・美味しそうでしょ・・。
最近洋菓子より和菓子に目が行きます・・。(*^^)v
それにしてもこの2・3日の暑さは来たなーって感じですね。疲れますゥ。

JR三越伊勢丹



義兄の経営する尾崎食品の商品「柑橘王国」がJR大阪三越伊勢丹のプロモーションで地下2階で1週間試飲販売をしたところ大変な売れ行きで昨日見に行きました。
その売り場は何か関西の阪神や阪急のデパ地下にはない清閑な感じで上品。
これが関東から北のデパートのイメージなのかと感じられました。
わずかなスペースですが、角で場所がよく反対側にお店がないのでどうしても眼に着きます。父の日の進物などによく売れて休憩が取れないほどよく売れて「いらっしゃいませー」ではなく(気持ちはもういらっしゃらないでください)というほど対応しきれなかったとか・・・。
朝早くから毎晩遅く姪たちの頑張りにエールを送りたいです。
立ちっぱなし一週間御苦労さま。
これからも売れ行き好調であったことから同じように出店が予想されるとのことです。
「しょうがミカン」がとてもおいしかったのでお勧めしますね。グッド

ソナチネコンサート

19日午後から母をハル家族と見舞いその後新響楽器のソナチネコンサートに行きました。
西宮プレラホールでした。
プレラホールは以前に反響板が取りつけられてからずいぶんと音がよく響くようになりました。
レベルは高く子供たちがソナチネをあれだけ美しく表現できるなんてといつも感心するばかりです。
3年生のMちゃんは初めての出演でした。少し緊張でかたくなってしまいましたが初めてにしてはがんばりました。この場所に出るということがまず勉強です。良い経験になりましたね。

その後夕方6時ごろJR尼崎のラウンドワンにお友達に渡したいものがありカラオケルームへ・・。その後午後8時にJR大阪の姪たちの応援にと思い千鳥足で行くとJR尼崎からはとてもたくさんの線があって最初は北新地に・・・間違いに気がついて次は福知山線に乗り・・・。ついにこれは無理だと西宮に戻ることにしました。何やっとるの!
しかしjRの三越伊勢丹に行く前にJR尼崎の変わりようにびっくりした次第です。びっくり

千客万来



18日はまたまたハルちゃんの一歳の我が家で家族お誕生日会でした。麻美ママのお母さんも来ていただき賑やかな一日。次男も来て大人七人。ハルちゃん入れて8人の楽しい時間が過ぎてゆき夕食は手巻きずし。唐揚げもしました。
ハルは家の中をよちよち歩き周りもうすっかりハイハイ卒業。
食事は大人と同じものをしっかり食べ食いしん坊の異名をもち・・・。
これからもしっかり楽しい子育てを・・・。
いま一番可愛い時。(*^^)v
夜遅く姪たちも仕事先から帰りハルは人気者。
合計10名
ばたばたな一日。でもハルのためならえーんやこらー!

ハルマをさがせ


母の電話

82歳の母から電話で口紅を買ってきて・・・と何度もラブコール。
私は大げさに言うと人生の転換期を迎えていてそれどころではない大忙し・・・。姪たちが四国から仕事で大阪に出てきているので何かと用事があります。叔母として一生のうち面倒を見てやれる時がいまかと娘がいる母を疑似体験。
さすがに今日は3度目コール・・・。近くの薬局で私の美人秘薬を買い母の口紅を選んで持っていきました。少し桜色がかった薄いローズピンクとでもいいますか、母を想像して選んでいる時の幸せな一瞬。年を考えなさいよ年を・・。と思うんですけど化粧をする余裕が少し出てきたのだなあと嬉しい気もするんです。

夜に金スマを見ていて「心を整える」の長谷部選手が出演していました。
なんと思いやりの深い謙虚な選手だろうと感心し、学ぶことが多くありました。人の上に立つ人のレベルの高さに感動しました。
PKの失敗でベスト16位に終わった日本チーム。落胆する選手たちの中で一人前向きになり失敗した選手を思いやり歩きだしているその写真は彼の生き方のすごさを証明していました。
どんなことがあろうと自分を律してゆける・・・そんな彼を育てたご両親おじい様すばらしいです。

真っ白な紫陽花



いつもより早く起きたので朝からお庭の草抜きをしました。
なにが大変って蚊にかまれることです。手首から肘まで8分そでのブラウスではそこをめがけてきます。大きな袋いっぱいの雑草達。
庭仕事は普段からやらないとー!っていつも思うのですが・・
今日は綺麗になって気持ちいいです。
もう一日残りをやっていしまいます。
ムヒのひやっとちくちく感が最高・・・。ところでお花、いまの時期はアジサイですね。

昨日の阪神の話の続きですが今日ダルビッシュの日本ハムに勝ちました。
(*^^)v!やったね。

阪神タイガース

今日の日本ハム戦は投手戦となり最後の9回で関本が決め1対0で勝ちました。相手のピッチャーにタイミングをはずされこちらの岩田も完璧なピッチング。互いに0行進が続きました。まったく阪神の打線はしめりっぱなし。得点チャンスを逃してしまう失態もありました。最近の試合は交流戦でコテンパンにやられている姿を見たくないからあまり見ないけれど周りのセリーグもずいぶんやられているような・・・。
パリーグの強さに圧倒され情けないセリーグ。
また明日の日本ハムはダルビッシュということで1イニングもまだ点を入れられていない怪物投手。阪神タイガースは赤子の手をひねられるような結果にはならないでね。ドキドキハラハラさせるのが魅力の阪神だけれどそのレベルまでもいけない時がある・・・。どうしちゃったのかなあ・・・。
こんな時の救世主。現れろ・・・。ファンは応援の手を決して緩めることなく待っています。(*^^)v野球

音楽の底力

今日北村先生のちえの輪倶楽部の総会が高槻でありました。
子供を教えるとはどういうことか・・。ピアノを教えるとはどういうことなのかを知るため高槻まで月に一度通っていたころを懐かしく思い出します。
今日は震災後初めてのお話も聞くことができました。
私達音楽関係者にできることは何か。
先生は一途に音楽を愛されていて10代に闘病生活を送り音楽を支えとし大学で音楽学を専攻されその道へ入られてから音楽そのものの魅力をいろいろな形で私達ピアノ教師にわかりやすく語ってこられました。その一言一言が今の私に息づいています。
中でもショパンの研究に力を入れられモーツアルトャショパンは頑張らないといけない時に聴く音楽と言われました。
ショパンの生き方そのものが私達に勇気を与えてくれるものだからです。
実際に戦争や災害が起こった時音楽は人の心に多くの影響を与えていることが報道されています。
クラシックは時代を超えて残るものでそれこそが芸術といえるのです。
自己満足ではなく人のために音楽を・・・。音楽という素材を持っている私達教師は生徒たちの未来に何を伝えられるでしょうか。
これからは自信を持って毎日を精一杯過ごし、そのことに邁進してゆく人生を是非送りたいと思いました。ときめき

直前レッスン

明日がテストで中間試験の一夜漬けのマンツーマン家庭教師のほうがまだましです。なぜなら暗記したり覚えたりすることなどは直前のほうが忘れなくて効果的。
でもピアノだけは練習の積み重ねで結果を出すもの。
手が直前講習では覚えてくれません。
しかしながら前半はよくがんばったこと。やはりまだあきらめずがんばっていたのです。後半は楽譜がまで読めていない。
どうする?明日が本番のようなもの。お互いにいらいらする気持ちが伝わりながらも私はコードネームや左手の動きに対する意識のしかた。何度も何度も繰り返しやらせているうちに少しできるようになりました。後は明日まで自分がどれだけやれるかです。
Aちゃん今日は休日を返上して本人の方からレッスンを希望し(その割には態度がでかい)明日13日のテストに結果をだすべくがんばりました。そのことがこれからのレッスンに生きることを期待して・・。ほんまにバトルやったわー!

ハープのコンサート

午前中珍しいコンサートに誘われて行ってきました。
野田千晶さんというハーピストのコンサートです。逆瀬川に住むAKKOさんの生徒さんがハープを習っていて「癒されます」という言葉に弱い私は逆瀬川のとあるギャラリーに足を運びました。
あの細い体やしなやかな指で大きなハープから醸し出すハープの音色にうっとり・・。ムーンリバーでは鳥肌がたつぐらい。珍しく練習曲も披露して、きいたことのないようなハープ作曲家のジャズっぽい曲は3人ぐらいのギタリストがいるような感じでとても楽しかった。
伴奏とメロディが絶対一人でやらなければならない。それゆえ、ずれることもなくソリストの心が伝わり一人でしかできない技術などぺダリングなどの難しさも相当なのでしょうが楽器を奏でる楽しさ難しさ醍醐味・・・わかるだけに感動もひとしおでした。
指の強さはピアニストの比ではないと思います。当然心も強くなりますかね。また行きたいな・・・。ラブ

佐渡裕&ベルリンフィル

題名のない音楽会で佐渡裕さんのベルリンフィル指揮の模様が連日番組で取り上げられています。
先日のショスターコービッチもすばらしかったですが今日の武満徹さんもすごかった。風の音や自然化の音をすべて打楽器やオーケストラで表現しそのぴたっとした映像のような音楽は現代音楽の域を超え祈るような響きでした。チベット仏教などからヒントを得ているそうで音楽には国境も人種もなく自然界にある生命の息づかいそのものだという気がしました。
楽器は確かに動物の身体からできているものが多く木でできている楽器もあります。演奏する人々のインスピレーションを一つにし何かを生み出そうというエンルギー。伝えようとする力。武満徹の音楽はベルリンフィルと佐渡さんを見事に融合させお互いの信頼感が演奏をよりいっそう引きしまったものにしていました。お互いを信じ合えば1たす1は100ぐらいの力になる。音楽ならではのことかもしれない。
いえアンサンブルは日常の生活にも欠かせないものですね。

親子コンサート

11日尼崎のアルカイックホールミニで0歳からのクラシックと題して親子コンサートがあり午後の部にG4はかけつけました。
ピアノとバイオリン。チェロの3人のグループで自分たちも小学生のいらっしゃるプロの楽団員のお仕事をしているママたちでした。
情熱大陸で始まりエトピリカで終わりました。
子供たちの知ってる曲ばかりで楽器を実際に使って舞台で参加させたり、あっと言う間の1時間。バイオリンの音色は素敵。
200名ぐらいのお客さんでも知っている曲だからかとてもおとなしく聞いているし楽しんでいました。
私達はいろいろこれから学ぶことが多いです。
リトミックを含むギロックオンリーで絵本。童謡、唱歌、クラシック。
それだけをどう料理して楽しんでもらえるか。また来たいなあと思える時間にどこまでできるかですね。工夫の余地がありました。(*^^)v

ようこそ先輩

朝の9時半桜のことが一段落してテレビを見ていました。
ちょうど「ようこそ先輩」がこの時間で以前歌手のクミコさんが出演しているとを聞いていた事を思い出しました。
先週だったら見過ごしていたけれどもし今日ならいいのにとテレビ番をみたら今日でした。
ぐっどたいみんぐ!義母と真剣に見てしまいました。

あの私の大好きなクミちゃんが先生をすることになりました。
へこたれない歌をつくる授業・・・。埼玉県の生徒たちは多感な6年生。現代っ子はこまっしゃくれてしらけているのかと思いきや悩みは多種多様。純粋な子たちでした。「ともだち」という歌を震災後でも歌えるとクミコさん。石巻で被災した後はなかなか歌うことができなかったそうです。歌うことは何かちからになると・・・人に伝えることは何かちからをくれると・・・。想いを持つこと そこから授業は始まります。

先ず1番は自分の悩みを歌詞にしてチューリップのメロディに合わせ歌います。次の日には2番は自分の友達の悩みを聴いて励ます歌を作る・・。
真剣で素直な子供たち。
ありがとう  ありがとう みんなに逢えたこと
君たちの未来に・・ありがとう

彼女が作った詩はこんな感じでした。素敵ときめき
人生の中で苦労人の彼女は人と人とのつながりを持ちそのことを大切に思いやりを持つことが人生ではどれだけだけ大事かを知ることができたと言います。
一人の人はいませんか?震災で困っている人に声をかけてあげてくださいというメッセージもありました。

メルトダウン

今朝は土曜日で週末の疲れが朝の寝起きの悪い身体をよけいだらだらとさせていました。そこへぽつぽつとした外の雨音にいきなり義母の高音の声が混じります。
なにやら様子がおかしい。
「大変よ、桜の木が倒れてる」通りがかった中学生の男の子がインターフォンで知らせてくれたそうです。私はあわてて玄関を開けて外を見ました。
な・な・なんということでしょう。びっくり
家のすぐ前の街路樹の桜が太い枝の付け根からごっそり大きな葉っぱたちの塊の重みに耐えかねて折れどーんと家の入り口をふさいでしまっているではありませんか。道路は人が一人通れるぐらいしか隙間がなく車はまったくとおれません。古い木でもう50年ぐらいはたっているでしょうか。
うちの自慢の桜でした。可愛そうに・・・。悲しい

偶然今日は地震からちょうど3カ月、ふと思うことは人とはいつなんどき災害が起こるかわからない危険と隣り合わせの日々を送っているかということです。もし倒れた瞬間人がそこをとおってたり車が通行中ならえらいことになっていました。
緊急災害対策室が電話を調べるとあったのですぐに連絡し撤去してもらいましたが、クレーン車がゴーっと音を立てて処理をした後、傷跡の割れ目がぱっくり開いて痛々しいです。

そういえばメルトダウンという言葉が報道されていました。意味はまったく違うとはいうものの何かが壊れ落ちたような感じが私の中でこの言葉とオーバーラップしました。(T_T)

前の家の御主人が近所のもめごとから10数年前この桜の大切な枝を無理やり役所の人に切らせたのが私は発端と見ています。そこの傷跡から病が生じました。人災です。毛虫や葉っぱの処理で長いお付き合いの桜達・・・。年だから・・病気だからと・・・やはりあなたたち木は生きているのですね。一つの歴史的人物が消えていったような淋しさです。汗

ジャパーン!

haruwahuku
僕は子供お笑い芸人のハルです。
おばあちゃんブログのテンプレート和にあわせて和服で登場しました。
なにがそんなにおかしいかって?
僕も実はわからないのよ。(あっはるシンゴになちゃった)

ピアノは小さなオーケストラ

オーケストラの団員は10名です。
一番深く低い音を出さなければならない団員は一番小さな身体です。そして中間部の優しい音を出さなければならない団員は太っちょさんです。少し不器用で怒りん坊。ほかの団員たちはスマートですらっといている割に前者がしっかりしなければ一人立ちできない頼りなげな存在。
10人の団員がそれぞれ隣同士の音を聴き合わなければこのオケはばらばらに・・・。
指揮者は常にわがままな団員達の役割を決定づけ音楽的に曲をまとめ仕上げてゆきます。大変です。
そう・・リトルピアニスト諸君。あなたたちは偉大なる指揮者なのですーー!一本一本の指たちと会話してね。時には優しく・・そして厳しく自分を見つめて・・・。
成長エネルギーが出てとっても脳が喜びます(*^^)v!
最近1時間ではレッスン時間が足らない生徒続出。
それはよく練習してくる子が多いのでさらに良くなればと深みにはまります。得難い体験です。子供相手に熱くなってママの前でも怒ってる自分がいる・・・。汗

祈るような気持ちです。

あと1ッ週間でオーディション。
合同音楽会のピアノ伴奏の・・・。
そして決まった翌日には本番だそうです。
精一杯教えました。で・・少し前半が弾けるようになり後半はまだまだでした・・・。先日教えた時だんだん暗くなってできそうにもないようなって態度だったので絶対に途中で投げてはいけないと叱咤激励・・・。
小学校の6年忙しく時間のない子にこの曲は難しいと一瞬引きましたが、イチカパチカ私がそんなでどうするっていう声が聞こえ・・(どこから?)教師魂かな。(だからもっと普段に練習をしておきなさいと言ってるのにうーんもー)・・。あらゆる練習法や回数をこなすにはどのようにしたらよいかなど教え込み・・・。確かに目標がありそれをクリアーしようという所には実力がつきます。結果はどちらでもいいけれど挑戦したことでの成長が期待できるのでAちゃん取りあえず頑張れ!13日結果発表。汗

感謝します。

今年G4の活動は甲東公民館で始まります。拠点は西宮中央公民館でしたが、場所が取れないためやむなくまず甲東公民館で行うことに・・・。
近所には昔息子たちがお世話になった仁川幼稚園があり今日「0歳から家族で楽しむコンサート」7月24日のチラシを配っていただけるようお願いに伺いました。
生徒の中に仁川幼稚園に通っている子がいてお母さんに息子たちの元担任の先生のお名前を言って、おられたらお願いしてみようと思ったのです。
20数年前に卒業した幼稚園でした。
まずは電話で事情を説明しました。そしてうかがってこちらの活動の詳しい説明をさせていただき快くなんと生徒一人一人に配りバザーの時には掲示板に張り出してくださるとお約束いただいたのです。絵本を音楽とともに読み聞かせるというのは珍しくありませんがギロックの音楽であること。音楽関係者が絵本を読むとまた感じが違うこと。そして家族を大切にする思いやりの心を持っていただく目的であるということ。0歳児から生の音楽を聴くことの必要性。
私の想いはほとばしるように出てきました。
先生方も勉強のためにと来てくださるようで、その深い理解と丁寧な対応に心があたたかくなりました。
長男息子夫婦家族の写真も先生に見ていただき昔に戻ったような何も変わらない優しい先生方の姿にしばし懐かしい時間が流れて行きました。突然のお願いを快く引き受けてくださり本当に感謝いたします。
驚いたことにいつまでもお若く可愛い元担任のT先生は長男の嫁をこの近辺で見たことがあると言っておられました。・・・それもそのはず数年前まで関学の学生だったのですから。
もし彼女なら本当に世間ってせまいですねーー!びっくり

インテリ芸人


毎度〜おじゃまします僕はインテリ芸人(^^ゞ
どやこの変身ぶり〜

僕はマジシャン

ハルママジシャン

え?マジー?
僕はキタムラカメラでおばあちゃんがカメラを買った時記念写真の無料チケットを1枚もらったので撮りに行ったんだよ。1歳のお誕生日の記念だって。スタジオでそのビデオ撮影許可がありママは苦労しているカメラマンのお姉さん達の様子を撮っていまちた。
あとカウボーイのかっこうと和服でちた。2時間もかかったらしい。つっかれたなあもー!!カメラ

母からの贈り物

今日(昨日)は午前中と午後からレッスンがあったのでその合間に施設の母のにハルDVDとクミコDVDを持って様子を見に行きました。
シーツも変えてすっきりしました。
蒸し暑い日でした。
はるちゃんを見た後クミコさんのDVD1時間を見て疲れて寝てしまっているのかと思うと珍しくしっかり最後まで見ていてなかなかよかったと言ってくれました。「紅白に出ていた歌手よ・・」「へー・・・」
気分がすぐれない日があるけれど母が歌好きだということが救いでまたそれについても再認識しました。
私も姉もその遺伝子はしっかり受け継いでいるのですね。
とても素敵な贈り物です。
音楽の好きなお母さんに生まれた子は幸せです。
シャンソンは暗いけれど歌の中で旅ができます。そして心がその中で解放され悲しいことがあったら美しい声や言葉で浄化し新しいエネルギーが生まれます。
クミコさんが「十年」という歌を歌っておられます。私のこの十年も結構つらい厳しい局面がありました。今年は節目を迎え偶然この歌で大変勇気づけられたのです。

話は変わります。生徒のウルトラマンの曲をピアノで弾きたいといって悪戦苦闘している小2のT君は練習を重ねついに弾けるようになり親子で抱き合って喜んだとか・・・。

ピアノは音楽を媒体とし集中力を高め何かに挑戦し達成感を味わえる究極の楽器です。
簡単ではないけれど少しの努力で素直に練習すればできるようになるからです。親子で頑張れる素敵な代物ですね。(*^^)v

青島広志

西宮新響楽器で5月31日、シューベルトの後期ロマン派についてレクチャ−があり聴きに行きました。
今回は前回とは違った印象を受けました。前回はあの題名のない音楽会で出てくる青島さんの軽い印象でした。すごくおもしろく弾きつけられたので3回目の今回も参加しましたが、今回はピアノとテノールの小野さんとのアンサンブルがあまりにも絶妙で、私の聴きたかった「魔王」と「鱒」を生で聴くことができ感動しました。先生は難曲ぞろいでもピアノがとてもお上手で鱒の泳ぐ様子や水の流れや風のそよぎなどが美しく表現されていて敬服しました。。先生訳のわかりやすい「野薔薇」の訳詩も音楽をそこなわず品よく仕上がっていました。ピアノの教育の中にも歌を取り入れてくださいというお気持ちが伝わり皆で合唱して楽しかったです。
シューベルト作品の品格の良さを改めて知り軍隊行進曲などは生徒や仲間と連弾でしたいレパートリー曲のひとつになりました。
尾木ママならぬ青島ママ〜?と呼ばせて頂きます。心から音楽がお好きですね。
おだやかでとても内容の濃いいーものでした。
春が足早に去ろうとして厚い雲がそれを包み込んでしまったようなお天気ですが心はとてもさわやかに・・。
今日6月2日は梅雨の中休み。あっと言う間に日にちが過ぎていきますね。(>_<)

ぼくはみつけた ばらのはなを 
かおりもたかく いろうつくしい ばらのはなを
いついつまでも みつめていたい

つみとろうかと 手をのばすと ばらはこたえた
「つみとられたら あなたを刺すわ」
いついつまでもみつめていたい

それでもぼくは ばらのはなを ついにつみとり むねにさしたが
そのいたみを いついつまでもわすれはしない

シュ−ベルトは31歳の若さで亡くなりました。短い一生でしたが10歳から21年のあいだに1000曲作りました。これはすごい・・。生立ちは貧しく・・でも音楽的才能を開花させるべく小さいころから良い環境を得ることができました。
「野薔薇」(わらべはみたり〜♪)歌ってみてくださいね。

Go to top of page